2007年11月アーカイブ

candle.jpg

人間、生きていれば誰だって、悲しいことに遭遇することもあれば、喜ばしいことに遭遇することもあるわけで。8年以上も前から後輩として、友人として、ご近所さんとして仲良くさせてもらっている女性の結婚式&二次会に出席してきた。

自宅からホテルへ向かうまでは白ネクタイを付けずにダークスーツでシャツのボタンを開けた出で立ち。普通の人は、この恰好で歩いているとホストっぽい感じに見えてしまうのだけど、自分の場合は完全にヤ○ザ…。頭も坊主だし…。

会場では、頼まれてもいないのに、我がEOS 40Dでガシガシ写真を撮ってみる。シャッター押し続けた中で、奇跡の1枚! が撮れたので、顔出しでブログに載せようと思ったが、新郎新婦からNG出し。ん~、まるで「ゼ○シィ」の表紙にしてもいいような写真が撮れたと1人喜んでたのに…。

新婦側目線で式に出席することは初めてだったので、勝手に父親的感情が沸き起こってもみたり、ウルっとしてみたり。しかし、結婚式って、シャンパン出て、白ワイン出て、赤ワイン出て、ビール出て、そのそれぞれを飲み干す前にスタッフが継ぎ足すから酔っ払ってしまうね。いや、ソフトドリンク頼むか、酒飲むのを控えればいいだけなんだけど…。

式から二次会まで時間が空いたので、いったん帰宅して一眠りし、着替えて二次会会場へ。とりあえず、西新宿のイルミネーションなども撮ってみる。

illumin.jpg

そのまま歩いていると、何やら携帯で上の方を撮っている人がちらほら。携帯カメラが向けられた先を見てみると、都庁がライトアップされていた。

tocho.jpg

都庁ライトアップする金があったら住民税安くしろよ! と思いつつ、二次会会場へ急ぐ。あ、そういえば、住民税をまだ払っていないや! 早く振り込まないと…。

二次会でも前職の同僚2人と会うことができ、新婦の昔話や懐かしい話で盛り上がる。と、ここで奇跡のビンゴ大会!

bingo.jpg

何が奇跡って、7つもリーチがかかっていながら、商品が最期の1個となるまでビンゴとならない運のなさ。結果、最後にビンゴとなることができたが、同時にビンゴとなった人にジャンケンで負け、商品ゲットならず。己の詰めの甘さを思い知ったです。

もお、なんだかね、人を祝福しっぱなしで、自分が祝福されないのはこの詰めの甘さが原因かと。「選びすぎですよ」とか、「ハードル高くしすぎですよ」とか、「こだわりすぎですよ」とか、モテない、結婚できない男に対する慰めの言葉ばかり言われている自分だが、これからはauの仲間由紀恵状態になるです! でも、「誰でもいいんです!」って言ったら言ったで、敬遠されるよなぁ…。

大会

| コメント(4) | トラックバック(0)

所属するフットサルチームがウルトラスーパービギナー大会に出るというので、写真を撮りに行く。

sal00.jpg

結果は3分け1敗。負けそうな試合の土壇場で追いついたり、勝てる相手に引き分けたりと、試合によって内容はまちまちだけど、皆楽しそうにやっていたのでよかったよかった。この1年で本当に上手くなったな、と思う人もいれば、普段はヤレているのに本領を発揮できていない人もいたと思う。

いくつかの理由で今回は参加を見送ったのだけど、見ていたらやっぱりやりたくなる。結局、大会終了後にあいたコートで、見学&応援チームとともにミニゲームをやって遊んでしまった。

帰宅後は、調子に乗って連写しまくった写真数百枚を選定し、トリミング作業。フィルム交換なしにガシガシ撮れて、集合写真やプレイ中の写真などのTPOに合わせてISO感度も変えられるのはイチデジならではの便利さだなぁ。天気がよかったので、ガンガン撮れたけど、逆光で露出補正できるほどの余裕をもてないのは問題。そろそろ新しいカメラに慣れないと。

先月辺りからやたらと忙しかったのだが、今はゆっくりとした時間を過させていただいている。今週は取材漬けの予定だったのだが、諸般の事情で3本の取材がキャンセルとなったので、12月頭までは割りとゆっくりできそう。

そんな中、昨日は唯一残った転職サイト系の取材をこなし、自宅でU-22の試合をテレビ観戦。オリンピック出場を決めたので、国立で観戦していた友達と連絡を取り合い、外苑前で飯を食う。その後は一人で外苑前のバーで飲み、タクシーで帰宅。

帰りのタクシーの中で運転手のオジサンと何を話したか、よく覚えていないのだが、何だか落ち着いた気分になれたような記憶だけが残っている。小石川植物園? 浜離宮? 水上バス? といったキーワードが頭に浮かぶが、何の話だったんだろう。

今日は転職サイトの記事を書き上げ、明日は友人のフットサルチームが大会に出るので応援&カメラマン。明後日は後輩女子の結婚式&二次会&頼まれてないけどカメラマン。日曜はフットサルと、楽しい用事が続く。

できるだけ人に会って、食べ、飲み、話をしようと思う。バンド関係の人たちと飲む機会も減ったので、久々に飲みたいな。皆さん、積極的に連絡ください!

PRIDE系スタッフが復活して大晦日興行を行うといううれしい発表もあったので、大晦日も楽しみ。

あ、SevenZに向けたベースの練習をまったくやってないや! こっちもやっとかないとね。

日曜夜に戻ってきました。不思議と現実感がなく、これからじわじわと来るのかな、といった感じ。

さまざまな調整を行ってくれた方々、ご配慮いただいた方々、メールなどでメッセージを送ってくれた方々、ありがとうございました。感謝いたします。

週中から日常に戻る予定です。季節的に年末も近いのですが、慣例などに捉われず、お出しいただけるなら年賀状も受け取りますし、例年通りこちらからもお出しいたします。

来週後半に再度福岡に向かう予定は変わっておりませんが、今後ともよろしくお願いします。

3時間ほど仮眠して電車に飛び乗り、一路横須賀へ。

遠い…、遠いよぉ!! 電車に乗っている時間云々よりも、乗り換えと待ち時間が非常に無駄! 路線検索で調べた電車よりも早い電車に新宿で乗れたのだけど、結局大船と逗子で乗り換えなければならず、それぞれ十数分の待ち時間。最終的に横須賀へと向かった電車は、最初に路線検索で調べた電車って!

帰りも逗子と大船で乗り換えなければならず、時間がかかる。もうちょっと横須賀方面へ行く(横須賀線)の本数を増やし、逗子止まりの電車を横須賀まで走らせてくれないかなぁ、と真剣に思う。ま、しばらく横須賀に行くこともないけど。

帰宅後、やはり眠い、疲れた、と思いつつも、体に鞭打って体育館サルへ。この年齢で、なおかつ寝不足でサルをやるのはやっぱり無謀………。腰が回らないからシュートは全部外側に行ってしまうし、足元もおぼつかない。

今後はもっとスケジュール管理して、無理なく仕事や遊びができるようにしないとなぁ。

と、いいつつ、本日は勝手にオフ日と決め、なーんもやらないです。リフレッシュして、明日はソリューション紹介原稿と横須賀の取材原稿、明後日と明々後日は打ち合わせに顔を出しながら用語集原稿を書き進めなければならん。

やっとこさ、仕事もひと段落。むぅ、思ったより時間がかかってもう明け方じゃん。

と思ったら、今日も1本取材が入っている。午後一からなんだけど、場所が横須賀…。なぜに横須賀? だけど横須賀。ちょっと遠いけど、電車で眠り呆けるほど遠くはない。しかも、行っても小泉純一郎や按針さんには会えないと思う。

カメラマン兼任なのでイチデジも持っていかないといけないです。あ、写真でギャラもらえるのは初めてかも。

そんなわけで寝不足のままなのだが、不徳の致す限りで日曜のサルに出れなかったので、夕方からの体育館サルにはキッチリ顔を出して鈍った体に鞭打とうと思う。

バーボンをしこたま飲んだ翌日、土曜日。案の定、午前中はベッドと居間を往復し、なーんにもできない状態。しかし! 午後から頑張れば、日曜は予定を開けられるはず! と気張ってみるものの、14時からお昼寝たっぷり3時間。

むぅ、それでも夕方から翌朝まで頑張れば…、と思っていたのだが、A課長から連絡があり、貸していた漫画本『西遊妖猿伝』全16巻を返しに来るという。

家も汚いし、仕事もしなければならないから、駅で待ち合わせて食事だけでも、と考えるが、待ち合わせてしまえば自然と居酒屋へ。以前は「海峡」という名前で朝まで営業していて、コーヒーも飲めた居酒屋が「腹八分目」という名前で営業していたので行ってみる。

スタッフに話を聞くと、経営は変わっていないけど、名前とメニューが変わったとのこと。“ウリ”は「伝説の若鶏唐揚」というものらしく、500円。早速頼んでみる。

karaage1.jpg karaage2.jpg

で! でかいっ! 唐揚ナメでお互いの写真を撮ってみたりするが、要は小さめの胸肉1枚を唐揚にしたものが4つ、ってな感じ。ボリュームは満点だが、脂が……………。唐揚命! のサル仲間C君しか、この唐揚は喜ばないと思う。

そんなこんなでA課長と飲みが進み、結局自宅で飲み、A課長が帰った後も録画してあった番組を見ながら飲み続け………………………………。

はい。本日のフットサルおよび楽しみにしていた友人のライブはすべてキャンセル! あ~あ、朝までに仕事2本。しっかりやらないと切られちゃうので、気合入れるです。

CityCenter.jpg

兄と汐留シティセンターで待ち合わせ、「ワイルドターキー マスターディスティラーズ・ナイト07」なるイベントへ行く。50組100名の招待に当たったらしい。

自分の嫌いな東京の街ランキングTOP3に入る新橋と汐留の中間にあるビルに行かなければならないとは気が引けるが、せっかくの誘いだし、国内6,000本限定で1本1万3,335円もする「ワイルドターキー アメリカンスピリット15年」を試飲できると言うので、イソイソと出かけてみた。仕事も若干残っていて申し訳ないが、土曜以降の作業とさせてもらう。

ちなみに、TOP3の残り1つは渋谷。考えてみたら、全部“し”で始まるのね。“死”の街? “屍”の街? ま、そんなことはどうでもいいや。

イベントは、通常のワイルドターキーなら飲み放題といった感じなので、ワイルドターキー蒸留所責任者であるジミー・ラッセル氏のプレゼン中も、兄弟で遠慮会釈なくロックで頼みまくる。飯もタダで食え、隣の席にいた田村潔司似の水戸のバーテンダーさんや、反対側の建築関係のオジサンともコミュニケーションを取ったりして、まずまず楽しめた。ま、隣のオジサンも、我ら兄弟が謎の2人組に見えただろうなぁ。一方は強面で帽子にシルバーアクセに革ジャン、もう一方はスーツ姿に妖しい研究をしてそうな大学教授といった感じの風体。「いやぁ、兄弟なんっすよぉ、てへっ!」と言うと少々ビックリしていたようだ。

肝心の15年物の試飲の前に、0年、4年、8年のテイスティングも行う。熟成0年のバーボンなんて、とても飲めたもんじゃない…。4年物も荒いし、8年物でやっと通常のワイルドターキー。

tasting.jpg

で、全員1杯ずつ15年物をストレートで味わうが、さすがに美味い。香りと味の深さがぜんぜん違う。でも、これに1本1万3,335円出すか? と考えると、普通のバーボンを5~6本買ったほうがいいかなぁ。

イベントがお開きなった後は、兄弟水入らずで新橋のメキシカンな店へ。店独自にメキシコでサボテンを栽培し、オリジナルのテキーラを造っているというので、1杯いただく。何だかレアな酒を味わえる夜になったなぁ…。

兄もバンドをやっているので、自然と音楽の話へ。趣味はまったく異なるのだけど、パートも違うので、まぁ1度くらい組んでもいいのではないか、と。実現するかはわからないけど、気長にね。

イベントでバーボン飲みまくって、メキシカンな店でジンライムとテキーラを飲んだら流石に酔ってしまい、素直に帰宅。飲み足らなかったら、友人がやっている飲み屋のいずれかに乱入しようと考えていたけど、そんな気力なくベッドへ直行。

さーて、仕事を片付けてしまいますか!

人間、コツコツ地道にやっていくのが一番。なーんてことを考えながら、荒れ放題の部屋でボーっとしているです。

今夜2本原稿上げれば、明日の日中は時間が取れるので片付けないとなぁ。

あまりにも取材依頼が重なったり、スケジュールを自分で把握できなくなったりしたので、スケジュールを公開することに。一部の方々にはお知らせしたけど、そのうちNOMOTO.INFOのトップページにリンクを貼っておこうと思う。

YAHOO! カレンダー

でも、こうやってスケジュールを公開してしまうと、秘密のムフフなお楽しみスケジュールも皆さんにバレてしまうではないか! と思うものの、それはまぁ、仕方ないのか…。せめて非公開で「予定あり」という表記のみにしておくので“あ、この日はムフフなことをしているのだね”と想像していただければ…。

ま、だいたいサルやっているか、飲んだくれているかのどっちかだけどね。

近況

| コメント(0) | トラックバック(0)

体調不良&逃避行動&グダグダで、更新をサボっております。体調は戻りましたが、グダグダが戻りません。

お陰様で今日いっぱいまでは、大変な状況となり、まぁ、ここまでスケジュール詰めた自分の不甲斐無さに、いつものごとく反省しきり。週末まで不退転の覚悟で望みたいかな、と。

そんな中、赤坂の弁慶橋を渡り、赤プリ前を抜けたところでA課長と遭遇。そんなこともあるもんだ。

グランドプリンスホテル赤坂は、昨日から(?)クリスマスイルミネーションが点灯。「まぁ、きれい」と思う心の余裕はあれど、持っていたイチデジで写真を撮ろうという余裕がないのが哀しい。

爬虫類好きではなく、むしろ爬虫類が側にいたらビビってしまうのだが、何故だかシルバーアクセはヤモリかトカゲの物を買ってしまう。

げっこ

先日も、新宿アドホックビルの紀伊国屋書店側出口に店を構えているアクセサリーショップで指輪を購入。このお店は、お店のおばさん(もとい、お姉さん)も話しやすく、結構気に入っている。

何かね、切支丹でもないのにクロス付けたくないし、髑髏じゃお里が知れるし、といったイメージでヤモリ物にしよう、といった感じ。トカゲ物は最初は買っていなかったのだけど、ヤモリ物だけで揃えるのも品数が少なくて無理だったので、自然と増えてきた。

小学生の頃住んでいた家の窓にいつもヤモリが張り付いていて、母親に「あれは家を守るのよ」と言われていたのが記憶に残っていたからかもしれない。

先日も実家(小学生のときとは違う家だが)に帰ると、ちゃんとヤモリが窓に張り付いていた。父親が「あいつらドン臭くて虫なんか獲れるんかなって心配してたけど、ちゃんと毎年生きとるぞ」と言っているのに笑う。我が家はヤモリ好きなんかな?

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。