音楽・映画・テレビの最近のブログ記事

高円寺HIGHまで、OCEANを観に行く。

このところ予定が合わなくて観に行けなかったし、11月14日の代々木Zher the ZOOも予定が入っていて行くことができない。でも昨日は、近場だし、予定も空いているのでちょうどよかった。

写真とってもよいかを確認して40Dを抱えて行くと、他にも2名の一眼レフ野郎が…。以前、sevenZで演ったときもカメラマンが多かったのだけど、高円寺HIGHはカメラマンが多い箱なんだろうか? ま、他のライブハウスよりも照明が明るく、撮りやすいのは確かだけど。

OC1.jpg

OC2.jpg

でもまぁ、カメラで狙っていると肝心の音を聞くのが疎かになっていかんね。

先日購入した新しいレンズは、明るいレンズでそれなりに活躍してくれたけど、やっぱりF値1.4とかのズームレンズが欲しくなるなぁ。ま、今度はもっと動く人達を撮りたいです(苦笑)。

先週~今週にかけて、取材や打ち合わせが立て込んでいる。で、土日は2日連続サル。サルウェアとポロシャツの洗濯物が溜まって困る。

そんな中、今日は予定が空いていたので昼からジムに行ってシッカリ汗を流し、洗い物とか掃除とか、家のことをやって過ごす。手が空いた日は有効に使わないとね。

夜になって、近所の音楽スタジオのホームページを見ていたら、空いている部屋があったので20時から1時間、個人練習を申し込み。慌ててEUB+EUB用エフェクターとリッケン+リッケン用エフェクターの2セットを用意してスタジオに向かう。

個人練習で試したかったのは、EUB用のFISHMAN Pro EQ Platinum BASSの設定と音作り。それと、A/Bセレクタを使わずに1つのベースアンプでEUBとリッケンの両方の音を出せるかどうか。

EUBをベースアンプのsend/returnのreturn側につなぎ、リッケンはアンプのインプット側につなぐ。そうすれば、EUBはFISHMAN Pro EQ Platinum BASSで作った音がそのまま鳴り、リッケンの音はアンプで作れるはず。実際に音が出てくれたので、もし2本体制で演るときには、FISHMAN Pro EQ Platinum BASS側とアンプ側の出力レベルを同じにしておけば、レベル差なくベースを持ち替えて演奏できるだろう。

とは言え、エレベとEUBとエフェクターボードとEUB用エフェクターを持ち歩くのはかなり大変。キャスター使っても、長距離の移動はやっぱり嫌なので、やっぱり使うのはどっちか片方だけってことにしようっと!

暑くて出かけるのは嫌だったが、頑張って御茶ノ水へ。目的は楽器屋さん。

10月は10日が高円寺ShowboatsevenZ、24日が代々木Zher the ZOODaffodil-19のライブが決まっている。自分の中でメリハリを付けるためにも、sevenZでは久々にEUB(Electric Upright Bass)を使って、Daffodil-19ではリッケンを使おうと考えているのだが、1日の昼と夜に2バンドのリハが重なることもあるため、それぞれ専用のシールド(アンプにつなぐコードね)を用意しておいたほうがいい。

家の中をかき回して探せば、シールドの数本くらい見つかりそうだが、せっかくなので新たにシールドを用意しようと考える。1本1万円以上もするシールドを目の前にして、しばし悩んだりしたが、それほど高級なプレイヤーではないと思い直し、ちょっとだけ高品質のシールド2本を購入。

ついでに、新宿の楽器屋では絶滅状態となっているお気に入りのピックを購入。その店に置いてあった37枚すべてを買い占める。

帰りは途中で新宿のヨドバシに寄って、カメラバッグ用のウレタンブロックを購入。

エフェクターボードにエフェクターを固定するために、両面テープを使ったりする人もいるけど、自分はこのスポンジで固定して配線している。以前からスポンジを使っていたのだが、長年使ってきて少しグチャグチャになってきたので、改めて整理する。

Eboard1.jpg

こうなってくると、EUB用のエフェクターもボードに入れて便利に使いたくなるのだが、EUB自体が重いのに、さらにエフェクターボードを使って重さを増す気にはなれない。EUBはアンプシミュレーターのFISHMAN Pro EQ Platinum BASSチューナーだけなので、何らかのボードの上に縛り付けてみようと考えて作ったのが下の写真。

Eboard2.jpg

基礎となるボードは、段ボールとかでもいいかもしれないが、それじゃ色気がない。当初は100円ショップなどで売っているクリアファイルなどの表紙をボード代わりにしようと考えていたのだが、近くの文房具屋で小さめのコルクボードが安く売っていたのでコチラに変更。コルクボードに千枚通しで穴を開け、新聞紙などの古紙やケーブル類をまとめる結束機でエフェクターを固定し、適当な大きさにコルクボードをカットして布製のガムテープで補強。コルクなので強度に問題があるかもしれないけど、このままショルダーバッグなどに突っ込んで持ち歩けるので便利! 結束機で使うバンドには色付きの物があるので、黒とか使えばもっと見栄えがよくなるかも。

ちなみに、最初に使おうと思ったクリアファイルの表紙は非常に使えるものなので、みんなも活用してほしい。ちょっと薄手のプラスチックで何か作ろうと考えたときに、東急ハンズとか行かずに近所の100円ショップや文房具屋で買えるし、色も豊富。カッターで少し傷を付ければ折り曲げて加工することもできる。ま、“ちょっと薄手のプラスチックで何か作ろうと考える”ことは少ないかもしれないけど…。

10月の2つのライブに向けて、ベースのセッティングを2系統で構えなければならないため、電源供給用のパワーサプライを購入しようと考える。

単純にエフェクターに電源を供給するだけのものと考えていたのだが、この世界も異様に深いものがあるらしい。結局、2つの楽器店を回っても安価なパワーサプライは品切れ状態。そんな中、CUSTOM AUDIO JAPANというところのAC/DC STATIONという製品に目が引かれる。

何だか、すごく安定した電気を流してくれるそうで、ノイズが軽減されたクリアな音が出るとのこと。とかいっても、自分の粗末な耳には同じようにしか聞こえないんだろうなぁ、と思いつつ、悪い癖で何だか物凄く欲しいぞ、という気になり、別売りのACアダプタを含め、立派に普通のエフェクターが買えるような値段のパワーサプライを買ってしまう(この店で買わなくても、他の店やネットのほうがはるかに安かった…。恐るべし! 衝動買い!!)。

結局、帰宅後にいろいろ試して、新たなパワーサプライを投入しようと思っていたATELIER Z CUBFISHMAN Pro EQ Platinum BASSチューナーは、ACアダプタからチューナー⇒FISHMAN Pro EQ Platinum BASSで電源を確保できることがわかる。要は、新たなパワーサプライは必要なく、まったくの無駄遣いということ。

仕方がないので、通常のエレベ用のエフェクター群の安価なパワーサプライを換装する形で新たなパワーサプライを使用することに。ま、これで本当にクリアな音を得られるのなら文句はないけど。

この辺りは、仲良くしてもらっている2組のバンドバカ夫妻の旦那(K根氏とK川氏)がいずれもヲタクっぽいので、今度聞いてみようっと。たぶん、自分には理解できないだろうけど。

パワーサプライの中には、つまみで出力電圧を9V以上にしたり、9V以下にするってやつも売られていた。店員さんの話によれば、電圧がヘタったりした場合のアナログエフェクターの音を出せるとのこと。いろいろ考える人は考えているのだなぁ…。

いやでも、マジで楽器や周辺機器類はネットだとバカ安になるね。今後は、楽器屋でチェックしてネットで買うほうが得かも。それも何だか嫌なんだけど…。

土曜日、近所の高円寺Show Boatに友人のすずスカルボを観に行く。

リハをやっている頃から8月8日のライブのフライヤーを折り込んでもらえるようにお願いしに行き、そのまま一部のメンバーと抱瓶へ。

psyhoRebirth1.jpgコレがそのフライヤー。

結構ガブガブ飲んじゃって、ほどよく酔ってから抱瓶を出る。

最近はライブを撮影することにハマっているので、2つのバンドにガブリヨリで撮影することを許してもらい、カメラを取りにいったん帰宅。

Show Boatに戻ると、3番目のTAKESHIというバンドがやっていた。遠目から何枚か撮影してカメラチェック。BassとDrumの2人編成でなかなか面白かったが、サンプラーを使わずにリズムのみで勝負するところはもっとシッカリ頑張ってほしいなどと考える。センスいいのに惜しいなぁ。

0711TAKESHI.jpg

続けてスカルボ⇒すずだったので、前に張り付いて写真を撮りまくる。

0711sarbo.jpg

0711suzu.jpg

イマイチ照明が暗く、あんまりいい絵が取れずちょっと不満。案の定、深酒してしまって本日日曜は使い物にならない状態に…。これからsevenZリハだぁ!

日曜日夕方、先週遊んだK夫妻とは別のK夫妻と焼き鳥屋で飲む。K夫人がドラムを叩くスカルボのライブがペンギンハウスであるので、その前にちょっと飲もうということになったのだ。

ライブ準備のため、K夫人は先に席を外し、旦那と2人で音楽の話などで盛り上がる。いろいろ悩みがあるようで、考えさせられていたりしている間に気付けばスカルボの出演時間間際。慌ててペンギンハウスへ向かう。

scarbo090628.jpg

ライブ後、K夫妻、T氏、Yさんと駅のほうへ向かう。日曜夜だし、もう帰ろうという雰囲気だったのだが、飲み足らない自分はちょっとゴネてみる。すると何故だか5人でカラオケをすることに。

いや、マジで普段あまりカラオケとか行かないんだけど、1日おきに2回も行くことになるとは…。

karaoke.jpgでもまぁ、しっかり楽しんでマス!

karaoke2.jpgでもって、しっかり迷惑かけてマス!!

2時間ほど楽しんで帰宅、と言う感じだったけど、T氏を強引に家に誘って家飲み。ライブや打ち上げなどでよく顔を合わせるT氏だけど、これまであまり会話を交わしたことはなかった。そんな感じなのに、家にまで連れ込まれて、とんだ被害だったと思う。

さてさて、土曜夜のリハと日曜の深酒で親指のつき指は完全に悪化。午前中に整骨院に行ってきて、現在は包帯ぐるぐる状態。月末ということもあり、仕事がたまっているんだけど、今日は仕事にならんなぁ…。(Blog書けるのに原稿書けないわけねぇだろう、というツッコミはナシね!)

以前から、えらくビジュアル系の指揮者が出てきたな、とか、でも何でうっすら化粧とかしとんねん? と思っていたのだが…。

その指揮者の方は女性だったのね。WOWOWのドキュメンタリー見て、はじめて知りました。無知蒙昧ですみませんでした!

明日(12日)の「どーも☆キニナル」(フジ、9:55~)は、飛騨高山特集なのだそうだ…。

先週やってくれればよかったのに。

突き指した左人差し指の腫れも引き、痛みもなくなっているのだが、完全に折り曲げることができず、違和感も残っている状態。

今さら初診を受けた整形外科に行くのも何だし、以前からお世話になっている整骨院で診てもらうことにする。そういえば、もう1年以上トラブルなく生きていたので、診てもらうのは久しぶりだ。

整骨院の院長曰く、突き指した場合はすぐにガンガンに冷やして固定する必要があるのだとか。で、腫れや痛みが引いたらほぐすようにして今度は暖めていくとのこと。それでも完治には3週間以上かかるという。

丸一日以上ほっといて、痛み止めなどは3日くらいで飲むのをやめ、湿布も真面目に貼っていなかったんだから治りが遅いのは当たり前だなぁ。

電気を通し、暖めた後にほぐしてもらうと、あら不思議! 指の違和感が取れているし、完全に曲げられる。

日常生活に制約はないけど、2日置きくらいの間隔で来院せよとのこと。高山のライブも控えているし、今度は真面目に治すです。

ところで、最近どこの楽器屋にいってもFenderのEXTRA HEAVYのおにぎりピックがなくて困っている。DUNLOPのULTEX 1.14を代替として使っているのだけど、材質が違うので、何となくしっくりとこない。

オマケに、間違えて1.14よりも少し薄い1.0を買ってしまい、家で練習していたら折れてしまう始末…。明日御茶ノ水中の楽器屋を巡ってFenderのEXTRA HEAVYを買い占めておこうかなぁ。

pick.jpg

午後一から取材。通常の編集担当+カメラマン以外にも、編集長や社長までが出動して行う取材だったので緊張しまくったが、何とか無事和やかな雰囲気で行えた、かな?

夜、友人であり、潮騒バンドで一緒だったE子ちんのライブを観に東高円寺UFO CLUBへ。“自転車で行くから雨が降ったら行かないよ”と冗談で言っていたのだが、いい天気でまったく降りそうな気配もないため、自転車で行くことに。

我が家には、TREKのクロスバイクとDOPPELGANGERの折りたたみ自転車の2台があるが、近場だし、出しやすいので折りたたみ自転車で行くことに。しかし、しばらく乗っていなかったのでタイヤがスカスカ……。

しかし、家には米式/仏式バルブ用の空気入れしかなく、英式バルブ用のアタッチメントを失くしてしまっていることに気付く。無理矢理空気を入れようと試みるが、一向に空気は入らず。

室内に置いてあるクロスバイクを出すのも面倒なので、タイヤの空気が少ない状態で出発してしまったが、小さくて軽い折りたたみ自転車でタイヤがスカスカだと、ハンドルが取られて微妙に怖い…。

そんなこんなで、UFO CLUBへ到着し、E子ちんが新加入したスカルボのライブを楽しむ。

scarbo.jpg

スカルボは、以前観たり、対バンしたときとは違った印象。これからもっとドラムが馴染んでくれば、どんどん面白くなりそうな予感で楽しめたです。

ライブ後は、観に来ていたK夫妻と食事して帰ることに。先週末の友人結婚パーティの話やら、バンドの話やら、いろいろ話していたら、すっかり遅くなってしまった。

帰り着くまで自転車の空気は大丈夫だろうか、と心配していたら、途中で派出所を発見。お巡りさんにお願いして空気入れを貸してもらい、空気パンパンの自転車で帰りは快調そのもの。

空気入れている間、名前を聞かれて、しっかり防犯登録の照合されちゃったけどね。もちろん、自分の名前で登録しているので、問題なし。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽・映画・テレビカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは雑記です。

次のカテゴリは飲みです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。