2005年9月アーカイブ

この2~3日で急に秋めいてきた気がする。涼しくなってきたし。

秋だから、と言うわけではないのだけど、読書に勤しむ毎日。昨日から今日未明にかけては、真保裕一の「発火点」と横山秀夫の「半落ち」を一気に読んだ。「本を読もう」と思っても、新たに買った新刊文庫本ばかり読んでいるので、本棚の肥やしは減らない。

両作とも、物語に引き込まれ、一気に読まないと気がすまなくなるタイプの作品(ラストはちょっと「んん?」って感じだったけど)。真保裕一は、自分の中で安心して読める作家の1人で、ハズレがない人。唯一ハズしたのは、エッセイであることを知らずに購入してしまった作品のみ。「半落ち」は映画でも話題になったけど、映画は観ていなかった。主人公を寺尾聰が演じていたというのは知っていたので、読みながら寺尾聰の顔がチラついたら嫌だな、と思っていたが、素直に自分のイメージで読めた。

しかし、一気に読んでしまうクセはどうにかしないと…。読み始めると、昼夜も構わず、締め切りも無視して読みふけってしまうので、必然的に生活に影響が出てきてしまう。通勤を利用してちょっとづつ本を読んでいる人もいるのだろうけど、自分には無理。ゲームだろうが、本だろうが、始めたら猪突猛進。自分を律するなんてできない性格はヤバイ。

とりあえず、ほかの本には手を出さず、週明けまでに原稿2本上げることにする。

3連休は1本仕事をやるつもりだったけど、そんな余裕もないほど遊び呆けてしまった。というか、呑んでばっかり…。

土曜は、meltのライブを観に行く…、前から呑み始める。O氏と待ち合わせて17時から会場のClub Doctorの上にある焼き鳥屋で乾杯。十分に出来上がってしまってから、ライブを堪能。ライブハウスでも3杯くらい呑んでから、打ち上げに参加し、夜中1時過ぎまでビールをがぶ飲みしていた。

肝心のライブの方は、楽しく観させてもらった。御本人達は納得がいかなかったようだけど、いい感じで楽しめたし、客として不満はない。対バンもなかなか面白いバンドが揃っていたし。

帰宅後はベッドに直行。翌朝(というか11時ごろ)起き出してすぐに支度し、二子玉川でフットサル。予想したほど雨も降らなかったのだけど、二日酔いでテンションがた落ち。終る頃に酒が抜けてきたなぁ、と思ったら、16時半から延々と飲み会。ウーロンハイから始まり、いつの間にか焼酎をボトルで頼み、いつの間にかテンションも上がってくる。

二子玉川で解散か、と思いきや、初参加の人達の馴染みの店が渋谷にあるということで、今度はバーボンをがぶ飲み。結局何時まで呑んでいたのか覚えていないけど、フラフラになりながらタクシーで帰宅。家の前の街路樹に向かって、1~2度胃液を吐き続ける。

そして今日は、昼からDaffodilのリハ。…、のはずが1時間の遅刻をかましてしまう。10時ごろに起き、準備などしながら「あ、もう11時だ。そろそろ出かけないとな」と思った後になぜかソファで寝てしまった。気付けば練習が始まっている時間。慌てて電話して謝って、スタジオに駆けつける。

15時にDaffodilのリハが終ったら、いったん帰宅して、19時から別のバンドでスタジオ入り(12月にライブをやるのだけど、詳細はまた今度)。まだ覚えていない曲ばかりで、四苦八苦しながら何とかついて行く(ついて行けなかったけど)。

で、帰りに居酒屋に寄るものの、さすがに体が酒を受け付けない。一杯だけ「柚子ハチミツハイ」なるものを呑んだ後は、トマトジュースとかウーロン茶を飲む。もう体も悲鳴を上げているんだろうなぁ。

この3日間で呑んだ人達の日記とかにもコメントを残しておきたいのだけど、今日はもう無理。とりあえず寝よう。

仕事?? 明日から頑張る(常套句)。

カンファレンス取材で朝から表参道へ。基調講演から最後の講演まで、9つのセミナーをまとめる記事を書かなければならない。しかし、そのほとんどが同じ時間帯に行われているセミナーであるため、途中2~3時間、空き時間ができてしまう。

仕方がないので、久々に青山ブックセンターに行ってみる。時間を潰して文庫本3冊を購入。また読まないで書棚の肥やしになったらどうしよう。

セミナー後は、某編集部の集まりに誘っていただいていたので、秋葉原の焼肉店へ。編集/営業/制作の方々が集まっており、焼肉を突付きつつ、いろんな話で盛り上がる。

「朱雀門」というテーブル席が4つ程度の狭い焼肉店なのだが、2000円で食べ放題という激安店で、割と有名なところらしい。タン塩の厚さでも有名で、ぶ厚く切ったタン塩がどーんと最初に登場する。昨今の牛肉不足で、タン塩の御代りはできないとのことだが、ひたすら肉を食って大満足。21時ごろになっても予約客で一杯という状態だった。

tongue.jpgこんな厚切りのタン塩は初めて!

焼肉後は、帰りたがる皆様をお引止めし、2次会へ。終電近くまでアレコレ話をする。初対面でも、けっこう周りの知り合いに共通の人が多く、改めて狭い業界なんだなぁと実感。営業の人が、雑誌社時代の自分の上司の上司だったりね。

タモリのジャポニカロゴス』という番組を見ていた。

一応、「日本語」で商売している身なんだけどねぇ。番組前半で出されたクイズ形式の問題には、ほとんど答えられなかったよ。記事を書くとき(Blogは別物!)には、正しい日本語でわかりやすく書くように心がけているけど、まだまだですな。

そんな中、笑ったのが、「日本語には一人称が多い」という話の中で「乃翁」という言葉が出てきたとき。「だいおう」と読んで、老年の男性が使う一人称らしい。思わず、die-OというHNの友人を思い出す。ま、彼は自分で「die-Oはね、…」とは言わないけど。

こういった日本語バラエティ番組や、正しい(または美しい)日本語を紹介した書籍などは、ここ数年増えてきているみたいだね。そういえば、齋藤孝氏の「理想の国語教科書」という本を買っているのだけど、いつものように読まずに書棚の肥やしに…。

理想の国語教科書

あ、前にこのBlogにも書いたけど、大量に借りたスペイン内戦関連の本もまったく読んでないや。今年は、読書の秋にしようかな。

たぶん、有言不実行。

土曜は飲み会で、やはり調子に乗って4時過ぎまで呑み、締めにラーメン食って5時過ぎにやっと就寝。

3時間半ほどしか睡眠をとれずに、起きて支度をしたらすぐに新宿へ。祭りで御輿を担ぐのだ。

もっと小さい祭りを想像していたのだけど、新宿の6つの商店会がそれぞれ御輿を出して新宿中を練り歩くという、大規模な祭りだった。自分の参加した御輿は、新宿のマイシティ前から靖国通りに出て、大ガード下をくぐり、新宿駅西口で昼休憩。今度は西口から甲州街道を通って南口前から大塚家具へと下っていき、紀伊国屋書店前からALTA前に移動し、6基の御輿が大集合。いったん、解散式を行って、後はそれぞれの商店会の中をぐるぐると夕方5時過ぎまで回って終了。

担ぎ手は結構な人数がいたのでよかったけど、ちょっと張り切りすぎて、今日は肩が腫れ上がっている。まぁでも、1年に一度くらいこんなイベントがあってもいいかな。新宿に縁も所縁もない自分が半被着て歩いているのも不思議な感覚だったけど。来年は、熊野神社に収められている今回の2倍以上の御輿が登場するらしい。ちょっと楽しみ。

帰りに友人とささやかな打ち上げを行い、疲労感とほろ酔い気分で地元に戻ると、御輿が出ていた。昨日はあちらこちらで祭りがあったみたいだね。

家に帰ったらそのままベッドに直行し、さっきまで爆睡。やっと起きれたよ。

3日経っても発疹と痒みが止まらない。ちゃんとネットで調べてみると、以前に大人にきびでお世話になったおじいちゃん先生の皮膚科が土曜の午後も開いているとのこと。早速行ってみる。

以前もそうだったけど、ここのおじいちゃん先生はスパッと物を言うタイプの人だ。今回も、「2日間自転車でツーリングして、日焼けで発疹が…」と言いかけているのを遮るように、「あ、これは虫刺されか草にかぶれたね。林とか行った?」と言ってくる。

国道であっても、歩道や白線の外側が狭い道はたくさんあって、歩道などに覆いかぶさるように枝葉や草が茂っているところもある。後ろから車が迫っているので端によけて草木にぶつかるように進んでいかなければならない状況は、何度もあった。そのときにかぶれてしまったのだろう。右腕には発疹が出ていないのに、左腕には発疹が出ているのにも納得がいく。

看護婦さんに薬を塗ってもらいながら説明を聞き、2~3分で診察終了。出て行くときに「外からの原因だから、治るのは早いはずだよ」と言ってくれた。

しかし、草にかぶれたのかぁ。自然を満喫しに行ったわけでもなく、幹線道路を進んだだけなのにこんなこともあるんだね。今度からは気をつけよう。

やっぱり「年寄りの冷や水」ならぬ、「年寄りの日焼け」は、ろくな結果にならないようだ。

紫外線のせいか、汗をかきすぎたせいか、それとも排気ガスを浴びすぎたせいか、どれが原因かわからないけど、鎌倉から帰宅後、発疹ができてしまった。肩から首にかけて、右胸上部、左腕内側に発生し、激しい痒みを伴う箇所もある。シーブリーズを塗りこむと治まるけど、本当にそんなんでいいのだろうか? 逆効果?

よく考えたら明日から三連休なので、今日のうちに皮膚科に行っておけばよかったかなぁ。しかも、18日は友人の誘いで「新宿祭り」という催しに参加し、半被で御輿を担ぐ予定。天気もよさそうだし、日焼け止めを買っておいた方がいいんだろうなぁ。

探訪してないんだけど…。

すでに書いたように、友人宅で朝4時に起きてしまい、「さて、今日はどうやって帰ろうか」と考えると寝れなくなってしまった。はやる気持ちを抑えきれず、6時にはS君を無理やり起こして出発準備。突然行くことを決めたり、朝早くたたき起こしたりと、S君には迷惑かけたです。

しかしまぁ、鎌倉まで行って、やったことといえば居酒屋で酒呑んでウイイレしただけ。神社仏閣を観て回ったり、海岸でゆったりするくらいやればいいのに、元来「いらち」な性格の自分は、着いた途端に帰りの心配ばかりしている始末。「のんびり」「ゆったり」観光を楽しむなんて、できない性分なんだねぇ。結果的に、帰りはペースが落ち、疲れも結構あったので、よかったのだけど。

umi.jpgそれでも、朝の海は心地よかった。

出発したはいいが、疲労と倦怠感はものすごく、朝の通勤で走るママチャリに次々と抜かれていくようなスローペース。なんせ、前日到着のときにはヘトヘトだったからねぇ。酒呑んでいるときも、ほとんど目も開けられないような状態だったし。

kao.jpgkao.jpgkao.jpgkao.jpgkao.jpgkao.jpgプロカメラマンS氏撮影。

結局、前述の酒飲みとウイイレ以外でやったことといえば濱マイクのロケ地めぐりくらい。しかも黄金町限定で、写真写すだけ。おまけに、フロントキャリーに氷とともに入れていたデジカメが結露を起こしてしまい、携帯カメラのみの撮影となってしまった。「コーヒーマツモト」とか、ほかにも行く場所はあったのだけど、結構淡白に黄金町を後にする。

後は、地図を何度も確認しながらトロトロと進む。丸子橋を越えて都内に入ったときには「はぁ~、やっと着いたぁ~」と思ったのだが、実はそこからが本当にきつかった。

前日ほどではないにせよ、気温が最も高い時間帯で、行きは間違わなかった道を何度も間違えそうになる。自由通りを北上し玉川通りで右折するつもりが、手前の駒沢通りで右折し、遠回り。環7に入ると「もうほとんど着いた」って気分になるのだが、その後の行程の長さに余計ペースが落ちてしまう。結局、都内に入ってから家に着くまで2時間もかかってしまう始末。

■今回の反省・頭を坊主にしていたのは便利だったけど、帽子の素材が厚すぎた。もっと薄くて通気性のいいやつにしないと。・首の後ろから肩にかけて、日焼けしすぎで火ぶくれとなってしまった。日焼け止めせずに出かけたのは無謀だったみたい。・お陰で、変な日焼け後になる。顔は真っ赤で、デフォルトで「ガード下の酔っ払い親父」状態。手首から二の腕だけが真っ黒で、手は真っ白。足の甲は、サンダルはいていたので三角に日焼け後が残る。・エアーサロンパスは非常に役に立ったけど、アイスデオドラントスプレーなども持っていけばよかった。・両膝に痛みがあったので、膝用サポーターは2枚必要。

今日くらいの気候だったら楽だったのにねぇ。

詳細は後日…


通過!

とりあえずランチ。あとちょっと(10km超くらい?)足が不安だったので早めに出たのだけど順調。ペースは遅めだけど、こんな時間に戻れるなら、もっと鎌倉でゆっくりしとけばよかった!


で、やっぱり日劇


黄金劇場

営業しているファミレスを見つけ休憩。ちょっと長めに休憩しておこう。現在、黄金町近辺。日劇と黄金劇場見て帰路へ。


磯村屋


浦舟水道橋


中村橋


休憩しようとファミレス見つけるが空いていない…。まだ金沢文庫の先。先は長いがペースは遅い。


朝早いけど、のんびり出発

くそ暑く、照り返しの激しい中、11時ごろ出発。ちゃっぴーには、多目のエサと牧草を与えておいたので1日くらいなら、何とかなると思う。

とりあえず収穫は、ほぼ道を間違えずに行けたことかな。

最初の新横での休憩後が一番きつかった。最も気温が上がる時間帯に、面白くも何ともない環状2号線をひたすら走る。山ばかりで何もなく、1時間走ってやっとコンビニを見つけたときにはもうグッタリ。コンビニのクーラーにあたり、コンビニ前で冷水を頭から浴びたときには、正直倒れるかと思った…。

その後は意外とスムーズに進んだけど、北鎌倉から建長寺に向かう上り坂では、ヒザの上の筋肉がツリはじめ、どうしようもない状態に。エアーサロンパスをぶっかけて何とかごまかすけど、復路は大丈夫だろうかね。挙句の果てに、エアーサロンパスのついた手で顔の汗をぬぐってしまい、大変なことに! マジで泣きたくなった。

居酒屋で酒飲んだらすぐにダウンかと思いきや、意外と目が冴えて困る。結局、部屋でもビール片手にS君とウイイレ大会。結果は惨敗…。リアルサッカーも、バーチャルサッカーも下手じゃしょうがないな…。

いったん寝るも、4時過ぎに起きて、日記を更新する。こんな調子で復路は大丈夫か? ま、行きは酒を飲める時間帯には着こう、という目標があったけど、帰りは夜中着でも問題はないし。ゆっくりと頑張ろう。お腹をすかせたちゃっぴーが待ってるし。


着いて、友達と待ち合わせて、銭湯行って、おつかれー


1時間休んだら、逆に辛くなる。コンビニで水浴びしダウン


横浜アリーナ付近で休憩

今日鎌倉へ行って来ましたぁ~二人で初めて歩いた町へぇ~「縁切寺」(作詩・作曲:さだまさし)

てなわけで、ふと思い立って今日から一泊で鎌倉へ行くことに。もちろん! チャリで行くのだ! 前から漠然と三浦海岸チャリ旅行とか、思い切って真鶴までチャリで行ってみようとか、考えていたのだが、フットサルで知り合った奴が鎌倉に住んでいるので、泊めてもらって酒飲んで、翌日またチャリで帰ってこようかと考える。

行程【行程予定図】

行きは極力真直ぐに鎌倉へ向かい、できれば大仏くらい見てから友人と落ち合って呑む予定。翌日は、三浦海岸か横須賀で一泊というのも考えたけど、ちゃっぴーをそんなにほったらかしにするのも不安だし、またの機会と考えて、素直に帰ることに。だからと言って、同じ道で帰ってはつまらないので、逗子あたりの海岸~八景島~黄金町(濱マイクごっこ)~横浜をぐるっと回って、余裕があればぷらぷらしながら帰ろうと思う。

で、準備に何が必要かな、と考える。キャリーバッグやサイクルコンピュータ、パンク修理キットなど一応のものは揃っている。パソコンとルートを細かく記載した電子マップの用意も万全だ。

地図チューブGPS【地図・タイヤチューブ・GPS】

電子マップを見るたびにいちいちパソコンを引っ張り出すわけにも行かないので、やっぱりポケット版の地図も必要。フロントバッグの上には地図をはさめるので、ルート確認しながら進むことができる。

パンクしたときにも修理キットを使うより、チューブごと取り替えた方が手っ取り早いので、スペアのチューブも用意。チェーンが切れてしまったら…、とチェーンのスペアも用意したかったけど、2日間でそこまで用意する必要はないか。

意外と方向音痴なので、最後の秘密兵器がGPS。ノートパソコンのPCスロットに挿して使用でき、電子マップと連動して現在位置を表示してくれる。まさか自転車にカーナビを搭載するわけにはいかないので、心強い味方になるはず。

後は、膝をやってしまったらシャレにならんので、膝用サポーターとかエアーサロンパスとかを用意。汗っかきなので、もちろん大量の着替えとタオルは必須。

という話を昨晩書いていたのだけど、鎌倉友人の連絡が取れず、断念。

…、と思いきや、今朝になって連絡が来て、携帯を見失っていたとのこと。で、結局、11時ごろに出発することに。

ま、せいぜい往復120Km程度。熱射病にならないようにいってきまっす。

土曜は、明け方まで仕事して寝たけど午前中で起きてしまい、思い切って掃除&洗濯に勤しむ。途中、掃除用品とか買いに中野駅方面に出かけると、ものすごい数の警官隊。夕方に小泉純一郎がサンプラザに現れるとのこと。衆院選は興味あるが、人ごみは大嫌いなので早々に買い物を済ませて家に帰る。

途中、サンプラザ前の駅前駐輪場で19日までやっている陶器市によって、大皿を3枚購入。四国弁のおっさんがこっちが何も言わないのに計1000円もまけてくれて、ちょっと得した気分。どんな料理をのせようか…。この陶器市、同じ場所で何度もやっているが、各地の焼き物が揃っているので、また買いに行くかも。

sara.jpg

徹底的に掃除したのと、寝不足のせいで寝室と水回りの掃除をしただけでダウン。その他は日月と時間をかけてじっくりやろうと誓う。

2~3時間寝て、夜中12時からO氏と高円寺で待ち合わせ。たまには新しい店を探してみようと、ホルモン屋に入ってみる。意外と安いし、兄ちゃんもいい感じで結構いい店だった。朝までコースか? と思いきや、寝不足が祟ってペースダウンしてしまい、2時の閉店に合わせてお開きに。フジロック直前に会って以来のO氏は飲み足りなかったようだけど。

さ、今日もお掃除お掃除! 夜はSZさんと飲む予定。

終ったぜ。長いロードのような原稿書きも完了。とか言って、そのほとんどの時間が「書けないよ~、書きたくないよ~、テレビ観てたいよ~、とりあえず今晩頑張るために今は寝るか!」という時間だったのだけど。

******懺悔タイム******
はい。Yさんにはいつも御贔屓にしていただきながら、ご迷惑かけてばかりです。でもこの次も御贔屓に…。Kさんには毎月無理言ってすまんです。来月(ていうか今月)もよろしくお願いします。そのほかは…、結構無難に出したからいいか。
********ここまで********

*********私信*********
いつもながら、こういったときには「遊ぶぞ! 飲むぞ!」と呼びかけているのだけど、皆さんツレナイお返事。O氏は今日は夜中過ぎにならないとダメだそうだ。R氏は私的な用事で飲めそうもないとのこと。O氏待ちで高円寺で飲む人いない? どぼちょんコンビとか、IMOさんとか、SのMさんとか、Kティとか、SZさんとか、Sまさんとか、えーと、えーっと…。
********ここまで********

さてさて、荒れ果てた部屋の掃除と洗濯、ちゃっぴーの小屋掃除でもやっときますか。

テレビで世界柔道を観戦しながらお仕事……………、

って、まったく楽しくない。一瞬で試合が決まる競技なので、画面から目を離して原稿書いていると、いつの間にか試合が終ってしまっている…。アナウンサーが「一本です!」って叫んだときにはもう開始線に両選手が戻ってるし…。

うちのマンションの裏の駐車場に高い木が何本かあるせいか、蝉さんの最期を看取ることが多い。今年はこれで3匹目。台風の余波の強風で飛ばされてしまったのだろうか。

cicada.jpg南無………。

今だから言える! 先日、仕事もせず『竜馬の妻とその夫と愛人』を観ていた(2時間あれば取材テープの確認くらいできるだろう、っていう状況だったけど…)。

最初のシーンで、おりょうの家に訪ねていった覚兵衛(中井貴一)が部屋の中にいた蝉を殺してしまうが、実はその蝉は松兵衛(木梨憲武)が飼っていて羽化するのを楽しみに待っていたというシーンがある。

ふと思ったけど、松兵衛は蝉をいつから飼い始めたのだろう? 6~8年くらい地中で生きているからその間ずっと? 中には17年蝉とかいう奴もいるらしいし。

ま、羽化しそうな奴を見つけてきたっていうのが妥当なんだけどね。

竜馬の妻とその夫と愛人 DVD

『しゅきで~す! しにゅほどぉ、しゅきだっからぁ!』
チャンだかドンだかビョンだかの韓国スターがCMでこう叫ぶたびに、劇団ひとりを思い浮かべてしまうのは俺だけ?

ニュースは、衆院選、昨日の関東での大雨、台風14号が来ている、という話題で持ちきり。

そんな中、FNNの夕方の「スーパーニュース」を見ていると、台風レポーターを木村太郎氏がやっていた。わざわざ奄美大島まで行って…。木村太郎って、スーパーニュースのコメンテーターみたいな立場の人だよね? 台風レポートなんて若手のレポーターとか地元のアナウンサーなどを派遣すればいいのに、と思う。

そういえば、この前の台風の時も、木村太郎氏は逗子だか三浦海岸だかに行ってレポートしていたような気がする。台風好きなの? この人。

大雨になっているのは知っていたけど、関東でそんなに被害が出ているとは知らなかった。早朝、実家から「大丈夫ね?」という電話で叩き起こされてやっと気付く。

周りの友人にも浸水や落雷で停電などの被害に遭っている人が数人いるようだ。停電の被害に遭えば、「原稿書けましぇーん!」とか言えるのだけど残念ながら(?)うちは全然大丈夫。停電も浸水もなく、仕事にはまったく支障がございません。

お待たせしている数人の編集者の皆様。すみません。ちょっと鬱入って、仕事が全然進みませんでした。よくよく考えれば、仕事の取材以外で人と話すこともなく、コミュニケーションがない状態でかなり気分的に低下していたみたい。

昨日、友人から電話をもらい、続けて友人に電話して愚痴を言いまくり、早朝(と言っても8時半くらいだけど)に珍しく親父と電話で話して、少し気分は盛り返した。全然遅れまくっている仕事だけど、1つ1つ片付けていこう。

なので、せめてあと少し…、あと少しだけお待ちください!

「演説うるさい」とマイクつかむ…埼玉で男逮捕
衆院選投票箱を壊す、埼玉・小川町で期日前投票の男

衆院選まであと一週間。今回は近年まれに見る注目度の高さで、いろんな話題が飛び交っているのだけど、短絡的にキレてしまって演説妨害してしまう事件が多発しているのはナゼ?

イライラせず落ち着いて生きていきたいものです。落ち着きすぎて原稿が進まない私は、気合を入れるため、頭を丸めました。だけど、依然として進まず…………。

ちょっと前、新幹線の中の電光掲示板でチラ見して気になっていたニュース。

携帯マナー:電車などで自動オフ 通信事業者が10月開始

新幹線の中ではヘッドラインしか表示されないので、電車や医療機関で強制的にオフするように“なった”のかと思ったら、オフすることを“検討する”段階のようだ。電車などで携帯で喋っている人を見るとムッとするけど、取材の待ち合わせに遅れそうなときなどは、ついつい電車の中でも携帯電話を使ってしまう場合もあったりして…。気を遣ってはいるつもりだけど、電車や医療機関内で電源を切ることは少ないかもしれない。

どうしても、携帯が許せないって人は以下の商品をどーぞ。

迷惑なアイツの携帯を黙らせろ!半径5m以内、強制シャットアウト!黙れケイタロー半径5m以内、強制シャットアウト!黙れケイタロー

一方で、同じ乗り物である航空機は、携帯などを含めた通信の利便性を高めるサービスを提供するような動きとなっている模様。飛行機乗っていて、近くの席の人が携帯でベラベラ喋られたらたまらんと思うのだが…。

機内ネットや携帯サービス、2007年までに半数近くが導入へ

この時期の私は、携帯が鳴るとビビってしまう毎日です。昨日の深夜番組に江口寿史が出てたけど、原稿落とすことや逃げることがキャラクターとなって商売できている人ってすげーなぁ…。

今、深夜でドラマ「QUIZ」の再放送をやっている。何度も深夜枠で再放送やっているのだけど、一度も通して見たことがなく、いつもちゃんと通して見たいのになぁ、と思っているんだけど。DVD買って見るほどでもないしなぁ。

再放送といえば、ちょっと前「渡る世間は鬼ばかり」をやっていたので、何の気なしに見ていたのだけど、知らず知らずのうちに魅入っていく自分が………、ちょっと鬱。でも、1回くらい見ただけじゃ、登場人物多くて人間関係がまったくわからなかったけど。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、2005年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年8月です。

次のアーカイブは2005年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。