2007年4月アーカイブ

選挙

| コメント(0) | トラックバック(0)

なーんだか五月蝿いなぁ、と思ったら、明日は区長・区議会選挙か。最後のお願いってやつですね。

12月に引っ越してきたばかりで区が変わったので、都知事選はともかく、区長・区議会選は選挙権がないと思っていたのだけど、どうやら3ヶ月住めばオッケーとのことで投票用紙が送られてきている。半年くらい住まないとダメだと思ってたんだけど、意外と短いのね。勉強になりました。

都知事選ほど盛り上がっていない感じもするけど、どうなんだろうね。ちなみに、都知事選前はブログで誰それに入れるとか書いている人もいたし、飲みに行って雑談しても誰に入れるとか話す人もいた。

mixiとかでは一定の規制をかけていたみたいだけど、選挙で誰に投票するかなんて発言する/書く/公にする、ってのは非常に抵抗があるです。行った後も誰に投票したとか言わないのが何となく普通じゃねーかな、と思うし。

特定の政党支持者や団体の人はまた別なのかも知れんけどね。小さい頃、大人が選挙と言うものに行くのだと知り、素朴に「父さんと母さんは誰に入れるの?」と聞いてみたことがあった。親父は、「それは人に言うことじゃない。父さんと母さんも一切話し合わずに自分の入れたい人に票を入れている」と答えてたなぁ。その影響が今でも残っているんだと思う。

とは言え、自分が人に強いず、自分で情報を得て、自分で解決できる大人になれたとは思えんが。

頭の皮ではなく、逃げる避けるってことね。

仕事は溜まっているんだけど、イマイチ本調子になれない。そんなとき、Blogのリニューアルとかやってしまうからタチが悪いよね。見た目は何にも変わっていないけど、ネットで情報を収集しつつ、最近のエントリとかコメントとかをJavaScript化して再構築の負荷がかからないようにしてみた。まぁ、今さらなんだけどね。エントリーもコメントも1000以上あるし。

そんでもって、Amazonでお買い物。要するに、PCの前に座っていれば仕事している気になるんじゃねーの、ってな感じの単細胞っぷりで、その実原稿は全然進んでいないわけで。CDやDVD、文庫本に漫画の単行本と買い漁っていき、翌日には到着。到着したらしたで、とりあえず目を通さないと…、とどんどん仕事から離れていく。

明日土曜はミッチリ仕事して、日曜は合い間を縫ってフットサルして、月曜からは地獄ですな(って、この時点で先延ばしにしているような…)。

スパム:2007年に合法メールの流通量を上回るとの予測(Japan.internet.com)

 調査会社 IDC の最新レポートによると、スパムの流通量は今年、合法的な Eメールのそれを上回る見通しだという。迷惑メールが爆発的に増え続ければ、Eメールはコミュニケーション手段としての人気を失うと IDC は指摘している。……

あの、うちは既に上回りまくっているんですけど…

Popfile.JPG

上の画面は、3月25日からのメールの統計。スパムが88.72%ってオイ!

んでもって、最近はPOPFileというローカルでスパム学習してメーラーで振り分けるツールを使っている。前はプロバイダーのサービスを使っていたのだけど、やっぱりWebサービスだと使い勝手が悪い。仕事のメールがスパムと誤判定されることも可能性としてはあるので、やはりスパムとなったメールは一度はチェックしておきたいけど、プロバイダーのWebサービスを毎回覗くのも面倒だし、見たとしても動作が遅い! POPFileは前からあるツールだけど、便利に使わせてもらっている。

といった話は置いといて、表題の「iRiver」。ステレオ録音ができるiFP-700やiFP-800シリーズが生産されなくなってしばらく経つけど、何と後継機F700が登場しているんだってさ! 容量も4GBに増え、録音時のレベルメーターも付いているようだ。mixiのiRiverコミュで今日初めて知ったのだけど、買い換えるか、それともEDIROL R-09にするか、今のiFP-800を録音専用にして大容量の再生専用機を買うか…、激しく悩み中。

それにしても、これって直販モデルなの? ヨドバシとかAmazonじゃ買えないんだね。ちなみに、iFP-700やiFP-800などの製品を持っている場合は3000円で下取ってくれるってさ。

週末は少しでも仕事を片付けねば、と考えていたのだけど、遊んじゃった…。至極反省。

土曜はサルをやった後、サル仲間のバンド青のクラウンを観に両国FOURVALLEYへ。元々四谷にあったからFOURVALLEYだったのに、いつの間にか両国へ移転していたみたい。ライブのほうは、ムムっ! なかなかヤルナってな感じで楽しめて、打ち上げ行って、夜中2時ごろタクシーで両国から帰る始末。

で、日曜は駒場の小学校のグラウンドでミニサッカー。2日続けてのサッカー三昧でうれしいやら、疲れるやら。2日連続で両国FOURVALLEYで友人がライブをやっていたのだが、こちらは行かずに仕事に専念(するつもりだった)。

けど、前日に飲み会に誘われたので、結局飲み会に参加。おーい、仕事はぁ? ま、何とかなるさ、ってな感じで、あまり飲めないメンバーの中、1人だけ焼酎をがぶ飲み。自分以外は獣医さんとAHTの方々で、門外漢の自分は浮いてしまうかな、と心配したけど、皆さん優しい方で楽しく飲めた。異なる業界の話も興味深かったし、こうやって見聞を拡げて、新たな仕事に活かしていくのです(ホントか?)。

てなわけで、今週はバリバリやりますぞ!

カート・ヴォネガット・ジュニア氏が亡くなったことを友人のブログで知る。数週間前に転倒による脳の損傷があり、それが原因とのことだ。

慣れ親しみ、著作物を読み漁った作家の一人がまた亡くなったのは哀しいことだ。

自分の年齢が増すとともに影響を受けた著名人が亡くなったという話は自然と多くなるが、誰かが亡くなったことをブログに記することはあまりない。しかし、今回は少し語りたい。

なぜなら、先日実家に戻って父親と話していたときに、少しだけヴォネガットのことを思い出したからだ。酒を飲みながら父は、自分の半生を綴った手記を書きとめていて、その内容の一部を話し出した。なぜ自分は新聞記者を目指したのか、父の中で大事にしているものとは何なのか。

答えは“戦争”にある。父は、まだ少年で戦地に赴くことはなかったが、次は自分が特攻していくのだ、と当たり前のように考えていたようだ。それが終戦を迎え、世の中や考え方が180度変わり、何も信じてはいけないんだ、と心に刻んだことが報道の道へと進ませたのだという。

いや、そんな上記に書くような簡単な内容ではなく、もっと複雑な感情や思いが当時はあったのだろうけど…。

ヴォネガットのシニカルな作風も、氏が戦時中捕虜となっていたドイツのドレスデンで同盟軍の空爆を受けたことが起因となっているとされている。戦争がさまざまな形・角度で人のその後の人生に影響を与えているという意味で、つい先日、父の話を聞きながらヴォネガットのことを思い出していたのである。

まだ戦争を体験している人たちが生きているうちに、いろんな話を聞いてみたい、と正直思う。731隊の衛生兵が人体解剖していたとか、南京大虐殺がアメリカで取り上げられたとか、そんな話ではなく、市民として一兵隊としてどんな感情を持っていたのか、それが戦後どう変わったのか、といった話を。左に傾倒したり、右に阿ったりせず、政治などは関係なく、一個人または社会がどのような状況だったのか、ということを。

ヴォネガットの死に際して、そんなことを考えてしまう夜だった。心からご冥福をお祈りしたい。

ヴォネガットの小説はそんな難しいものではなく、暖かくて優しく、皮肉たっぷりの面白い本なんだけどね。

会社員をやっていた頃、新人で入ってきた女の子がいた。非常に可憐で可愛く、家も近所だったため、その子の上司に頼み込んでカラオケに誘ったり、会社の飲み会後も地元のファミレスで朝まで御茶したりしていたのだが、残念ながら恋愛関係になることは叶わずじまいだった。

月日が経ち、お互いにその会社を辞め、よい近所づきあいを続けていたのだけど、その間に彼女は鍼灸師の免許などを取得し、新たなキャリアを積むべく頑張っている。

てなわけで、そのご近所さんの子が勤めている鍼灸・整骨院にアロマテラピーを受けに行ってきたですよ。えっちなマッサージではないとは言え、旧知の人の前でパンツ(店で用意してくれる短パン)1つで裸になるのは厳しいのではないか、ドキドキしてしまったらどうしよう、などと不安になるものの、施術が始まってしまえばリラックスして非常にいい気分。職業病でもある肩やフットサルでガチガチになった足をじっくりほぐしてもらって、大満足。

お友達でもあるし、彼女にとっても遠慮なく実験できる献体(!?)でもあるので、非常に丁寧にサービスしていただいたです。

こういったアロマオイルを使ったマッサージなどは女性客が多いのかと思いきや、男性の方が若干比率が高いらしい。半ば性風俗まがいでキレイなねーちゃんを揃えたマッサージ店や、手軽にマッサージしてもらえるけどマッサージ師の実力に疑問符が付くような店が増えているけど、それらの店はやっぱり怖い。毎週フットサルしている上に体の硬い自分などは、下手なマッサージを受けると逆に筋肉を傷めてしまいそうだし。その点、この店はしっかりしていそうで安心できる。

さてさて、体が軽くなって店を出て、チャリンコで帰宅しようとすると、UFOクラブの前で眠草のKティーに捕まる。仕事が貯まっていたので今日は眠草のライブを観に行くのは辞めようと思っていたのだけど、録音用のMDウォークマンのACアダプタを忘れたから貸してくれ、などと無理難題を吹っかけてくる。

そこは人柄と優しさには定評のある自分のこと。アロマでイライラも解消されていたことも手伝い、自宅に戻って押入れをゴソゴソ探し回ってSONY製DC 3Vセンター+のACアダプタを見つけ、UFOクラブに舞い戻る。

そんでもってスカルボと眠草を堪能。

うん、ライブはよかったけどね。よかったんだけど、終るの遅すぎだよ。飲みにも行けないし、帰って仕事することもできない。仕方がないので、仕事は今日から頑張る。

八王子でフットサル3時間。長引いていた裏腿痛が改善され、その後の2回のサルは久々だったこともあり体が重かったが、昨日は体も軽く絶好調。

でも、後一歩足を出せれば、後数秒息が続けば、といったプレイが多く、本人的には欲求不満状態。決定機はいくつか迎えるものの、ゴールを決められなかったし、アシストもあまりできなかったし。

サル後は同じ敷地内にある公園で花見。隔週で通っているフットサル場が大規模な公園内にあることは知っていたけど、サル場以外には行ったことがなかったので、広々とした公園にちょっとビックリ。桜の本数も多く、都内ではもう散ってしまってきている桜もまだまだ散り際といった感じで、なかなか風流ではないか!

と言いつつ、酒飲んでガハハ、ギャハハ、と風流もクソもない状態だったけどね。

3時間ほどの花見を終え、八王子駅に戻って友人とその息子とともにラーメンでも食って帰ろう、ということになる。とは言え、八王子のラーメン事情は知らないので、サンドイッチマンのオジサンやキャバクラの呼び込みの兄ちゃんに「この辺に美味いラーメン屋はない?」と聞いて回る。

皆、親切に教えてくれて助かった。お礼(?)に「いやぁ~、今日はガキ連れているからダメだけど、明日遊びに行くよ~」などと呼び込みの兄ちゃんに適当なことを言い、「ありがとー」も忘れずに言ってラーメン屋へ。もちろん、八王子のキャバクラに今日行くはずもないけれど。

帰宅後は、さらに焼酎を煽りつつ、録画しておいたPRIDE 34を観戦。カード的に魅力が薄いなぁ、と思っていたけど、ALL判定なしでサプライズもあり、なかなかの好興行だったんじゃないかなぁ。やっぱ、他の興行とは圧倒的に煽りVTRのクオリティが高く、それが試合の面白さにかなり影響していると確信する。

結局最後まで観て、気付けばソファでそのまま寝てしまい、朝を迎える始末。ちゃんとベッドで寝とけばよかった…。

今週は熊本に行く予定が変わって実家に戻っていた。熊本行きを目論んでいるときに格安チケットなどをネットで漁っていたのだけど、実際安いのね。正規の片道航空券+αくらいで往復の航空券とホテルが付いてくる。制限の多いチケットだけど、ウィークデイでも関係なく動けるので問題ない。

福岡生まれで小さい頃から飛行機は乗りなれているくせに、未だに飛行機が怖くてしょうがない。でも、こんな値段で旅行できちゃうならちょっと遠出の一人旅でもしてみようかなぁ、と妄想は広がる。

長崎とかいいかもね。中学時代に2年半ほど住んだ街なので、懐かしくもあり、新たな発見とかもありそう。四国も行ったことないし、沖縄や奄美諸島、屋久島などでのんびりするのもいいかも。北海道も捨てがたいしなぁ。

などと妄想していても、今週末~来週は書籍の執筆をガシガシやらないと、編プロ&出版元&クライアントの3社に追い込みをかけられかねない。分量が多いと着手する前に萎えちゃうんだよね…。でも、働かないと気ままに一人旅なーんて言っていられないし。

ま、ぼちぼち始めて、ペースアップしていくです。

50年

| コメント(4) | トラックバック(0)

“ひゃく~ねん、ひゃくねん、ひゃくねんたったらかわるのさ”と唄っている人もいるけど、人間はなかなか100年間も生きていられないわけで。

それにしても50年というのは、言い換えれば半世紀。日数に換算すると、えーっと“うるう年”が4年に一度だから単純に365×50じゃなくて、えーっと……、兎に角1万8千日以上なわけですよ。

そんな長い間夫婦でいることを金婚式って言うんだけど、いつまで経っても独り身で、その日暮らしで、甲斐性ナシで、ぐうたらな自分は、その栄誉を授かる可能性はほぼナイと言ってもいいものなんだけど。

前置きが長くなったけど、そんなわけで父母の金婚式を祝いに実家に戻っているわけであります。当初の予定では、兄貴を含めた一家四人で旅行でも、といった話だったのだけれど、直前に母が入院したため、病院でささやかなプレゼントを渡すだけに留まったのだけど。

まぁ考えてみれば、中高生の頃は悪さをして心配をかけ、大学以降は金銭面で心配をかけ、実家にもほとんど帰らず、誕生日や父の日、母の日などはすべてスルーしてきた親不孝者だったわけで。今さら親孝行させてください、なんて虫のいい話なんだけども。

これから少しずつでも恩返ししていかねば、と思う次第なのであります。ハイ。

もう

| コメント(5) | トラックバック(0)

春ですねぇ。いい加減酒抜かないとマズイのではないかと思う今日この頃。

先週は、木曜に渋谷で飲んで、飲み足らなかったので外苑前のバーに行き撃沈。金曜日は何やってたっけ? ま、いずれにしても飲んでいたことは確か…。あ、そうだ、Y氏が家に遊びに来るとの約束だったけど、仕事で来れなくなったので1人で飲んでいたっけ。

で、土曜は近所の居酒屋で飲み会があったので参加。夜中2時まで飲んだ後、何人かが家に来て、そのうち1名はトイレで戻していた状態。ソファに寝かしつけた後、就寝。

日曜はフットサル後に近くの公園で花見。缶ビール3本ほど空けた後、中華料理屋に入って6人で芋焼酎3本を空ける。大酔っ払いで家に帰ると、何故かパンツ一丁でソファで縛睡。流石に寒くて夜中2時に起きるが、風邪引かなくてよかったよ。ご用心、ご用心。

本当に今日は酒を飲まないことを心に誓う。ちょっと私用で明日から実家に戻らなければならず、明日は早朝から新幹線に乗らねばならない。早めに寝て、健康的な生活を心がけるようにしよう! というのが年度始めの誓い。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。