ハシゴしてみる

| コメント(4) | トラックバック(0)

そろそろ原稿書きに勤しまなければならないのだが、どうもアバラ近辺の違和感が気になるので、とりあえず近所の整形外科へ。レントゲンを撮ってもらったけど骨には異常がなく、神経を痛めている可能性はあるとのこと。リハビリ室でマイクロ波を充ててもらい、湿布薬をもらう。

ま、一応は心電図とかとってもらったほうがいいんじゃないの、ということになり、午後からは循環器科も兼ね備えている内科の病院へ。

こちらでまたレントゲンを撮ってもらい、内臓の状態を診て、心電図をとって、超音波で心臓の状態を診てもらう。心電図や心臓自体の動きに問題はないが、数年前に健康診断で指摘されたように心臓がやや大きめであるとのこと。

また、多少の変形があるとのことで肺を圧迫している可能性もあるらしいし、煙草で肺がやられている可能性もある、と怖いことを言う。血圧が若干高めであるので、血圧を下げる薬を処方してもらい、念のためにCTなどをとってもらうために大学病院の紹介状を書いてもらう。

処方箋薬局のお兄さんとも話したのだけど、この病院の先生は非常に慎重な方なのだそうだ。要は、異常はないけど、念のために見てもらったほうがいいのでは、といった感じとポジティブに捉えているのだけど、どうなんだろうねぇ。喫煙と心臓に過大に反応されてしまった、という印象が拭えない。心臓がでかいのは前から知っていたしなぁ。

大学病院へ紹介するってときも、「紹介しようと思っていますが、どうします?」って感じだったし。ま、区民検診よりも金かかるけど、この際ちゃんと診てもらったほうが安心できるしね。

明日は、午後一で取材なので、明後日あたりに大学病院に行ってみようと思うです。

でも、本日の医療費7,470円+薬代1,050円。3割負担だから、ちょっとアバラが痛くて診てもらうだけで2万5,000円近くの医療費が発生したことになるんだ。正直、高いと思うです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nomoto.info/mt-tb.cgi/3392

コメント(4)

高いかもしれないけど、健康はお金に換えられないです。この際だからみてもらってください~。

災難ですねぇ。
でも、癌とか(←父がやった)結核とか(←いま父が隔離されている)じゃなくて良かったんでないの?(w

お医者さんは慎重な人の方がいいですよ。

異常が見つからないと、たかいと感じるのはしゃーないねぇ。
あったらあったで、いろいろと大変だし。
でも、今回の結果も将来役立つかもよ。
あの時は大丈夫だったのに…って。
西で異常がなかったら、東洋医学しかないな。

> 名無しさん
ありがとー。しっかり検査してもらうです。

> おキヌちゃん さん
ま、大雑把な人よりは遥かにいいんだろうけどね。ボソボソ話す人なので、余計不安が煽られるって言うか…。
連投は削除しましたよー。脆弱なサーバーをつかっているので、投稿ボタンを押した後、時間がかかってしまいます。

> あさん
まーねー。俺の老後のためにも東の勉強しっかり頼むです!

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このブログ記事について

このページは、が2007年2月13日 16:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今さら気付く。」です。

次のブログ記事は「心配性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。