2006年11月アーカイブ

いやぁ、月末は相変わらず仕事が立て込んで大変ですな! って言いつつ引越しのことばかり考えて手をつけられない俺。

おいしそうな新規の仕事がWeb経由で来ても、「12月中旬に移転があるので難しいです」と断ってしまう俺。

で、締め切りも近いのに東急ハンズやヨドバシにお買い物の下見に行く俺。カーテンとか、家電とか…。

ついでに通販サイトでソファカバーなんか買ってしまう俺。

いい加減にせんといかんですな。はい。

とっとと仕事終らせて、明日明後日に引越し業者の見積もりを受け、後はまた引越しのことに没頭するです。

其の壱はこちら其の弐はこちら

さてさて、昼過ぎに銀行に行って敷金・礼金その他諸々を振り込み、不動産屋へと向かう。来年1月からはATMからの振り込み金額が制限されるのね。次回引っ越すときには窓口とかで振り込まないといかんのか。

契約はすぐ済むかと思いきや、20年の定期借地契約となっているためか、署名する書類とかが多く、結構時間がかかった。しかもカーボンコピー仕様となっていないので、何度現住所と名前を書いたことか…。

しかし、あれだね。個人情報保護法とか、いろいろで、不動産屋さんの対応も大きく変わってきたね。自分が行った不動産屋さんは、逐一いろんな説明を丁寧にやって確認を取ってから署名させるようにしているようだ。大切なことだけど、大変そうだ。

でも、そのお陰で自転車を置く場所について交渉してもらったり、電気のアンペアやCATV契約についても了解を取ることができた。勢いでココまできた引越しの顛末だが、いろいろと細かくチェックしておかんといかんね。

契約開始まで後13日、引越し予定日まで後23日。その間仕事も(遊びも)あるし、頑張らんといかんです。

土曜日は、サルやって飲んだくれて、結局代田橋まで遠征して撃沈。Kさん、Mさん、遅くまでお付き合いありがとうございました。

で、案の定日曜日は使い物にならない状態になり、家でウダウダ。夜になって酒が抜けたら仕事でもすっか! と思っていたら、当日にもかかわらずLiveの告知メールが届く。もっと早く連絡してくださいな。

で、MANDALA-2に「LANDSCAPE祭り」?(ポエティックランドスケープ、エレクトロヘアー、エコエコサイクルズ、山際英樹+ランドスケープ、宍戸幸司+ランドスケープ)を観に行く。5バンド中4バンドのドラムが「かに3さん」という「かに3さん祭り」となっていたけど。

ま、5バンド出て飽きずに最後まで観られたのは、流石というべきか。で、打ち上げたのだけど、まだまだ二日酔い状態だったのでセーブして飲んでいたら、ぜんぜん酔っ払わずに、こんな時間になっても眠れない…。

仕事すっかなぁ、やめとくかなぁ。

新名刺

| コメント(2) | トラックバック(0)

昨日の取材はココでした。

omori.jpg

う~ん、なんとなく「取材はココでした」ってのをシリーズ化してもいいかな、と思う。もちろん、取材先名は明かせないので場所が特定しづらい写真を撮ったときに限るけど(東京タワーはバレバレだったけどね)。

引っ越すとなると、新しい名刺が必要になるか、と思い立ち、オンラインでいつも名刺を作っているVistaPrintで名刺を作る。海外で印刷しているため、注文してから最速で2週間かかるが、値段も手ごろでフルカラーのキレイな名刺になるので気に入っているところだ。自分はやっていないけど、データ入稿して作成することもでき、名刺以外にもPOPや案内状なども作れる。

で、完成した名刺はコレ。届くのはまだ先だけど。

meishi1.JPG

下は今使っている名刺で、このデザインも気に入っていたのだけど、デザイン変えたほうが紛らわしくないかな、と思って別のデザインにしておいたのだ。

meishi2.JPG

名刺で憶えていてもらうことも多いと思うので、やっぱ少しは目立つものにしないとね。

引越しがほぼ確定したので、電話移転手続きとADSL移転手続きをサッサとやってしまう。まだ契約したわけではないうちから、手続きを取るのもいかがなものかとは思う。しかし、接続回線が使えない状態が続くと死活問題となってしまうため、やむを得ず現段階から動き出すしかない。ある意味、水道やガスよりもライフラインとしての重要性は高いかもしれない。

昨日の午前中はそれらの電話で疲れ果ててしまった。それに加え、一斉に各引越し業者に見積もりを出すネットサービスを利用したら、朝から電話がガンガンかかってくる。大体の荷物の概要は出しているのに、仮見積り金額も出してこない業者が多いのにビックリ。とにかく無料見積もりをさせろ、との連絡ばかりで話にならん。一斉に10社くらい同時刻に呼び寄せてコンペでも開こうかと思ったが、バカらしいのでやめた。

とりあえず、大手2社と非常に安い仮見積りを出してきた1社を選び、見積もりに来てもらうことにした。さてさて、どうなることやら。

昼は、会社を抜け出して飯でも喰おうという友人と地元の駅前で待ち合わせ。駅近くのパスタ屋で1時間ほど喋る。こういった美味しい店などともお別れで、これからまた新しい店を探さなければならないのは、悲しいような、楽しみなような。

しかし、遅めの朝食を摂っていた自分は、食欲がないので何となく昼ビールを頼んでしまう。で、話が盛り上がったのでもう1杯。そんでもって、友人と別れて家に帰って芋焼酎をロックでゴクゴク。うーん、完全にダメ人間じゃん。酔っ払って眠くなったのでベッドに潜り込むものの、引越し業者からの電話が来て眠れない…。

お陰さまで、今日はこれから2本原稿を書かねばならん。しかし、あれやったっけ? これやったっけ? と引越しに向けての考えがワサワサと湧いてきて、仕事にならん。実際、もう少し先にならんと何も手を着けられないんだけどね。

其の壱はこちらから

今日、不動産屋から電話があり、審査に通ったとのこと。フリーランスになってから初めての転居であるため、ちょっとだけ審査が心配だったけど、よかったよかった。

いよいよ、来月半ばには引越しをせねばならなくなるのだが、やることは山積み。各種移転手続きに加え、ネット環境をいかに間を開けずに移転させるかや、引越し業者や不用品回収業者の選定などなど、いろんなことが必要となってくる。

お金もかかるなぁ。敷金礼金、二重契約中の家賃、引越し代、不用品処分費などなど。5年の間に引退してしまったパソコンなどは、業者にこれを機に引き取ってもらわないとね。新たな生活をスタートするために、買い換えておきたい家具や家電もある。

でもって、まだまだ使えそうな不用品を引き取ってくれる人を募集! 条件は取りに来てくれることで、お代は要りません。希望者は、コメント欄に希望を書くか、メールをください。私のメールがわからない人は、「http://nomoto.info/mail.htm」から連絡してください。

オークションは面倒だけど、mixiの中野コミュの譲りますスレには書くつもりなので、お早めにどうぞ!

【石油ファンヒーター1】HITACHI OVF-H30AD Sfanheater2.jpg

小さいタイプの石油ファンヒーターで、6畳程度ならコレで十分だと思います。灯油タンクの上蓋が多少壊れていますが、使用に問題はありません。希望者には、灯油用のポリタンク(18L)2個もあります。

【石油ファンヒーター2】CORONA FH-iX465BYfanheater1.jpg

昨年買ったばかりの大きいほうのファンヒーター。マイナスイオン専用発生装置を搭載というのがウリのようです。希望者には、灯油用のポリタンク(18L)2個もあります。

【レモン色のパイプ椅子2脚】Pipechair.jpg

ま、見たまんまのパイプ椅子です。買ってほとんど使ってないし、何で買ったのかもイマイチ不明。

【折りたたみテーブル】システムフォールディングテーブル

キャンプ用品CAPTAIN STAGのアウトドアテーブルです。キャリーバッグ付きですが、キャリーバッグを紛失している可能性もあり。もし見つかったら、引渡し時に一緒にお渡しします。

以上、ヨロシク。

一橋学園でサルする。非常に狭く、タッチラインがなく、低い壁に囲まれたコートという特殊な環境で、最初はとまどったが、これはこれで面白い。ようは、25mの小さい室内プールをそのままフットサル場にしたといった感じ。屋根もあったので、雨でも大丈夫なのは助かった。

帰りに地元の駅に寄ってコインロッカーに荷物を預け、新宿(というより大久保)のClub Doctorに向かう。melt企画のライブを見るためだ。

meltは、今までのイメージとちょっと変わって安定感があり、いいバンドになってきたと思った(前回対バンしたときに気づけよ)。個人的には物足らない部分もあったけど、そんなのは個人的見解で趣味の範囲内だ。もっとまとまってくれば、もっともっといいバンドになりそうな予感。

その後に出てきたboogiecitrusは、ドラマーが入ったこともあり、前回観たときに比べて非常にいい感じ。心地よく聴くことができたが、やろうとしていることが高いレベルにありそうなので今後の展開を楽しみにしたい。

などと、偉そうなことを書けるような人ではなく、単なる酔っ払いオヤジである自分は、当然のことながら打ち上げに乱入。2~3時間ほど、鍋をつつきながら酒をくらい、boogiecitrusのお二人とともにタクシーで帰宅。

するはずだったが、最寄り駅のコインロッカーに荷物を預けていたのを思い出す。慌ててタクシーの運ちゃんに「やっぱり駅にしてください!」とお願いして荷物を取りに行く。

で、歩いて帰ればいいのに、結局一人でもう一軒飲みに行って3時過ぎまで…。今週はあまり飲まないようにしよう! と実現不確実な目標を立てておこう。

某編集部の面々と飲み会。その内の2名が住んでいるため、浅草で何か美味いもんでも食おうということになり、ちゃんこ屋に行く。

2軒目は居酒屋で飲み、いろんな話に花が咲く。と、いつの間にか女性編集者と右とか左とかの話で闘論状態に。あまり絡み酒になることは少ないのだけど、何故かトークが白熱してしまう。

とは言え、かなりの酩酊状態に入ってきていたため、まともな論旨で話すことができない。単に負けず嫌いな感情だけが先走り、ああ言われたらこう言うといったことの繰り返し。むー、正直すまんかった。

夜も更けてきて、帰るのもかったるかったので浅草在住の編集者(もちろん男性)宅に泊めてもらうことにする。そこで軽く一杯缶ビールなどを飲んでいたのだが、彼がこの先やるという事業のことで、またまた闘論状態に。いや、本当に絡み酒になることは少ないのだけどねぇ。

彼にとっては余計なお世話だし、何言ってんだこのオッサン? という感じだったと思う。でも、またもや単に負けず嫌いな感情だけが先走り、ああ言われたらこう言うといったことの繰り返し。むー、正直すまんかった。

そんなわけで、ちょっと酒癖が悪かった昨夜の自分を反省する次第。ま、これに懲りずにまた飲んでやってくださいな。

今日の取材先はココ!

hashira.jpg


あーアップ過ぎでわからんか。ココです!

Ttower.jpg

そういや、明日はリリー・フランキーの同名小説のドラマやるよね。

そんなことより、取材中に編集者から酒臭いと耳打ちされる俺…………………。

そりゃそうだ。翌日14時から取材なのに、4時まで飲んでたもん…………………。

昨夜は、家で芋焼酎などをチビチビとやっていたのだが、毎週のフットサル疲れから足がだるいなぁ、と思い、急遽思い立ってマッサージ(エッチじゃない方ね)に行くことにした。前に、知り合いの営業マンから“飲んでもう一軒行きたくなったら、マッサージに行くと飲まずに帰る気になるよ”と教えてもらったこともあったし、飲みすぎ防止にもいいと思ったのだ。

駅前のマッサージ屋に行き、髭面の力の強いお兄さんにいいように弄ばれ(?)、まるでマッサージではなく整体のような感じで体をバキバキにされた。しかし、施術後は体もスッキリしていい気分。

家に帰って寝よう、となるはずなのだが、何故か飲みに行くか! という気運が高まってしまい、最近よく行っているバーに行く。一杯だけ、と思いきや、バーテンダーや他のお客さんとの会話も盛り上がり、気付けば4時…………。

調子乗りすぎてるね。といいつつ、今夜は浅草で某編集部の面々と飲み会だぁ!!

自分は左足に障害を持っている。よくこの話はするので、知っている方も多いとは思うし、このブログでもそのようなニュアンスの話は何度もしてきたのけれども。

今は元気にフットサルなどをバカみたいに週一でやっているので、特に問題はない。今の状態を感謝せねばならない、と思い、ここに書いてみることにした。

1年くらい前に行った整形外科医の話によると、左足が右足より4cmも長くなっているそうだ。右足の靴底に最低2cmはソールを入れた方がいい、と指摘されたが、いくつかの靴にはソールを入れてみても、全部の靴に入れることはしていない。

本当はダメなんだろうけど、フットサル用のシューズに入れると違和感からプレイが思うようにいかないことがある。そのため、2足あるサル用シューズにも入れていない。もちろん、入れていなくても思うようなプレイはできないのだが。

余談だが、“プレー”と書くと楽しげで、“プレイ”と書くとちゃんとしているか、イヤラシイかのどちらかに見えるのは、俺だけ?

なぜ、そのようなことになったのかは、幼稚園のころに遡る。近所の母子が道路を横断したのを追いかけて、左右も見ずに飛び出してしまい、交通事故にあったのだ。ちなみに、“左右も見ずに飛び出してしまう”のは、道路に限らず、自分の人生でよくある現象となっている。

撥ねられた記憶は、あるようなないような感じで、その後の記憶も後から家族に聞かされて憶えているだけかもしれない。撥ねた人に責任はなく、いきなり子供(自分)が飛び出してきたのだから、避けようがない。すぐに自分の車に抱えて乗り込ませ、病院へ連れて行ってもらったようだ。

車に乗ってからは痛みは感じておらず、撥ねられた自分の左足を見ながら「あ! 穴が開いとー!(福岡弁)」とか、「なして救急車に乗れんとね? 乗りたかったとに!(もちろん福岡弁)」とか暢気なことを行っていたらしい。一種のショック状態だったのだろう。このような暢気(かつ意味不明)な発言は、今でもたまに行うこともあるが。

病院に担ぎ込まれてからは、次第に痛くなってきたようで、自分は大声で泣き喚いていたようだ。しかし、連絡を受けて駆けつけた父親が「泣くなぁ!」と一喝すると、ピタリと泣き止んだという。その当時の自分にとって、父親は恐怖の大魔王に匹敵する存在で、痛みよりも恐怖のほうが先に立ったのであろう。と言うより、息子が交通事故に遭ったのを目の前にして、「泣くなぁ!」って言うか??

かくして、ギブスをはめて人生で唯一の入院生活(これから先にあるかもしれないけど)が始まったのである。

(其の弐に続く)

って、こんな感じで引っ張る話ばかりしていいんかな。はい、「急転直下中野脱出」と「足について」の2本立てでお送りしております!

前々から賃貸サイトの図面を見るのが大好きで、仕事に詰まったときに限ってボケーっと間取り図なんかを見たりしてニヤニヤしていた俺。

今の住居は相当気に入っていて、引っ越す必要性はまったく感じていなかったのだけど、もう少しくらい家賃が安くてもいいかな、くらいは考えていた。でもって、去年の夏あたりにも西荻の物件を見に行って、不動産屋のお姉さんに心を奪われたり、からかい半分で不動産屋を訪ねたりしている。

要は、いい物件があったら引っ越しても構いませんわよ! といった次第で、積極的に引っ越す気はまったくなかったのだが…。

遂に、ビンゴ!! となる物件を発見。現在の家賃より3万1000円も安く、10年も築年数が若く、専有面積が2㎡広い物件。しかも、今の所から歩いて1Km(goo地図調べ)しか離れておらず、駅は変わるものの2分も駅に近い! こりゃ、引っ越さないと損ですぜ! 奥さん!!

heyagaiyo.jpgこんな感じだけど、ぼかしているので、よくわからんか。

独立洗面台にシャンプードレッサー付きで朝シャンも思いのまま(しないけど)。オマケに、憧れの3ツ口ガスレンジ。浴室乾燥機に追焚き風呂。駅近なのに閑静な住宅街で商店街も近く、便利そうだ。

おまけに、現在の部屋を出なかった理由の1つに“更新がない”というものがあったのだが、この部屋も更新がないとのこと。家賃も上がらず、2年ごとに1か月分払わなくてすむのは大きい。

何か、2階~3階が大家の2世帯住宅で、1階に祖父母が住んでいたのが(何らかの理由で)いなくなったものらしい。玄関とか、風呂場とか、台所の要所要所に手摺りが着いているのは、フットサルでバキバキになった体にはいいかもしれない。

でも、東中野~中野に18年近く住み続け、「その辺の中高生には負けてへんわい!」などと言えなくなるなぁ、とか、オリジンが近くにないなぁ、とか、ジーンズメイト24時間営業でもあまりうれしくないなぁ、とか、スカパーどうなるかなぁ、とか、ケーブルってこの地域あるっけ? とか、いろいろ考えてしまう。

本日、16時から内覧に行って、周辺をぐるっと廻って17時半には家に戻り、悩んだ末に18時過ぎに不動産屋へ行って、結局申し込んでしまった。

さらば! 我が中野!! 1ヵ月後には俺は杉並区民だ!! と言っても、これから審査があるんだけどね。貧乏ど腐れフリーランスライターに許可が下りるかは予断を許さない。面接とかないから、強面でも大丈夫だろうど。

(其の弐に続く)

日曜は16時からフットサル。人数が不安だったが、ゲストチームも現れてくれたため、調子に乗って1時間延長する。サル場のスタンプが貯まっていたので1時間無料となり、当日延長分は半額となるので、3時間やっても割りとリーズナブルな金額だった。よかった、よかった。

それにしても、いきなり寒くなったため、さすがに半袖+ハーフパンツはつらい! 8階分くらいに相当する倉庫の屋上であるため、風も強く冷たく吹いてくる。

お陰で、最初の1時間はほとんど動けず、凡プレー/珍プレーを連発。オマケに日曜朝6時まで飲んでいたので、アルコールもしっかり残っている状態。翌日サルなんだから、もっとおとなしい飲み方してればいいのにね。

帰りは友人の車で送ってもらいがてら、皆でファミレスに寄ってお食事。サルですっかり体も温まり、汗でアルコールも抜けたため、ここでもワインをがぶ飲みする。うらやましそうに見つめる運転手を尻目に、1.5Lで1,060円という爆安ワインを3人で飲んで幸せ気分。

そうなるともっと飲みたくなるのが常なのだが、さすがに誰も相手にしてくれず、大人しく家に帰る。自宅に戻ったら、やはり疲れきっていたのか、酒を飲む気にもなれず、ベッドに直行して爆酔する。

サルもやりたいけど、酒も飲みたい…。飲みながらサルすることはしないだろうけど…。

サル仲間を呼び出し、地元で飲む。「もっとサルについて話したいことがある」などと体のいい誘い文句で会社帰りに途中下車してもらったのだが、その実こちらは飲みたかっただけだったりするのだけれども。

まずまず話は盛り上がり、4時間ほど寿司(といっても握りは一切頼まず、刺身ばかりだったが)をつまみながら飲む。サルだけの話に終らず、いろんな方面で強力タッグを組むことでまとまり、駅までサル仲間を送り出す。

何せ、彼は次の日も仕事があるのだ。そんな人を終電逃す時間帯まで飲ますわけにはいかない。うん、俺もオトナになったもんだ。

しかし、サル仲間と別れた後、何となく飲み足らない気分は残る。とは言え、迷惑なんちゃら法施行以降も一向に減ることのない呼び込みに誘われてキャバクラにいく気も起きず、古くからの友人で近所に住んでいる人に電話をかけてみたりする。最早、深夜1時前だというのに、迷惑な話だ。

結局、その友人に断られ、「じゃぁ、どうっすっかなぁ」と一人バー巡りを敢行。バーを見つけては、ふらっと入って1杯飲んで、というのを4軒ほど廻ってみる。

いやいや、なかなか居心地のよいバーってないんだなぁ、と痛感。接客業としての基本がなってねーよ、などと勝手なことを思いつつ、帰宅して撃沈する。

なかなかカッコイイ大人にはなれないもんだね。

いかん、ブログ更新をサボっていた。ある意味、生存確認の場として利用しているのに。

それでも、「生きてるか~!」とか友人から連絡が来ないということは、俺が生きよていようが死んでいようが、皆さんあまり興味がない、ということだな。ああ、そうですか、そうですよ。

今は広告物の直しとか、残っている仕事とかをチマチマとやっているのだが、比較的手が空いているときほどブログを書かない、という傾向にあるようだ。ま、仕事じゃなきゃパソコンがある場所以外にいるもんね。テレビの前とか、ベッドの上とか、飲み屋のカウンターでぶっ倒れているとか…。

そんな中、今さらながら『笑の大学』という映画を観る。昭和15年頃の劇作家と検閲官の喜劇なのだが、広告の直しをやっている身分にとってはツボにはまるシーンが非常に多かった。

〔送料無料キャンペーン中〕笑の大学 スペシャル・エディション-DVD-

「蕎麦」では弱いので「寿司」に戻していただきたい!私は作家ではありません、それはあなたの仕事だそれはそちらの都合でしょう、私の知ったことではない!なんだ、これなら「お肉のため」のほうがよかった!

などなど…。

昔から、英文マニュアルのローカライズ、編集者としての広告記事、ライターとしての広告記事に携わってきた者としては、似たような“ご無体なお言葉”を何度頂戴したことか…。

でも、ライターとして劇作家(稲垣吾郎)の立場だけで考えるのではなく、検閲官(役所広治)の立場で考えると、そんな“ご無体な”人間であるときも確かにあるなぁ、と思う節もあり、ちょっと反省したりもする。

「だったらお前が書けよ!」とは、口が裂けても言えません!

土曜日は、八王子でサル。八王子でいつもやっているチームは、3チームに分けて対抗戦をやるという試みを始めているが、その日はちょうど開幕戦。練習やその他のゲームも含めて4時間という長丁場はちと厳しかったが、対抗戦のほうは4戦やって2勝1敗1分けで、まずまずの滑り出し。

palstar.jpg※ 一応、プライバシー保護でボカシは入れておく。

でもやっぱ、あれね。最初2勝して後が1敗1分っていうのは、明らかに体力が続かなかった結果のように思う。

対抗戦になると、1つのゴールはもちろん、1つのプレイにも一喜一憂できたし、集中できたし、声もみんな出ていたように感じるけど、自分的にはちょっと意地になりすぎた場面があったので反省。汚いプレイっていうか、性格の悪さが滲み出たというか…。

サル後は、合宿と称して『ふろッぴィ』なる健康ランドにみんなで行く。風呂入って、飯食って、飲んで、飲んで、カラオケして飲んで、夜は更けていく。

結局、自分は“寝たら何か楽しいことがあったり、美味しいものが出てくる”と考えてしまう子供のように、ギリギリまで起きて雑談。仮眠室には行かずに、ロビーのソファで2時間ほどしか寝れなかった。アホだな…、風呂も1回しか入らなかったし。

floppy1.jpgfloppy2.jpgなんだか、同じ柄の甚平を着るのって、恥ずかしいような、楽しいような…

途中、母親が風呂から上がってくるのを待っている子供に遭遇。「じゃぁ、ここに座ってオジサンと話そう」と隣に座らせるが、少し経って女性陣が「こっちに座る?」と話しかけるとサッサと女性の間に座りやがった。ふん! エロガキが! とムカつくが、おそらく彼は、(気の弱い)俺よりもモテモテの人生を歩むのだろう。

ヘトヘトになって中野に戻ると、サンプラザの前にでっかいシーサーが出現していて笑ってしまった。

sea.jpg

帰宅後は4時間くらい寝て、16時からPRIDE武士道をPPVで観戦。試合数が多く、判定決着が多かったので正直疲れた。

来週は、ゆるりとした受注状況なので、チョコチョコ仕事しながら部屋とか片そう。

見たこともない毛ですから、見たこともない、花が咲くでしょう!…………、って咲くわけねーだろっ!

kekeke.jpg↓↓↓↓↓kekeke2.jpg

先日、洗面所の鏡で額を見ていたら、オデコに長い白髪を発見! (薄っすらとしか見えないけど親指と人差し指でつまんでいるでしょ?)

いつの間に生えていたのだろうか? 黒髪ならともかく、白髪なのでまったく気付かなかった。

しかし、なぜオデコに?? 昔はここまで毛があったという名残かと思ったのだが、それにしては下過ぎるっ!! 生まれてから、さすがに眉上2cmのところに髪の毛があったことはないと思う。

抜いてしまえぇぇぇぇぇ! と思ったが、何だか怖くてそのままにしている小心者の俺。抜いたらそのまま脳みその一部が出てきて、大切な思い出がなくなってしまうとかなのか?

しばらく、このままにしておこうっと。

それにしても、ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ、って書くと、段々右下がりに小さくなっているように見えるね。初めて気がついた。

チョット前の腸炎の際に3~4Kg体重が落ち、その後2Kgくらい戻ったのだが、ついでに減量してみようと思い立った。

とは言え、ガマンや無理を強いるダイエットなど続くわけもないので、やったことは「気がついたら体幹(腹筋・背筋)を鍛える」ということと、「夕食は炭水化物を摂らない」の2つだけ。

結果、全盛期よりも確実に3Kg以上は落とすことができている。もうチョット頑張れば、PRIDEライト級王者の五味隆典に挑戦する権利を得られるのだが…。

それにしても、夏の間はずっとサンダル&短パン&Tシャツで過ごしてきたけど、秋~冬はいろんなものを着ることができるのでウレシイね。服も買いたくなってくるし。

とは言え、先日通販で買った革のハーフコートが気に入ってしまって、Tシャツの上に羽織って汗をかきながら歩いているのは、いかがなものかと…。まだ早いっつーのに!

RRR氏と21時に待ち合わせて飲むことに。会社の同僚の人が見たがっていたDVDを自分が持っているので、その受け渡しをしようということになったのだ。

前日の酔いが残っている状態なのに、黒豚と焼酎がウリの店で飲み続ける。終電まで少し時間があったので、2軒目はバーに立ち寄り、今後はバーボン。前日の反省などなかったことのようにチャンポンで飲むのはいかがなものか…。

RRR氏は終電が迫ったために帰宅したが、同じく友人が帰ってしまった女性、サラリーマン3人組の計5人で何故か異様な盛り上がりとなり、初対面であるにもかかわらず、皆でカラオケに行くことになった。

で、結局朝まで飲むことに…。ちょっと今日辺りは酒を抜かんとまずいですな。

貯まった仕事も週末前までに片付けないとマズイので、頑張る。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、2006年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。