近所の食いもん屋の最近のブログ記事

叶恭子のリップグロスの話ではなく、近所の天麩羅屋のお話。

珍しく午前中から原稿を書き始めたものの、テープ起しの段階でちょっと飽きる。気付けば昼過ぎだったので、これまた珍しく外で昼食を摂ることにする。

何を食おうか、と商店街をぷらぷら。前々から気になっていたが、行く機会がなかった「天すけ」という天麩羅屋へ行ってみると、いつも行列か満席という話だったのに空いている。

リーズナブルな値段で揚げたての天麩羅が食べられる店と評判だが、カウンターのみの店内は非常に狭い。初めて入ったので天丼にしようかとも思ったが、A定食(900円)とB定食(1000円)の違いを尋ねるとB定食にはかき揚げが付くのだと言う。

迷わずB定食を注文すると、丼飯に味噌汁、香の物が出てきて、目の前の台に揚げたての烏賊、海老、キスの天麩羅が出てくる。ではまずキスから、と食べ始めると、揚げたてのかき揚げ、ピーマン、ナス、ブロッコリが続く。

あまりに店主との距離が近いので携帯で写真を撮ることは諦めたけど、この値段でこのボリュームだったら納得。塩で喰いたい! と思わせるような天麩羅ではなかったが、衣も薄く味も申し分ない。

初デートじゃないから天麩羅でもオッケーだし、烏賊も柔らかいので簡単に噛み切れる(今週号のスピリッツの『中退アフロ田中』を参照のこと!)

満足して帰宅したけど、お腹が膨れたので眠くなっちゃった…。原稿書かなきゃなのになぁ…。

先週から飲もう飲もう、うん飲もう、と言っていたRRR氏と寿司飲み屋で一杯。

たまーに行く店なのだけど、美味いし、板前さん達は面白いし、安いし、で、かなりお気に入り。昨日も3時間以上飲んで食って喋って、3千円台後半。居酒屋と考えると高目だけど、寿司屋でこの値段は貴重かも。頻繁に行くなら焼酎のボトルを入れられるけど、たまにしか行かないので、酒代が高くついているかもね。

とは言え、しばらく行っていないうちに、店が改装されてちょっと広くなっていた。テーブル席も出来ていたし。落ち着いた店ではなく、わりとガヤガヤしているし、客層もウルサイなので、オネーチャンと寿司で一杯という感じではない。もっぱら男二人で行くことのほうが多いかなぁ。

地元はラーメン激戦区などといわれているが、意外と多いのが沖縄料理屋とカレー屋。カレー屋さんはランチタイム食い放題となっているところも多く、いろんな店がある。

で、行ってみたのが「YAMIYAMIカリー」というお店。といっても、初めて行くわけではなく、前から何度か利用していたカレー屋さんだ。

インド系が多いカレー屋の中で、このお店はタイ風。具はいろいろバリエーションがあるのだが、基本はパクチー(嫌いな人は抜いてくれるらしい)やとろとろのチーズが入ったタイカレー。このお店に行きだしてからドンキホーテで売っているタイカレーの缶詰と「とろけるチーズ」で家でも同じように楽しんでいる。

curry.jpg

辛さも選べるので、辛いのが苦手な人でも安心。ランチタイムはサラダも付いてとってもお得だ。ただ、カウンターにラッキョとか福神漬けが置いてあるのはちょっと違うと思うんだけど…。

しかし、近隣にカレー屋は多いけど、エスニック料理屋がない。夜のみの営業でお酒とともに楽しめるエスニック料理屋はあるのだけど、ランチで使えるエスニック料理屋がないのだ。たまには、タイ、ベトナム、カンボジアなどの料理が食べたくなるんだけどなぁ。探したらあるのだろうか。

午前中から所用があり、出かける。16時から取材に行かなければならないので、直行しようかと思ったが、あまりの暑さに汗だくとなってしまったため、いったん帰宅することに。

ついでに、ランチも外で。カンニングの2人が働いていたことでも有名な総菜屋「わしや」が食堂をやっているので、そこで食べることに。

前から何度か行ったことのある店だけど、煮魚・焼き魚中心のメニューがうれしい。近所には、大戸屋もあるが和食・定食の選択肢が増えるのはいいことだ。

menu.jpg

今日は金目鯛の西京漬焼きを頼む。ここのおばちゃん、店に入って席に着くまで「いらっさいませ~」を3回くらい連呼するので、笑いそうになった(ちなみにIMOブロは「いらさいませ」)。

Tai.jpg焼き魚・御飯・味噌汁・漬物・野菜の煮物

新たに、「近所の食いもん屋」ってカテゴリを追加

今日は晩御飯も外飯とすることに。とっとと食って、満腹になったら寝て、深夜のブラジル戦に備えるのだ。

どこへ行こうかと思い立ち、VEGETABLE DINING伽哩人(カリスト)へ。自然食をウリにしたカレー屋さんで前から気になってはいたものの、自分の家からは駅とは反対方向になるので行く機会がなかったのだ。

ちょっとリッチにキーマカレーと豆乳チャイを頼む。と、ここでまたも携帯を持ってくるのを忘れたことに気付く。なので、写真は撮れずじまい。どんなカレーかはホームページでチェックして。「特製キーマ伽哩 [黄河黒米入り]」ってやつ。

よく見ると、1日8食限定って書いてある。ここは、米や野菜にこだわっているためか、普通のカレー屋さんよりも値段が高め。そのせいか知らないけど、19時なのにお客さんは自分だけだった…。

でも、カレーの味には満足。量的にはちょっと物足りなかったし、値段もアルコール抜きの一人外飯にしては高くなってしまったけど、たまに通ってみるかな。他のカレーも気になるし。店の雰囲気も良かったので、酒だけとかお茶だけでもOKか聞けばよかった。

お昼ごはんシリーズ! 

ちょっと前から、お昼は外で食べるようにしている。やっぱ、1日1回くらいは外に出ないとね。いや、別に引き篭もりではないんだけど。

いろんな飲食店に挑戦して書きとめておこうと思ったのだ。でも、それなら写真くらい撮った方がいいんじゃないの? って今さら気付く。次回からそうしよう。でも1人で飯屋に入って携帯カメラに収めるのって、ちょっと恥ずかしい。

で、今日は、近所の沖縄飲み屋でタコライスとミニソーキそばのセットを食う。何度か行ったことがある店で、定食の種類も多く、美味い! 昨今の沖縄ブームで近所にも沖縄料理屋が続々開店したけど、老舗・新進を含めて一番のお気に入りかな。

そういえば、「サービスです」って出された冷たいお茶の名前を聞き逃しちゃった。何だか健康によさそうな味だったけど何茶なんだろう。

この街に住んで十数年。今の部屋も3年目くらいになる。しかし、近所でいつも行列のできているつけ麺屋に入ったことがない。11時の開店時には行列もないので、今日思い切って行ってみた。

行ってみると、正規の開店時間の11時よりも前から店は開けているらしく、すでに狭い店内の2/3は埋まっている。カウンターに座り、ちょっと贅沢にチャーシュー入りを頼む。メニューを見るとつけ麺以外に、中華そば系が数種類と餃子、野菜炒めなどもある。しかし、これだけ人が並ぶ店でこれらのつけ麺以外のメニューを注文する人っているんだろうか…。

肝心のつけ麺は、魚介系の和風だしのスープ。案外と油っこく、ちょっと口に合わない。ファンもリピーターも多いから行列ができるのだろうけど、俺はちょっとパス。最後の方は徐々に薄くなっていい感じの味になったけど。

そういえば、同じく魚介系で有名なラーメン屋は、最近行列の勢いが低くなったように見える。超が付く有名店だけど、並ぶのが嫌だからまだ一度も食べたことがない。店主が変わって味が落ちた、とかいろいろなところで書き込みを見たけど、どうなんだろう。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち近所の食いもん屋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは外出先からです。

次のカテゴリは雑記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。