2008年1月アーカイブ

買っちゃったよぉ! 5年くらい悩んでたかなぁ。

念願の物なのに、取材帰りにふらっと店に立ち寄って気がついたらクレジットカードを握り締めていたって…。来月の引き落とし時に泣いても、もう遅い。

何を買ったって? う~ん、秘密! じゃぁ書くなって? いや、うれしいやら、不安やら、いいのか俺! って感じで、書かずにはいられないのです。

で、じゃぁ、その物の写真をすごく小さめに。

CubCustom.jpg

高いインテリアにならないことを祈りつつ、とりあえず半年くらいは家から出さずに、じっくりと勉強していこうと思っとります。

沖縄紀行ばかりが続いていたので、先週末の出来事を書いておく。

【土曜サル】昼から八王子でサル。1時間ほど全体練習した後、2チームに分かれてゲームする。最初の1時間は元気よく、スルーパス通したり、シュートを決めるなど、頭も体も動いてくれるんだけど、最後の1時間はやっぱダメダメ。

特に、ゴール前でいいパスが来て左足で蹴れるように体勢を変えてシュートを撃とうとして2回もスカしてしまい、かなり落ち込む。両方とも決定機だったのに…。

そんなこんなで3時間サルを楽しみ、帰りにビールを飲み、家に帰って風呂に浸かって筋肉をほぐし、代表戦を観ながらさらに飲んでいると、試合内容のせいもあってソファで爆睡状態。

【日曜サル】八王子のチームが大会に出るというので急遽参加することに。フットサル場主催の大会などに出るのは正直消極的な部分があって、参加を見合わせていたのだが、何故か急にやりたくなったのだ。と言いつつ、このチームが大会に参加するのは3回目で、そのうち自分が参加したのは2回目なんだけど…。

普段割りと我侭なプレイをするH君が始まる前から緊張しているのを横目で笑っていた自分だが、始まってしまうと他人事ではなかった。1試合目、正方形(?)と言ってもいいほどの狭いコートに途惑ったのか、何だかワケのわからない状態で試合終了。チームとしては2-0で1勝を上げ、大会初勝利。

2試合目、勢いと体力で数段勝る若者チームにボロボロにされて大量失点し、気持ちが切れそうになる。むぅ………。0-5で大敗。

3試合目、体力や技術面で劣る自分達は、まずしっかり守ることを考えねば、と話し合うものの、開始直後のまだ試合に入りきれていない状態で1点失う。その後は守備を建て直して以降の失点はなかったが、守備的になり過ぎてしまった部分もあり、自分としてはほとんどプレイに関与できず、不完全燃焼。0-1の敗戦。

そんな感じで3試合が終った時点で、ちょっと混乱し始めた自分。3試合を振り返って反省しようにも、反省点すら思いつかない。

4試合目、ちょっと吹っ切れたのか、体が動き出す感覚を覚える。スロースターター(?)にも程があるなぁ。0-1で敗れる。

5試合目、やっと大会を楽しむ余裕ができる。が、これが最後の試合。結局、試合はスコアレスドロー。

大会後、残ったメンバーで食事に行き、いろいろ話す。前向きで建設的な話が多かったが、さて具体的に何をしていけばよいのだろう? ま、楽しくやっているんだから、やっていく中でいろいろ見つけたり、考えたりしていけばいいさ、と個人的には思う。

調子に乗って夕方からビール3杯を飲んでしまって帰路に。電車が遅れているらしく、ノロノロ運転の中、座席のヒーターが暑いくらいに効いていて汗をビッショリかきながら爆睡状態。暖房効きすぎだよ~。

【日曜ライブ】で、帰宅後、風呂を沸かして2日連続サルの筋肉/関節疲労をゆっくりとほぐす。新大久保アースダムにて友人のライブがあるのだが、風呂から上がると平和な気分になってしまい、「行くのをやめようかなぁ…」と不遜なことを考え出す。

それでも気持ちを奮い立たせ、何とかアースダムに辿り着いたのは、ほぼギリギリのタイミング。目当てのSpearmenは、ドラムのしのやんが急病とのことで2人編成。前日スタジオを延長して付け焼刃で練習したとのこと。いくつかトラブルなどもあったけど、何だかいつもより楽しそうな2人。観ているほうも、いつもと違う雰囲気がかえって面白かった。

そんでもって、夕方のビールがすっかり抜けた自分は、ライブ後にメンバーと焼酎をがぶ飲みしてほろ酔い気分となり、帰宅。いやはや、ちょっと疲れました。

ま、1年半ぶりにDVDが帰ってきたし、E子ちんに頼んでいた携帯ストラップが出来上がっていた(しかも2本も!)ので、無理してアースダムまで足を運んで本当によかったと思うです(あ、ライブ内容もね)。Img_2767.jpg

よくよく考えれば、取材の話は数行しかしていないので、今さらながら「取材記」ではないな、と。そんでもって、首里城編です。

首里城は、その昔…………、などと歴史解説するほどの知識もないし、面倒なので、興味のある人はWikiとか、首里城のHPを参照してくだされ。

歩き疲れてタクシーに乗ったのに、着いた首里城は上りながらいくつもの門をくぐって行く構造。その門の写真を撮りつつ、観光客が入って邪魔だなぁ、と勝手なことを思う。自分も後ろの人にとっては被写体を遮る邪魔な存在なのにね。

39Kankaimon.jpg歓会門。門の向こうに見える人達は、おそらく1月26日からの「首里城花祭り」の準備をしている方々。そのため、ロープで仕切られていたり、コーンが無造作に置いてあったりと、写真を撮りづらい。

40Zuisenmon.jpg急な階段の先にある瑞泉門。この辺りから赤い建築物が増えてくる。

ま、下手な写真で各門をすべて紹介してもしょうがないので、ここからは飛ばし飛ばしに。

41Keikan1.jpg高台に出て今まで来た道と那覇の市街を望む。

42Houshinmon.jpg奉神門の先からは有料エリア。

入場料を払って入ろうかとも思ったが、何となくケチって入るのを止めてしまう。帰ってきてから、行ってもよかったかなぁ、とプチ後悔。

でも、シーズンオフの工事ラッシュにここでも会い、首里城の向こうにクレーンが見えていたり、改修のために見られない場所もあって、非常に残念。

でもまあ、「首里城花祭り」をやるのだから仕方がないかなぁ、とも思っていたのだけど…………

43Mumumu.jpgいくら花祭りでも、正直これはやりすぎだろ!?

帰りがてら龍潭という池と弁才天堂を見て帰ろうかな、と思ったら、弁才天堂は改修中。がっくり。

でも、円鑑池と龍潭をの間の橋で奇妙な鳥を発見! 黒いやつと白いやつが数匹いる。

44Bariken.jpgおぉ! これぞ中国四千年と沖縄の気候が生み出した新種の鶏? と思ったのだが、家に帰って調べると、バリケンというカモ目カモ科の鳥で、南米産のノバリケンを家禽化したものとのこと。まったく縁も所縁もないじゃん。

そんなこんなでモノレールの駅まで歩き、牧志という駅から国際通りを県庁前まで戻っていく。しかし、購買意欲がまったくわかず、「シルバーとか、Zippoとかこっちで買わなくてもね~」とかなりの消極的モード。

しかし、飛行機の時間を遅くしすぎたせいか、まだまだたっぷり時間は残っている。で、思い出したのがMP3プレイヤーのインナーイヤホンのゴム(?)が片方取れてしまっていること。家を出るときに取れてしまっているのに気付いたのだが、スペアを探す余裕もなく、沖縄で買えばいいや、と思っていたのだ。

で、県庁前にあるデパート「リウボウ」に駆け込む。しかし、案内板を見ても「家電」とか「電化製品」という記述はない。案内のお姉さんに尋ねると、「ここには電化製品は置いておりません」とのツレナイお答え。

「じゃ、この辺りで電化製品とかオーディオを扱っているお店はありませんか?」と尋ねるも、「この辺りにはないですねぇ」とのこと。

ん? 沖縄の人は電化製品をどこで買うんだ!? 電気ストーブの需要は少ないにしても、クーラーは買うだろう? 街でもMP3プレイヤー聞きながら歩いている人をいっぱい見たぞ? と頭の中は「?」だらけ。

で、埒があかないので、人待ち顔で座っていた若者に聞いてみると、「新都心まで行けばある」と親切に教えてくれた。ありがたい!!「でも、新都心って何!?」と再び質問すると、「おもろまち」というモノレールの駅近くにショッピングモールがあって、そこに家電量販店があるという。いや~、親切な若者で助かった。

早速、再びモノレールに乗り、インナーイヤホンのゴム(?)をゲット。スタバでお茶して県庁前にまた戻り、コインロッカーの荷物をまとめて空港に行く。

45Meshi.jpg空港で土産物を買い物して、着いたときも利用した沖縄料理屋へ。ミミガー+ラフティと生ビールを注文し、モズク酢と泡盛1合を追加注文。

46YoruAP.jpg47YoruAP.jpg夜の空港は淋しげ。ま、疲れたけど、いい思い出になったです。

今回の反省点※2泊すればよかった。宿も3400円だし。 でも、次の日取材はいっていたしなぁ…。※観光情報(特にグルメ情報)をもっとチェックしておけばよかった。 金城町石畳道とか後で知ったもんなぁ。グスクも知らんかったし。※変なところでケチるのはやめよう。 タクシー乗ったのに首里城に入らなかったりとかね。※モノレールの2日間券買えばよかった。 結局、結構乗ったもんなぁ。

街中に戻り、那覇観光客の定番「国際通り」へ。

29Kokusai.jpg

国際通りは、土産物屋が多く、そのほとんどが同じような品揃え。これから相当の距離を歩くつもりだったので、荷物は増やしたくない。土産には目もくれず先へと進んでいく。

30Bus.jpg何だか可愛らしいバスも走る国際通り。那覇市のコミュニティーバスらしい。

沖縄2日目の昼はタコライスを食うことに前から決めていた。前夜、タコライス専門店が国際通りにあることもチェックしていたのだが、海を探すのに手間取ってその店まで辿り着く前に、適当に「タコライス」とのノボリがある店に入ってしまう。

しかし、これが失敗…。こっちの沖縄料理屋や自作のタコライスのほうが美味いと思う次第。後で店名で検索してみたら、沖縄居酒屋としては評判よかったけど、タコライスがダメなだけだったのかなぁ。

その後、元気のよい呼び込みの兄ちゃんに誘われるままにアロハシャツのショップなども見ていく。都内に比べたら安い価格設定なんだろうけど、やっぱりビンテージアロハは高い。「いや、やっぱアロハ着るとカタギの人じゃないって思われる顔なんでやめとくよ~」と妙な理由をつけて購入は断るが、しっかり観光情報とマップをゲットする。

31shouten.jpg国際通りにも飽きたので、途中で市場本通りを抜け、次の目的地を目指す。市場本通りは、平和通りなどの商店街とアーケードでつながっており、奥へ進むほど地元向けの商店が増え、市場などもある街。そこを抜ければ焼き物の街「壷屋」となる。

32machi1.jpg33machi2.jpg34machi3.jpg35machi4.jpg36machi5.jpg37machi6.jpg壷屋辺りまで来ると、国際通り以北とは異なり、南国だなぁと思わせる建物が多くなる。工房ごとの焼き物屋を巡りつつ、建物を撮ってみる。

結局ここでは、抱瓶とぐい3つの呑み系のカップを購入。持って帰るのはきついので、ゆうパックにて郵送してもらう。

miyage.jpg定番(?)の「なんくるないさ」Tシャツ2枚と、タイプの異なるカップ3つ、抱瓶が今回の自分土産。Tシャツは…………、多分着ないだろうなぁ。

さて、海を見て、国際通りを歩いて、壷屋にも来たので、一応の目的は果たしたことになる。那覇市内だけで、しかも観光情報不足の中、これからどうしようと考えた挙句、やっぱり首里城に行ってみるか、という結論に。しかし、モノレールの駅はどこも遠そうなので、タクシーで首里城まで行ってみることに。

38Shurei.jpgで、守礼門に到着。

---ダレも期待していなくても「首里城編」に続く---

さて、沖縄2日目。起き抜けにテレビを見ると、東京は雪とのことで大騒ぎ。この2日間の沖縄は快晴とはいかないものの、曇りがちでも雨は降らずといった感じで非常に良好。2日目の最高気温は18度とのこと。

帰りの飛行機をかなり遅めに予約していたので、1日何をしようか悩む。シーズンではないが、とりあえず沖縄を感じるなら海でしょ! ってことで、まずは海を観に行くことに。モノレールの駅にコインロッカーがないので、ショッピングモールまで歩いて必要のない荷物を預けてしまう。

16Clinic.jpg途中、元巨人軍の宮本がでっかく載った看板を発見。何だかいかがわしいクリニックだなぁ、と思ってよく見ると、隣に写る医師は朝●龍問題や●監督の娘さんとの結婚問題でワイドショーを賑わせている人!?

17nostalgic.jpgこれまた途中で見つけた看板だけど、レトロ酒場「コマネチ」って…。

これでは、面白写真ブログになってしまうので、この辺で…。

18Umi1.jpgネットの地図で海の場所を確認して歩き出したのだが、方向音痴気味の自分はすぐに道に迷ってしまう。あれ? こっちじゃなかったっけ? とか探し回りながら、やっとのことで海を発見。しかし、曇っているので南国の海っぽくないし、何か目的の場所と違うような…。

19Umi2.jpg20Umi3.jpgよく見ると、海というより入り江っぽいし、空港も近い感じがする。

21Chizu.jpg赤い●の地点が行きたかった場所で、青い●が自分が辿り着いた場所…。方向音痴にも程がある。

ちなみに、自分が辿り着いた場所は三重城(みえぐすく)と呼ばれるところで、倭寇の襲来を防ぐ城壁が組まれていたとのこと。観光客らしきオジサンに話しかけると「やっぱりグスクを見たくて来たのですか?」と聞かれ、「グスク」という予備知識がない自分は動物? 植物? 虫? ってな感じで困り顔になってしまった。恥ずかしい限り…。

で、グスクについてはコチラのWikiを参照してみて!

22Umi4.jpgしかし、その三重城を起点として城壁を模した遊歩道のような道が続く。これを利用すれば、海岸線を巡りながら海を見られるのでは! との淡い期待を抱きながら進んでいく。

…………、しかし、この遊歩道は、まだ作りかけのようで、途中で行き止まり。仕方がないので、道に咲いていたハイビスカスでも撮って御茶を濁す。23Hibi.jpg

気を取り直して上記地図の赤い●の地点を目指して歩く。地図上の道路が海にはみ出しているように見えるのは「波の上橋」というところで、ここの海側を歩けば東シナ海を一望できるのではないかと考える。

24NaminoUe.jpgしかし!! 波の上橋は補修工事中…。警備員のオジサンに聞いてみると、橋の歩道の海岸側は歩いていいけど海側は歩いちゃダメってことらしい。それじゃぁ意味ないじゃん。とガッカリする。思えば、この時期の沖縄は観光シーズンではない。その煽りか、この先いくつかの工事で計画を断念せざるを得ないことになってしまうのだ…。

再度気を取り直してオジサンに海の見える場所を聞くと、波の上橋に近い「波上宮」近辺にビーチがあるとのこと。早速向ってみる。

25Kinshi.jpgしかし、またしても工事の影響でビーチは見られず…。意地になって波上宮を目指す。

26NaminoUeGuu.jpg波上宮は海岸の絶壁(?)の上に建つ南国風の神社。神社に足を向けたのだから、取り合えず御参りだけでもやってみる。で、神社の反対側にもビーチがあるとの情報!! やっと海を撮れる、と喜び勇んで向う。

27Appare.jpg幸い晴れてきたし、運もコチラに向いてきたようだ!!

28Umi5.jpgでも、行ってみるとビーチは狭く、橋の工事で景観はぶち壊し…。失意の中、「俺の海-探訪計画」を断念することに。

---ダレも期待していなくても「お買い物編」に続く---

帰省のために北九州空港を初めて利用したときに、もう飛行機は嫌だ、などと思っていたのだが、沖縄で仕事となると飛行機に乗らざるを得ない。ベルカンプのようにワガママを言うわけにも行かないのだ。

22日9時前の便で羽田を出発。取材時間より早めの便にして那覇空港で編集者K氏と落ち合うことにする。

01MadonoKumo.jpg02Pika.jpg

乗った飛行機はピカチュウ仕様。これが事故ってしまったら死に際としては悲しいなぁ、などと変なことを考えるものの、天候に恵まれて気流も安定していたため、ほとんど揺れもなく那覇空港に到着。

観光ガイドとか事前のチェックとかしている暇がなかったので、K氏と「市街に出て飯屋を探すよりも空港で昼食を済ませたほうがよくないか?」という話になり、空港にてソーキそばを食してモノレールで移動。少し街をぶらついてから、予約してあったホテルにチェックインする。

03NahaHeya.jpg

安宿なので古臭く狭いが、これで3,400円なら十分! 有線ながらLANも立派に使えるし、言うことなしだ。

事前にクライアントの沖縄支社に出向いてから取材先へ。当日の沖縄は最高気温が20度で冬の東京から来た身にとっては、ちょっと動いたらすぐ汗をかいてしまう。地元の人に聞くと今年は若干暖かいとのことだが、1月にこの暖かさということにちょっと驚く。

取材後、ホテルにいったん戻って、最後待ち合わせして取材スタッフメンバー3名で飲むことに。沖縄支社の方に聞いた沖縄居酒屋の店に行くことにするが、途中であの「アントニオ猪木酒場」を発見! 沖縄にも進出しているとは…、おそるべし! アントン!!

04AntonOkinawa.jpg

そう言えば、「やれんのか!」の飛龍革命も沖縄だったんだよな、などと考えながら歩いて目的のお店に着くと、かなりお洒落な雰囲気。

正直行く前は、沖縄で一泊しても、泡盛飲んで沖縄料理食べるだけだもんなぁ、と思っていた自分。東京に沖縄居酒屋はたくさんあるし、地元の駅にも有名店があるし…、と考えていたけど、やっぱ鮮度が違うというのはすごいなぁ、実感。海ぶどうはプチプチだし、スクガラスは、口の裏を切ってしまいそうになるくらい魚が活き活きしている。

05Ryouri1.jpg06Ryouri2.jpg07Ryouri3.jpg

仕事関係者との飲み会だけど、仕事以外の話や昔のIT業界の話で盛り上がり、いつしか泡盛もどんどん進んでいく。非常に楽しかったのだけど、後半は酔っ払っていたので、失言や失礼がなかったかがちょっと心配…。

そんなこんなで酔っ払ってホテルに戻り、そのままベッドに直行。そのまま朝まで寝て、翌日に観光という流れが最高だったのだけど…。

08Jikan.jpg

結局、夜中に目が醒めてしまう…。再び飲み直して寝付こうとも考えたが、酒を飲む気にはなれず、ちょっと窓の外を眺めて見る。

街中から離れたホテルなのかな、と思っていたのだが、ホテルの前や路地の方が明るく、夜の歓楽街(?)といった様子。それにしても3時近いのに、結構“やんややんや”とウルサイので、興味半分でカメラを抱えて夜の散歩に出かけてみる。

09Hankagai.jpg

どうやら、交差点の先は、キャバクラやホストクラブ、カラオケなどのお店が集中している模様。普段からキャバクラとか行かないし、沖縄に来て一人でカラオケする気にもなれなので、こちら側はスルー。せっかくなので、ちょっとグルグル回ってみる。

10Kuusha.jpg街は人で溢れているが、やたらと空車のタクシーが目立つ。

11Ryuu.jpg突然の龍の登場! 「くにんだなかみち」という市道らしい。

12Fukuju.jpgこれまた突然、大きな庭園風の施設を発見。後で調べると、福州園という中国庭園で無料見学できるとのこと。翌日も行ってみればよかった…。

13agit.jpg何かの海賊団のアジトらしい(苦笑)。アジトって看板にデカデカと書いているのが微笑ましい。「隠れ家」なんじゃないの? ま、街の隠れ家のようなお店ってこと?

14Sapporo.jpg東京から来た身にとっては、沖縄でサッポロ時計台グループの札幌直送ラーメンを食す気にはなれない。しかし、地元では需要が高い…、かも。

15Gyouza.jpg餃子の屋台も発見。

で、ホテルに戻ってきたのだけど、今度は目が冴えて眠れない。結局朝になってから少しうとうとする始末で、2日目に突入する。しっかし、ビジネスホテルで熟睡できたためしがないなぁ…。

---ダレも期待していなくても2日目に続く---

寒いねぇ…。何? 雪降ったの?

何だかんだで、23時前に到着する飛行機で沖縄から帰ってきました。明日は取材が入っているので、とりあえず泡盛飲んで寝るです。早めに起きて取材の前勉強しとかないと…。

seesaa.jpg

沖縄

| コメント(2) | トラックバック(0)

那覇にてひと仕事完了!

pikaana.jpg

行きの飛行機はピカチュウでした…。一泊して遊んできます。とりあえず、今夜はクライアントと編集者の3名で飲む予定。

【お知らせ】火曜から一泊で沖縄取材です。求む! 沖縄情報(上手い店とか面白いスポットとか)

金曜の夜のうちからやっておこうと思っていた仕事だったが、相変わらずの堕落っぷりで土曜の昼頃からシコシコ始める始末。

お陰で夕方からのフットサルに間に合わず、1時間遅刻してしまう。1時間しかできなかったことに加え、すでに体が温まっているメンバーとのギャップも大きく、リズムにも乗れない。欲求不満状態でサルは終了。

で、毎度のことのように食事と称した飲み会を7名のメンバーで。そんでもって、芋焼酎をボトルで頼んでバカ話に花を咲かせる。

23時近く(?)まで飲んだら、地元で行われているバンド関係の新年会へ。なんと、会ってまだ4回目で大晦日にも遊びに来てくれたS君も飲みに行くと言う。初対面の人ばかりのはずなのだが、放っておいても皆とすぐに打ち解けていた。流石と言うか、恐るべしと言うか…。

すっぴー、せぶぜ、みんそ、ごっつ、ぽえ、といった面子が集まり、こちらでもバカ話。2時近くまで飲んで解散と思いきや、なぜか皆でカラオケへ。今年はカラオケに行く機会が多いなぁ。すでに2回目だし。

まぁ、そんなこんなで始発が走り出す時間まで歌いまくって解散。まだちょっと頭痛いけど、今日中に仕事1本上げるです。

金曜サルして、土曜サルして、日曜にWiiが来た。それ以来、“Wiiのある生活”ではなく“Wii漬けの生活”…。金曜打ち合わせ、火曜取材、明日取材、明後日打ち合わせと仕事も立て込んで来ているのに大丈夫か?⇒俺。

サルで筋肉痛になることはない(関節とか傷めることはあるけど)のに、Wiiのコントローラーを振りすぎたせいで右腕がちょっと筋肉痛気味。まったく何やってんだか。でも、Wii Fitはできる限り毎日続けようと心に誓う(いつまでもつかなぁ)。

でもって、日曜夕方からの友人ライブを夜と勘違いし、今年最初のライブ不義理を行う。しっかりチェックしとけばよかった…。

そんな中、月曜は家で暇を持て余していたY原R太が飲みに来る。大晦日に録画した格闘ビデオを見つつ、ちょっと自慢げに「ん~? じゃ、Wiiでもやる?」とか誘っている俺。

強面坊主頭ベーシスト2人が黙々とWii Sportsに興じる様は、結構不気味だったかも。万が一、窓から泥棒が覗いていたら、絶対この家には入らないようにしようと心に誓ったに違いない!

でも、やっぱこの手のゲームは複数でやるもんなんだなぁ、と、しみじみ淋しく想う。今日はWiiに見向きもせず、掃除や仕事の準備などに勤しむ(つもり)。

2008年ももう1/36が過ぎてようかというのに…。年末のエントリで声高に2008年の目標を立てたというのに…。今年はダメダメなスタートですなぁ。立て直さなければ…。

とりあえず1/36年の経過を書きとめておく。

■1/2のこと。

1/2は駒沢まで高校サッカーを観戦しに行く。伝統校・帝京とスポーツ校・青森山田が敗れるというプチ波乱の試合が2試合続き、いろいろと感想もあったのだが、あまりにも時間が経ちすぎたので割愛。でも青森山田の7番はまだ一年生とのことで、ちょっと今後に期待。

MagWine.jpg

帰りは駒澤大学駅そばのサイゼリアにてO村とワインをがぶ飲み。1.5L入りのマグナムワインが1,060円とバカ安で、赤と白の2本を頼み、2人で2Lは空けてしまったと思う…。パスタ、ピザ、ドリア、サラダ、その他諸々含めて1人2,000円は安過ぎ!

 ※反省その壱 - 今年は飲み過ぎない!

■1/4のこと。

1/4は名古屋のイベントに参加すべく昼前の新幹線に乗る。想い出は、行き帰りが快晴で富士山がきれいだったことかなぁ。

fuji001.jpg行きの富士

fuji002.jpg帰りの富士

ライブは、準備不足が祟って撃沈状態。ここ最近、ライブの出来が悪くても落ち込んだりせずに前向きに生きてきたのだが、ちょっと落ち込む。

DayTrip.jpg

でも、1時間後にはそんなことも忘れて、居酒屋でがぶ飲み。その後打ち上げでがぶ飲み。ホテルに泊まって翌日は、何故か名古屋の蕎麦屋で蕎麦焼酎の蕎麦湯割を楽しみ、蕎麦を食らったにも関わらず名古屋なんだからと駅のホームできしめんを立ち食いし、新幹線で爆睡したら家に着く頃にはプチ胃拡張で腹が減ったので買って帰ったひつまぶし弁当を食べ…、正月早々もう大変!

 ※反省その弐 - 暴飲暴食を控える! ※反省その参 - ベースはちゃんと弾く!

■初蹴り

1/5に名古屋から帰って1/6にフットサル初蹴り。調子よかったもんで3時間に延長して延々とゲームやり、飲みに行ったら皆酔いの回りが早くて大騒ぎ。帰りの電車でも、以下のようなバカっぷりをさらす。

sirome.jpg

白目をむいているのは、のだめカンタービレの二夜連続ドラマを見てしまったためか…。

 ※反省その壱再び - 今年は飲み過ぎない!

■仕事のこと

今年は正月持越しの仕事が少ないのねって、安心していたらぜんぜんやってねーじゃん! と気付いたのは七草粥を食べる頃。あぁ~、うぅ~、でぃ~、と呻いてみても過ぎ去った時間は戻らず、そのぶん時間は過ぎていく。初仕事は遅れた原稿を牛のようなペースで進めるという、前年の反省をまったく省みていない状態。

※反省その四 - 仕事はテキパキと昼間にやる!

■某夫婦とカラオケ

近所の焼き鳥屋で飲んでいる友人夫婦から連絡があり、一緒に飲むことに。何故か話題は子供の教育(!?)。子供のいない夫婦と独身中年男性が何を深刻に教育問題を語り合っているのやら…。ほどほどに酔ったら、盛り上がるままに3人でカラオケへ。3時間ほど熱唱して撃沈。『アジアの純真』は、陽水+民生のスローなバージョンのほうが盛り上がることを知る。

 ※反省その壱三度目 - 今年は飲み過ぎない!

■物欲炸裂

仕事しなきゃ、しなきゃ、やらなきゃ。ドゲンカセントイカンバッテンドゲンモコゲンモシヨウガナカバイ! などと呟きながらPCに向うと、物欲がフツフツ&ワクワク。AmazonにてDVDを買い漁り、オンラインのスポーツショップでサッカー福袋なんかに手を出してみる。

んでもって、ちょっと経ったらすぐ飽きるのがわかりきっているWii本体+Wii Fitに着手。別の店でWiiソフトや周辺機器などを買ってしまったもんで、家にWii本体+Wii Fitがないのに先にWiiソフトと周辺機器が届く始末。アホ過ぎる。

でも、日曜午前着でWiiが届くのでちょっとワクワク&ドキドキ。

 ※反省その伍 - 今年は浪費を抑え、節約に努める!

今年も、この下らない反省すれど改善なしの日記は続きます。


に着きました!


快晴の中、富士山撮影しつつ進む


正直、キャリーは必要なかったかも…

東京駅に向かいます。

ま、個人的には喪中であるため目出度くはないのだけど、皆さん、あけましておめでとうございます。年賀状をくれた皆さん、不義理してすみません。今年は仕事関係にしか出さなかったもので…(って、毎年だけど)。

omisoka_nabe.jpg

大晦日の夕方から、淋しがり屋の親戚の爺ちゃんを労わるかのように何人かの人が入れ代わり立ち代り来てくれて、楽しい年末恒例格闘技祭りを過すことができました。実家に帰る前に立ち寄ってくれたA課長、まだ会うの3回目なのに彼女とともに時間を縫ってやって来てくれたS君&Yちゃん、そして昨年に続き一緒に年を越すハメになったO君。

そして、直前でドタキャンしやがったY原R太!!

今年もいろんな人に迷惑をかけながら、しつこく飲みに誘うので、ひとつヨロシク。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。