2009年6月アーカイブ

日曜日夕方、先週遊んだK夫妻とは別のK夫妻と焼き鳥屋で飲む。K夫人がドラムを叩くスカルボのライブがペンギンハウスであるので、その前にちょっと飲もうということになったのだ。

ライブ準備のため、K夫人は先に席を外し、旦那と2人で音楽の話などで盛り上がる。いろいろ悩みがあるようで、考えさせられていたりしている間に気付けばスカルボの出演時間間際。慌ててペンギンハウスへ向かう。

scarbo090628.jpg

ライブ後、K夫妻、T氏、Yさんと駅のほうへ向かう。日曜夜だし、もう帰ろうという雰囲気だったのだが、飲み足らない自分はちょっとゴネてみる。すると何故だか5人でカラオケをすることに。

いや、マジで普段あまりカラオケとか行かないんだけど、1日おきに2回も行くことになるとは…。

karaoke.jpgでもまぁ、しっかり楽しんでマス!

karaoke2.jpgでもって、しっかり迷惑かけてマス!!

2時間ほど楽しんで帰宅、と言う感じだったけど、T氏を強引に家に誘って家飲み。ライブや打ち上げなどでよく顔を合わせるT氏だけど、これまであまり会話を交わしたことはなかった。そんな感じなのに、家にまで連れ込まれて、とんだ被害だったと思う。

さてさて、土曜夜のリハと日曜の深酒で親指のつき指は完全に悪化。午前中に整骨院に行ってきて、現在は包帯ぐるぐる状態。月末ということもあり、仕事がたまっているんだけど、今日は仕事にならんなぁ…。(Blog書けるのに原稿書けないわけねぇだろう、というツッコミはナシね!)

愛兎である“ちゃっぴー”が逝ってしまったのは3年前の3月15日。UFO ClubでsevenZのライブを演っていて、打ち上げから帰ってきたら息が絶えていたという次第。

chappy.jpg

両国の回向院へ遺体を持って行って火葬してもらい、遺骨を引き取っていたのだが、このほど再び回向院へ行って合祀してもらうことにする。

ekouin.jpg

回向院では、毎日午後4時から供養のための読経が行われているので、それに参加し、しっかり名前も呼んでもらう。

ekouin2.jpg

ekouin3.jpg

今後も、たまには回向院に顔を出して手を合わせようと思う。

さて、夜はK夫妻およびS木Tと飯田橋の牡蠣屋さん「うらら飯田橋店」でお食事会。夏場だが早速生牡蠣を注文して、ん~! んま!!

oyster.jpgあまりのプリプリ具合に写真もピンボケ気味。

牡蠣以外にもいろいろと食べ物を注文してお腹が満足したら、別の居酒屋に移動。最終的には何故かカラオケまで行って、深夜タクシーで帰宅。

そんでもって、結局ソファで寝てしまっていたら、またしてもつき指…………。今度は右手親指で、前回よりは軽症の模様。ほっんと、いい加減にせんといかんね。

このところ、午前中打ち合わせ&午前中取材が続き、頭ボケボケ。

そんな中、近所の高円寺HIGHEMPEROR TOMATO KETCHUPのライブがあったので、観に行くことにする。

でも、ただ観るだけじゃつまらんので、愛機CANON EOS 40Dも連れて行くことに。最近、シリコンカバーの『HAKUBAカメラアーマー』を装着したので、使用感も試してみたかったし。

CameraArmer.jpg

事前にメンバーにがぶり付きで撮ってよいかと断りを入れて、バシバシ撮影。

ETK090623.jpg

でも、サッカーもライブも、カメラを持っていくと撮影に集中してしまい、ゲームや演奏を楽しめないという本末転倒状態になるなぁ。

その後は会場にいたGらんGEとU野君を誘って飲み屋へ。ETKの音楽や集客のことを話す、はずもなく、最近HappyだというGらんGEをからかったり、なぜだかフリーランスの仕事について一席ぶっていたり、とグダグダ飲む。

もちろん、自分が喋っている内容のほとんどがいい加減なものだったりするわけで…。若者相手に悪いことをしたなぁ、と思うものの、先方もこちらをダメダメオヤヂと思っているだろうから問題なし!

土曜夜、友達夫婦から麻雀しませんか、とのお誘いに軽~く乗って芋焼酎の一升瓶を手土産にお宅へお邪魔する。

翌日曜日は朝11時からフットサルの大会に参加する予定。なので、徹夜麻雀などは避け、飲酒も控えめにしなければならないのだが、そんな自制が効くわけもなく持参した焼酎を片手に朝までコース。半分ウトウトしつつ、結局朝6時過ぎまで遊ぶ。

そのまま帰宅して、9時10分に目覚ましをかけ、即効で仮眠。しかし爆酔してしまって、気付けば10時半! やってしまった!! もう更衣室で着替えていなければならない時間なのに…。

目がしっかりと開かず、酒も完全に残っている状態でとりあえず友人に連絡し、遅刻することを伝える。サル道具は用意してあったので、即効で出かけ、電車内でも仮眠を取りつつサル場へ急ぐ。

着くと、すでに4試合中2試合が終わっている状態で、我がチームは1敗1分け。3試合目はフル出場したが、コンディションの割には体が動くものの、チームにはあまり貢献できなかったかなぁ…。

1勝1敗1分けで迎えた3位決定戦では、2-1のリードでの後半のみに出場。攻められっぱなしのきついセットだったけど、何とか無得点で乗り切り、商品のボールゲット。

ん~、でも自分は不完全燃焼気味(大遅刻した自分が悪いんだけどね…)。ま、自分が出場した試合は失点がなく、2試合とも勝利しているんで、自分のおかげで勝てたと周りには吹聴しておこう。

この日は通常の試合以外にもPK合戦トーナメントという催しもあり、4チームなので1勝すれば何かしらの商品をもらえるとのこと。メンバーからPKを決められそうな面子(?)を5人選択して、とりあえず1回戦突破を目指す。

先攻の我々は、1番手のG間、2番手のKっちゃんが難なく決め、相手も2連続ゴール。4人蹴って誰も失敗していない状態で自分が回ってきて、ちょっと緊張。しかも、対戦相手のお子さんが柱に登っているのを審判が注意しに行って試合が中断し、さらに緊張。ムム、まずいなぁ、と思いつつも冷静にサイドキックでゴールを決めた俺 ← 偉い!!

相手の3人目のPKをゴレイロのOちゃんがセーブして3対2。これで流れはうちのチームのものかと思ったが、40代エースのO村が逆に緊張したのか、思いっきり蹴ったボールが相手ゴレイロの真正面へ。身の危険を感じた相手ゴレイロが避けようとしたが、頭に当たってナイスセーブ(?)。痛いけど得点を阻止した相手ゴレイロは、複雑な笑みを浮かべていた。

結局、相手は4番手、5番手もPKを決め、我々の最終キッカーF田さんはゴール枠を外し、1回戦負け。ま、自分は決めたし、PK合戦のくせに自分のチームにプレッシャーをかける野次を飛ばしている我がチームは周りからも笑いを取れていたので満足して引き上げる。

14時過ぎに大会が終了すると、全員で飲む場所を探して街をうろうろ。まだ14時半なのに、開店前の「つぼ八」と交渉して飲めるようにした“やり手営業所長O村”の手腕は流石だなぁ。みんなでワイワイ、お互いのプレイの文句(?)を言いながら飲む酒はやはり美味い。

途中から焼酎に切り替えて数時間飲めば、当然のことながら徹夜明け&二日酔いの自分はそのまま爆睡。6時前くらいに起こされて店を出て、7時過ぎには地元に到着。

この日は、地元のライブハウス2軒で別々の友人のバンドがライブをやっていたのだが、もう体はヘトヘトだったので、結局どちらにも顔出せず。結局そのまま家でも寝てしまい、夜中に起きて寝られなくなるという悪循環で、休日を終える。

朝、冷凍保存してあったワカサギを解凍して多目の油で揚げようとして右手人差し指を火傷。

そんでもって、そのワカサギが古かったのか、それとも遅めの昼食で食った炒飯の具材が悪かったのか、今現在非常にお腹の調子が悪い。

しかも、火傷冷やしつつ正露丸飲んでふて寝しようとしたら、間違い電話で起こされるし…。

明日はサルの大会に出る予定なんだけど、それまでに治るかなぁ…。

【追記】………、とか書いていたら、お腹の具合も治まってきたんだけど、結局麻雀とか誘われちゃって、徹夜必至!?明日はPKだけに全力を尽くすことにする!

以前から、えらくビジュアル系の指揮者が出てきたな、とか、でも何でうっすら化粧とかしとんねん? と思っていたのだが…。

その指揮者の方は女性だったのね。WOWOWのドキュメンタリー見て、はじめて知りました。無知蒙昧ですみませんでした!

連休後から仕事が忙しく、わざわざ高山まで行ってライブやったりワサワサしていたのだが、ふと気付くと今週末はサルもなく、バンドリハもなく、まったり暇な休日。

そんなわけで、しばらく何だかんだ暇なので、知り合いの人はとっとと飲みに誘いなさい!! はい、これを読んだ貴方&貴女! 最低3回は飲みに誘うように!!

とか言って誘ったら断るじゃん、という人もいるだろうけど。

もちろん、平日でも全然オッケーですよ! 何なら昼間っから飲みますか!!

高山番外編。

土産物で唯一興味を引いたのが朴葉みそ焼きセット。味噌は買ったし、朴葉だけ買えばセットを買わなくても自宅で楽しめるかな、と思っていたのだが、どこに売っているのかがわからない。

高山市内のスーパーに行ってみると、ビンゴ!! しっかり朴葉が売っている。

ウキウキしながら市内散策を続けていて、ふと気付くと、朴葉みそ焼きセットの朴葉は茶色く枯れたもの。確か2日目の朝食ったときも枯れた朴葉が使われていたような気がする。自分が買ったのは青々とした生朴葉。

ん~、どうなんだろう? とスーパーに引き返し、店員を捕まえて詳しい話を聞く。それによると、朴葉はそのまま食べるものではなくて香りを食品に移して楽しむものとのこと。自分が買ったのは朴葉寿司用なのだという。

生朴葉でも朴葉みそ焼きは楽しめないのか、と聞くと、できなくはないけど香りが強いかなぁ、との答え。

むぅ、じゃぁ、朴葉を枯らせばいいんだろう? と東京に帰ってからドライフラワーみたいに吊るしてみる。数時間経つと、しわしわになって縮みそうな感じだったので、あわてて新聞紙の間に1枚づつ折込み、上に本を載せて押し花状態にしてみる。

houba.jpg

これが5日目の朴葉。もう少ししたら朴葉みそ焼きを楽しめるかなぁ。夏だけど、炭を炊いて焼酎で楽しむです。

番外編ついでに、飛騨の里に奉ってあった道祖神。ちょ、ちょっと! 俗称がひどすぎる………。大き目の画像でアップしたので、興味のある人はクリックして拡大してみてください。

dousoshin.jpg

高山探訪(翌日編)からの続き

さてさて、3日目の朝は6時半ごろ起床。アルコールを抜き続けたので体調は快調!

この日の朝は、まだ店の開いていない街中を散策しつつ、宮川朝市へ向かおうとホテルを出る。

sakananoesa.jpg

ふと目に付いたのが魚の餌の自動販売機。釣りをしないのでわからないけど、一般的にもよくある自販機なのだろうか。バンド仲間のN山さんが1年に1度は釣りのために高山に来るという話を聞いたけど、この自販機を利用したのかなぁ。

miyagawaasaichi.jpg

高山市内を流れる川沿いに立つ宮川朝市は、陣屋朝市よりも規模は大きめ。とりあえずひと通り眺めて喫茶店で軽めの朝食を摂って、再び朝市に戻る。朝採り野菜の小さな大根、ラディッシュ、バジルなどを買い、赤かぶ茶漬け(めしどろぼう、とも言うらしい)、朴葉味噌などを買い込む。小さな大根とラディッシュは、生のまま味噌に付けて酒のつまみにした。

yasaimiso.jpg

ホテルに戻ってシャワーを浴び、荷物をまとめて、楽器類はフロントに預けてチェックアウト。飛騨高山と言えば合掌造りが有名だが、白川郷まで行くのは何なので、昔の建物を移築している「飛騨の里」に行ってみることにする。

hidanosato.jpg

ライブ後の打ち上げのときに地元の人たちに「飛騨の里ってどうかなぁ」と聞いたところ、「誰も行かないでしょ?」と言われてしまったので不安だったが、結構楽しめた。建物の中まで入れて、いろんな写真を撮れたのもうれしい。囲炉裏にも火が入っていたのだが、一軒だけ不完全燃焼状態で煙だらけの家があり、ちょっと心配になる。入場料720円という値段設定は若干高いかなぁ。

irori.jpg

なんだかんだで1時間半以上も園内をぐるぐる回り、市街に戻ることに。行きは徒歩だったが、帰りはバスで帰ろうとバス停で待つが、日差しが強い中、延々とバスを待つはめになってしまった…。

街中に戻ったら、腹ごしらえ。やっぱりsevenZ的には傍の蕎麦屋で蕎麦焼酎の蕎麦湯割りでしょ! ということで、手ごろな飛騨そばの店に入って昼食。

sobasoba.jpg

具のない“せいろそば”が1000円! でも、1日30食限定の手打ち蕎麦とのことで注文すると、最初は“つゆ”ではなく粗塩で食ってみろ、と言われる。でもまぁ、“つゆ”のほうが美味しかったけど。

さて腹ごしらえがすんで、バスの時間まで2時間。最初は土産物屋でも漁ってみようと思っていたのだが、土産用の菓子に興味ないし、“さるぼぼ”も別にいらない。陶器でも買おうかとも思ったが、荷物になるし、カード払いOKの店でなければ手持ちの金も少ない。

ということで、結局街中をぐるぐると散策して時間をつぶし、喫茶店で一服。うーん、もう少し下調べをきちんとして、スケジュールを立てておけばよかった。

しかし、3日間雨も降らずいい天気だったなぁ、と天に感謝していたら、バスセンターへ向かう途中でいきなりの天気雨。最後の最後で雨に祟られたけど、ま、いいか。

早めにバスセンターでバスを待っていると、いきなりヒョコヒョコと現れたのがR氏兄のYさん。なんと、帰りのバスの時間を知っていたYさんがお見送りに来てくれたのだ。しかも、濁酒のお土産まで持たせてくれて、感謝感謝! 本当に最後の最後までお世話になりっぱなしでしたぁ!!

高山探訪(ライブ編)からの続き。

疲れているはずなのだが、翌日は朝7時半に目が覚める。当然、二日酔いというより、まだ酔っ払っている状態なのだが、がんばって着替えて朝市にでも行ってみることに。

高山は、陣屋朝市と宮川朝市の2つがあり、とりあえずホテルの近くの陣屋前広場の朝市へ。10店舗くらいで規模は小さい。

高山名物の「赤かぶら漬け」と「ウドの漬物」を購入し、店のおばちゃんに朝飯の美味い店はないか聞いてみる。すると、陣屋前の定食屋が美味く、朝市のおばちゃんたちも利用しているとのこと。

hosoeya.jpg

700円で「朝めし定食」というのがあったが、聞くと玉子と海苔、漬物などが付いた普通の定食っぽい。1000円の「ほう葉みそ定食」にするか、と考えるも、え~い! せっかくなら「飛騨牛入りほう葉みそ定食 壱千伍百円なり」にしよう、と腹を決める。

houbamisotei.jpg

ボリューム満点の上、漬物や煮物がごっちゃりと付いていてご飯もすすむ。「ご飯おかわり自由ですよ~」との誘いに負け、ご飯をおかわりしてしまい、二日酔い&寝不足の朝にはちょっとヘヴィな朝食となってしまった。

今回のホテルは回りにコンビ二もなく、ホテル内の自販機もペットボトル200円と強気の山の頂上値段。帰りにコンビ二に寄って1Lのお茶を買ってホテルに戻り、シャワーを浴びて10時に再びR氏兄の店に集合。

それからまた、R氏の兄さんの案内で高山市内を散策。店の2階を提供してくれたり、荷物を預かってもらったり、何度も街を案内してくれるなど、R氏の兄さんには本当にお世話になった。全員、昼食まで御馳走になってしまうし…。

そうそう、どこを案内してよいか悩んだ兄さんが連れて行ってくれたのが「高山市郷土館」という施設。

kyoudokan.jpg

ここがなかなかディープな施設だったようで、自分はひと通り見回しただけだったが、約4名がなかなか帰ってこない。いやぁ、人それぞれ嵌るツボが違うもんだ。

バスの時間もあるので、1時半ごろにsevenZ組とspearmen組はお別れ。ホテルに戻って自分の部屋に置いていたsevenZの2人の荷物を出して駅前の土産物屋へ向かうと、結局またspearmen組と会ったりして、何のことやら。

14時半のバスで帰るsevenZ組とレンタカーで帰るspearmen組と今度こそ本当にお別れして、ここからは自分の高山一人旅。

しかし、まだ日は高いけど、結局また飲んでるし、寝不足だし、ということでホテルに戻って昨晩の酒の残りをかっくらって、とりあえずいったん寝てしまおう、と画策する。でも、結局酒が進んでしまい、寝たのは17時ごろ…。

かなり爆睡して起きるともう19時過ぎ。何やってんだろうね、まったく、と思いながら携帯を見ると、知らない番号から着信がある??

実は、もう一泊する自分はR氏の兄さんとその夜も飲もうと目論んでいたのだが、あまりにもお世話になりすぎているし、家族のある身をこれ以上拘束するのは非道い。しかし、一人で食事するのを不憫に思ったR氏の兄さんが鍋に誘ってくれたのだった!

いやいや、これ以上ご迷惑はかけられない&酒の飲み過ぎで食べ物も喉に通りそうにない、ということで感謝しつつ辞退。体調よければ、調子に乗ってまた迷惑かけたかも…。

とは言え、起きてしばらく経つとやっぱり何か腹に入れたくなる。とりあえず、ホテル最上階の温泉大浴場(ってほどでかくなかったけど)に入り、気合入れてネット検索して近所の地元料理を出す居酒屋へ向かう。

しかし、行ってみると意外とこじんまりとした居酒屋で、ちょっとウーロン茶とさっぱりした物を食べてすぐ帰ろう、と考えていた自分はどうにも入りにくい。結局、コンビ二で冷たいうどんなどを買ってホテルで食うことにする。

その行き帰り、携帯がずっと鳴っていたのだが、ポケットにあったので自分は気づかず。ホテルの部屋に入るときに再び鳴り出し、気づくとフットサル仲間からの電話。何だか、サル後の飲み会で盛り上がっているらしく、何を喋っているかまったくわからないし、途中で電話は切れるはで、えらい迷惑!

ま、そんなこんなで、何もしないまま高山の夜は更けていき、冷やしうどん+液キャベ+ウコンの力で少しだけ回復した自分は、本を読みながら眠ってしまうのであった…。

高山探訪(最終日編)に続く…、つもり

明日(12日)の「どーも☆キニナル」(フジ、9:55~)は、飛騨高山特集なのだそうだ…。

先週やってくれればよかったのに。

高山探訪(すべり出し編)からの続き

18時過ぎにライブを行う「micro groove」が開いたので、楽器を持って向かう。

microgroove.jpg

会場は、カウンターの飲み屋にDJブースが置かれたようなお店。ドラムセットやギター/ベースアンプ、ヴォーカル用のモニターを置くとそれだけでいっぱいになってしまうほど狭い。

reha.jpg

ドラムセットを組んで、ベースアンプを交換したり、音の調整などをやっていたら、あっという間に時間は過ぎてライブ時間は刻々と近づいてくる。

最初に泰造君という地元の子の弾き語りからスタート。普段はバンドで活動しているらしく、東京にもライブをしに来ることがあるのだという。今回は急遽このイベントのために参加してくれたらしい。ありがたい。

前のほうでノリながら泰造氏を見ていたが、やっぱりお客さんがものすごく近い。次が自分達の出番なので、ちょっと緊張。

さてさて、いよいよ我々の出番! と意気込んでセッティングしようとすると、ベースアンプがドリンクカウンターの目の前に置いているため、ドリンク交換の人だかりでアンプをいじることができない。ま、最初が弾き語りなので、ボリュームやトーンをいじる必要はないのだが、もしお客さんの体があたっていて変わっていたらマズイので、隙をうかがいながら調整する。

演奏中も目の前に人がいて、アンプを調整しようと体の向きを変えると、そこにも腕組みした兄ちゃんがいる、といった感じ。いつもとは違った感覚で、新鮮で緊張感があり、楽しめた(いかんせん、約6時間のバス乗車と延々と飲み続けたせいで腕がすぐにパンパンになってしまったけどね…)。

いろんな意味で汗かきながら演っていたら、長めのセットリストにもかかわらず、あっという間に出番は終了。もう少し演っていたかったけど、かなり時間が押していたので1曲削ってライブを終える。

楽屋であるR氏兄の店にいったん戻って汗まみれのTシャツを着替えてひと呼吸置いてから、再びmicro grooveに戻り、spearmenを見る。お客さんもノっていて、楽しそうにしているし、気合の入った音に感服しきり。終わった後、出てくるお客さんが口々に「耳がイタイ」とか「久々轟音聞いちゃったねぇ」とか言っているのを聞いて、笑ってしまったけど。

spearmenが終わったのが0時。そんでもって、そのままmicro grooveで打ち上げ。一応、ワンセグで代表のウズベキスタン戦をつけていたが、勝ったのがわかった程度で、酒を飲み続ける。

ホテルは安全対策のため(?)門限があり、名残惜しいが1時間ちょっとで打ち上げ会場を後にする。ホテルに戻って、ちょっと離れた場所にしかないコンビニに行き酒を買い込み、結局我々だけで2次会。酒漬けの1日がやっと終わって、ベッドにもぐり込んだのは3時過ぎだったかなぁ………。

とにかく、micro grooveの方、この日のライブをブッキングしてくれたNさん、R氏兄のYさん、急遽対バンしてくれた泰造氏、誘ってくれたspearmenの面々にそれぞれ感謝したいです!!

高山探訪(朝から飛騨牛は重いのだ編)へ続く…、つもり。

いや、何か『建もの探訪』と語呂が似てるし…。

2009年「ぞろ目シリーズ」第一弾として、6月6日高山でライブやってきました。

バスで5時間半の行程とのことで、朝9時に新宿西口バスセンターに集合してイザ出発!!

ま、観光気分で酒飲みながら行くのもいいかと思ったが、朝っぱらから飲みだしたのでは体力が持たないと思い、お茶とオニギリをむしゃむしゃしていると、前の席のS君が「これ飲むかのぉ~」とウレシゲに「八海山」を取り出す。

ま、オススメしていただけるならと飲み出すと、あらら、いい気持ち! 本を読みながらちょっと酔っては少し眠ってを繰り返し、まったり気分で高山着。

今回のライブはspearmenのR氏の兄が高山にいて、R氏が遊びに行ったときに地元の人と盛り上がって決まったもの。ついでにsevenZも連れて行こうとお誘いがあったのだ。

で、ホテルにチェックイン後はR氏の兄の飲み屋に集合。2階のフロアでビールなどを出していただき、さらにいい気分。相変わらずのバカ話で盛り上がりながら、「何、ここはどこ? 渋谷? 高円寺? 吉祥寺」ってな感じ。

doya2f.jpg

21時と遅めのスタートで、リハは18時半からとのことなので、とりあえず、spearmen+sevenZ+R氏兄で連れ立って高山の街へ。

kuroihito.jpg街並みにそぐわない黒い人たち………。

yamatokawa.jpg山と川のある風景はやっぱいいなぁ!

ashinaga.jpgは~い! ようこそ高山へ!!

高山の橋には手長像・足長像というのがあって、これは足長像さんなのだが、足が写ってないので意味なし!!

furuimachi.jpg「古い町並み」と呼ばれる高山の観光名所をぞろぞろと歩く我々。無料試飲の日本酒を飲みに行ったまま帰ってこないSZのGおよびDrや、強面なのにソフトクリーム片手にニヤニヤしているSMのBなど、相変わらずの統率のなさを露呈しつつ、高山ラーメンや飛騨牛串焼きなどを楽しむ。

softandy.jpg

そして、観光地と言えば、やっぱりコレ!!

obakayan1.jpg obakayan2.jpg怖イノデ絶対ニ真似シナイデクダサイ!

そんなこんなで、再びR氏兄の店に戻り、恥も外聞もなくさらに酒を要求している自分は、朝から飲みっぱなしで相当出来上がっているのであった…。

高山探訪(ライブ編)へ続く…(予定)

昨日帰った組は、えらい渋滞に巻き込まれたらしいが、今日は大丈夫っしょ。

やっぱり蕎麦屋で蕎麦焼酎の蕎麦湯割り!

地元の人には不評(?)の飛騨の里。

とりあえず、のんびり巡ってみるです。

昨日は結局何もせず。

ホテルをチェックアウトして、ベースなどの荷物を預かってもらい、散策中。

スピアメンの面々とお別れし、セブゼの2人ともバス停でお別れ。

自分はせっかくもう一泊するのに、昨日から飲みっぱなしでヘトヘトなんで、ホテル戻って寝るです(泣)

21時スタートとのことで、まったり準備。

渋滞で数十分遅れ。

やっと諏訪湖です。

出発

| コメント(0) | トラックバック(0)

これから高山行きます。

明日は朝から高速バスに揺られて5時間半、岐阜県高山市に行きます。spearmenさんとともにライブをやる予定。

2009年6月6日岐阜県高山市マイクログルーヴ出演:spearmensevenZ ...and moreマイクログルーヴの店長さん(?)がやっているブログ

spearmenの面々とsevenZの他2人は一泊で翌日に帰るけど、自分は月曜まで2泊してちょっくら散策してみるつもり。

高山オススメ情報があったら教えてくださーい!!

これを読んでくれている人は主に自分の友人なので、Windows系のサーバーを構築しいているとか、管理している人はいないと思われる。なので、読む機会はないのだろうけど、先月24日発売の「Windows Server World7月号にて「Webサービスナビゲーター2009」なる19ページの特集を掲載させていただいた。

そこで改めて自分が多用しているソフトやサービスを考えてみる。いまだに秀丸で原稿を書き、AL-Mailでメールチェックしているレトロなやつだし、音声/動画プレイヤーもWALKMAN付属のSonicStageを無視してひたすらGOM Playerを使っている。あ、ブラウザはFireFoxね。

でもって、Webサービスは乗り換え案内や地図以外ではGmailGoogleカレンダーくらいしか使っていない。でも、「Webサービスナビゲーター2009」で紹介したGMDeskは使いやすいかも。ブラウザから利用するよりも起動が早いし、サクサク利用できるので、Google系のサービスを多用している人にはおススメ。

ガジェットとかウィジットといわれるものは、Yahoo!ウィジットを利用。Vistaで利用できるWindowsサイドバーはガジェットの数が少ないし、GoogleガジェットはGoogleデスクトップが余計だし、使い勝手の問題でパス。Yahoo!ウィジットは、海外製のツールが豊富にあるので気に入っている。

Yahoo!ウィジット上で使っているのは、まずInformerという米国のウィジット。リソースメーターとか、カレンダーとか、フォルダやアプリケーションのショートカットを自由に置けるので非常に便利。GmailのチェックもInformer上で行っている。

また、Daily Planner - CalendarってウィジットもGoogleカレンダーと同期できて便利。デスクトップ上に置いて、常にスケジュールを確認できる。

さらに、Yahoo!ウィジットにデフォルトで付属のYahoo!ノートパッドがあまりにもお馬鹿さんなので、これまた米国製のシンプルなウィジットのNotesってやつを利用。いわゆるデスクトップ付箋紙の役割でネットワーク上に保存したりはできないが、ま、そこそこ便利。

あと珍しいソフトとしては、スパム対策にPOPFileというフリーソフトを使っていることくらいかなぁ。POPFileは無料なのに学習能力が高く、最初はまったくスパムを判定しないけど、メールを受け取るたびに判定してあげれば、数日で非常に能力の高いメール振り分けソフトとなってくれる。

後は、使えるRSSリーダーがあればなぁ、と思うけど、なかなかしっくりくるソフトがない。周りのIT系以外の人でRSSリーダー使っている人も少ないし、やっぱRSSって一般層には普及してないのかなぁ、とおもうことしきり。オンラインで使えるものではなく、ローカルで使えるRSSリーダーで使いやすいものってないのかねぇ。

とまぁ、備忘録的にソフトやサービスを書いてみたけど、「Webサービスナビゲーター2009」にはGoogleやWindows Liveを中心にもっと使えるWebサービスを紹介しているので、興味のある人は立ち読みでもしてくださいな。

とりあえず、まず携帯電話が見つかって利用再開の手続きをしたことを皆さんにご報告。ま、だからと言って取り立てて連絡する用事もないだろうけど。

携帯を失くしたことに気づいた日曜の朝は、ひどい二日酔いの中、14時から八王子のサルに向かうための準備もしなければならず、バタバタしながらタクシー会社に連絡し、「おまかせロック」を申請して外出。

人はやっぱり便利なものには依存してしまうようで、電車の乗換えを携帯で検索できないとか、時計を持ち歩かないので携帯がないと時間がわからないなど、携帯電話1つないだけで何だかソワソワ。

どうせ土曜の夜中に飲んだ店に忘れてきたのだろうと高をくくっていたのだけど、友人に電話を借りて店に連絡してみるものの、忘れ物はないとのこと。その後の飲み会も落ち着かない気分のまま過ぎていく。

さてさて週明けの月曜日、交番に行って遺失物申請するものの、杉並警察署には届いていないとのこと。吉祥寺周辺の路上か、自宅近くの路上しか落とした可能性はない。ということは、武蔵野警察署に届けられているのを祈るしかないのか、といった状態。

とりあえず、警察からの連絡を待つものの、夕方まで連絡はなし。これはもう新しい携帯買うしかないのね、ここでン万円の出費は痛いなぁ、と思いつつ、とりあえず突き指の治療のため整骨院へ。

整骨院後、DoCoMoショップへ行って携帯を買うかね、と思ったが、新機種のどれがいいか調べておこうと思い直して自宅へ。ネットで機種情報を検索していたりしていると、電話が鳴る!!

お、警察かな? と思って出ると、ドコモからの電話で、池袋のショップに落し物として携帯が届けられているとのこと。なぜ池袋? と思ったが、とりあえずすぐに自転車で駆けつける。

いや~、でも、そのままDoCoMoショップに行って新機種買わなくて本当によかった!!

幸い壊れてもなく、無事携帯を受け取り、ほっと一息。どこに落ちていたのかなどの詳細はわからないけど、日曜朝とかに拾った人が忙しくて届けることができず、仕事先の池袋で昼休みとかに届けてくれたのだろうか? お礼をすることはできなかったけど、拾い主に真に感謝したい!

そんでもって、今後また落としたりしないように十分反省したいです…。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。