何をそんなに偉そうに…

| コメント(0) | トラックバック(0)

風邪の症状は治まりつつあるも、薬が効きすぎて、しんどい、きつい、眠い、つらい。普段、薬飲まないからなぁ。もちろん、ヤってないし。

そんな中、多大なる迷惑をかけつつ、ようやく原稿を書き上げる。関係者の皆様、(もしココを見ていたら)本当にスミマセンでした。体調管理も仕事のうちなんだよな、本当は。

で、何がそんなに偉そうかというと、日曜日のこと。

EMPEROR TOMATO KETCHUPOCEANを観にCLUB LINERへ行き、両バンドの上手さや奥の深さに感心しきり。

最近観に行ったバンドはハズレがなく、クォリティの高さを感じつつ、自分は演れてんのかな、と自問自答、疑心暗鬼、自己嫌悪に陥る始末。仕事同様、前準備がなっていない、という基本的なことができていないので、自分に関してはもう議論以前って感じ何だけどさ。

それでも、打ち上げになり、酒が入ると、EMPERORのベース君(話すのは初めて)を捕まえて、「君はあーしたほうがいい」とか、「こういったアプローチは考えないのかい」とか、いい加減なことをタレまくる自分。何をそんなに偉そうに…。自分がそんなこと言われたら、「いやぁ~、考え方の違いっすよぉ、アハ! じゃ、この話は終わりってことで!」というに決まっているくせに。

OCEANに対しても、何だか意見していたような記憶がかすかに残っている。うーん、ま、こういった行動はあれだね、妬みだね、嫉みだね、単なる誹りだね。

そんなことだから、週明けから風邪で体調を崩してしまうんだと思う、今日この頃。

で、風邪引いていても食欲はあったので、辛い外出を一度ですませられるよう、近所のお店へ非常食を買出しに行った水曜日。レトルト食品とか缶詰とかとともに、パックのご飯(レンジで2分間チンするやつね)を買おうと籠に入れる。

そうすると、御婆ちゃんが近づいてきて「その御飯…」と話しかけてくる。

ははぁ、御婆ちゃんはこのご飯をどうやって調理するのかわからないのかな? では、親切に教えてあげよう! と思い、御婆ちゃんの方を向くと…。

「それ、298円だけど、向こうのスーパーでは133円で特売してたよ。味もそんなに変わらんやつだから、そっち買ったほうがいいよ」

“御婆ちゃんに教えてあげようと思っていた俺”=“何をそんなに偉そうに”逆に御婆ちゃんは教えてくれようとしてくれたのに、ああ、俺の勘違い。親切なのは御婆ちゃん! 大体、パックのご飯のことを知らないわけがないだろ、と。

「ありがとう、せっかく教えてくれたけど、俺風邪引いているからスーパーまで行く気力ないし、これ買っとくよぉ」と言って、御婆ちゃんとはお別れする。

そんな感じで、今週は“何をそんなに偉そうに”→“俺”ってなウィーク。仕事に関しても、何が「今日中に終らせます!」だ。結局、風邪と薬でフラフラで反故にするんなら、なぜ平謝りしてスケジュール調整してもらわない! と著しく反省。

ま、今日は原稿上げた後、仮眠をとって朝から昼過ぎまで日本橋で取材。友人のI田君宅前を9時半くらいに通り過ぎ、久々にI田君の家を見たので思わず写真にパチリ。連絡しようと思ったけど、朝早く会っても仕方ないし、仕事行っているだろうし、日曜も会ったし。

da-I.jpg

さっき帰ってきたけど、睡眠不足なんでとりあえず寝る。部屋の片付け、確定申告、原稿1本、フットサル、SevenZリハが今週末の課題。どこまでやれんのかなぁ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nomoto.info/mt-tb.cgi/2263

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このブログ記事について

このページは、が2008年3月21日 15:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最悪です…」です。

次のブログ記事は「相変わらず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。