2005年6月アーカイブ

梅雨が戻ってきた? 晴れてる間に洗濯しておけばよかったと後悔する。

コンフェデ決勝・三位決定戦は結局観なかった。録画くらいしとけばよかったかなぁ。両試合とも点がいっぱい入ったみたいだし。

久々にNumberを買った。相変わらず文章は読まず写真を眺めていたけど、オシムのインタビューだけは面白くてじっくり読んでしまった。あ、後「カズへの手紙」も。

激・取材ウィークも今日の1本でひと段落。1日の内に1本でも取材が入ると、行って帰ってくるだけで一仕事終えたような気分になって他の仕事ができない…。このクセはどうにかせんとねぇ。

今週末に1本原稿を上げて、来週もう1本とぽつぽつと取材。その先は、取材した分の原稿をチョコチョコ書き続けなければならない。気分入れ替えて頑張ろう。

午前中から所用があり、出かける。16時から取材に行かなければならないので、直行しようかと思ったが、あまりの暑さに汗だくとなってしまったため、いったん帰宅することに。

ついでに、ランチも外で。カンニングの2人が働いていたことでも有名な総菜屋「わしや」が食堂をやっているので、そこで食べることに。

前から何度か行ったことのある店だけど、煮魚・焼き魚中心のメニューがうれしい。近所には、大戸屋もあるが和食・定食の選択肢が増えるのはいいことだ。

menu.jpg

今日は金目鯛の西京漬焼きを頼む。ここのおばちゃん、店に入って席に着くまで「いらっさいませ~」を3回くらい連呼するので、笑いそうになった(ちなみにIMOブロは「いらさいませ」)。

Tai.jpg焼き魚・御飯・味噌汁・漬物・野菜の煮物

もうすっかり暑くなったというのに、今週は激・取材ウィーク。4日間で6本の取材…。暑いけど、頑張る。

土曜は月に一度のフットサルデー。ものすごく蒸し暑い中、何故だかやる気満々になってしまい、後半は人と交代もせずに走り回る。お陰で今日は久々のプチ筋肉痛。大したことはないけど。

暑い中走り回れば当然痩せると思いきや、とりあえずビールをがぶ飲み、焼肉をくらい、ウーロンハイもがぶ飲み。場所を高円寺に移動して、焼き鳥屋でがぶ飲み。結局朝の4時ごろ帰宅し、撃沈。

今日は、バンドのリハが入っていたのだが、体が重く、酒も抜けない。14時からだよなぁ、と思いつつスタジオに行くと、なんと15時から。無理やりスタジオにベースを預け、I君に貸す予定だったが忘れてしまった本を取りに戻ろうとすると、向こうからSさんがやってくる。彼女も時間を間違えたみたい。

家に戻ったら汗だくで、気持ちが悪いので水シャワーを浴び、着替えて再びスタジオへ。

しっかし、6月からこんなに暑いとたまらんですな。今年の夏は乗り切れるのだろうか…。

爪切り、カッター、はさみ、のり。その他、ガムテープとか、セロテープとか。

たまーに使うんだけど、しまう場所を決めていないので、使いたいときに見つからない。家中探し回ったりする。結局、100円ショップに買いに行って、それぞれ5~6個ずつあったりする。

特に、「のり」は、しばらく使わないと固まってしまっていたりするから、天寿をまっとうできない品物と化してしまう。

使ったらちゃんと同じ場所にしまうようにすればいいんだけどね。

今日は本当にじわ~っと暑い。湿度高いし、パソコン部屋は不快指数100%。パソコン数台とモニター2台の熱で室温は上がりっぱなし。とりあえずクーラー、と思ったけどガマンガマンで窓を開ける。

都議選の公示日であるため、選挙カーがうるさ過ぎ。うちは大通りに面しているため、ひっきりなしに各党の候補者の選挙カーが通る。挙句の果てには選挙管理委員会の告知カーまで走ってやがる…。

やっぱクーラー入れようかなぁ…。

日本-ブラジル。やられてたし、ボールも支配され、シュート数の差も歴然だったけど、いい試合だったと思う。もちろん、勝つに越したことはないけど、これを糧に1年後の成長を見たい。

■スターティングメンバー一部報道でメンバーを落として戦うと言われたブラジルだが、蓋を開けてみれば、ほぼコンフェデのベストメンバー。GKのジダが外れてマルコスになったのは、笑ったけど。いずれにしても、前日に予想されたスターティングメンバーを裏切らない正直者の日本も少しは前哨戦で戦うことを覚えればいいのに。

■試合によってムラがあり過ぎるいつもながら、日本は鏡のようなチームだと思う。相手のレベルに合わせて、いいサッカーと悪いサッカーを繰り返す。相手のレベルが低いとどんよりした試合になり、相手によってモチベーションが上がると、いいゲームをする。ムラがあるのをどうにかして欲しい。常々、「自分達のサッカーをやれば…」とか言っているんだし。ま、今回のコンフェデは、いいサッカーをするメヒコ相手にダメダメで、どう考えてもアジアレベルだったギリシャでいいプレイをするなど、必ずしも上記のようにはならないのだけど。

■加地&ディフェンス加地のゴールがオフサイドと判定されたのは悔しい。今大会の加地はすごく良かったね。ブラジルの1点目は、その加地がロナウジーニョに抜かれ、カウンターを食らってしまった結果となったのだが、仕方がない部分も多い。個人技でやられたし。2点獲られたけど、全体的に守備は悪くなかった。きっちり、相手の足元に入ったボールの1トラップ目でディフェンスできていたし。何より、アドリアーノに仕事をさせなかったしね。結局、ルーズボールへの反応とか、カウンターとか、何かが起きたり、急に展開が変わったときの差が大きいのかな。「後1歩」というところを詰めてレベルアップしてくれるとうれしい。

■1時間確かにいい試合をしたと思うけど、後半15分過ぎからは前半のようなサッカーができなくなっていた。チャンス/ピンチの繰り返しはあっても90分間どう持続できるかが問題だと思う。それでも、2度のリードを追いついて、後半ロスタイムにはあわや逆転というシュートも放っていたのだから展開次第では…、と期待させる内容だと思う。何より、シュートが枠に飛んでいたし、これまでより得点の匂いはしていたよね。シュート数の差は大きいけど、決定機の数はそんなに差はないと思う。

■交代選手交代はどうなのかなぁ。ちょっと疑問が残るけど。

・小笠原→中田浩これは納得できる。バランスを保ったままヒデを攻撃により絡ませる必要もあっただろうし。小笠原は芝が合わなかったのか体調が悪いのか、この大会はメヒコ戦の先取点のお膳立て以外は本来のプレーではなかったと思う。ギリシャ戦でもいい展開で小笠原に回ってチャンスが潰れるという展開が多かったし。いっそのこと、先発から中田浩または稲本を使って、小笠原を外すという選択肢もあったと思う。ベンゲルなら稲本、ジーコなら中田浩を選ぶのかね。やっぱり。

・玉田→大黒確かに大黒は点も獲るし、実際、点も獲った。でも後半開始直後ではなく、もう少し時間を置いてから大黒を投入した方が効果的なような気がする。玉田のパフォーマンスも悪くなかったし、相手が嫌がる時間帯で入れて、思いっきり走らせるとかね。

・柳沢→鈴木FWを入れ替えるだけのこの采配はちょっと疑問(もちろん、タイプは違うけど)。リスクを犯して点を獲らねばならない展開だったし。三都主外して中田浩を左サイドに持ってきて、3トップとか本山入れるとか、あるいはギリシャ戦みたいに遠藤(または稲本)入れて攻撃的な位置に置くとか。3枚目のカードなんだし、「いざという時」なのだから、何か仕掛けて欲しかった。

■国際映像初っ端の選手入場の際、女の子がGKマルコスと手をつなぐのを嫌がって、後ろの選手と手をつなぐ予定の男の子と代わったというシーンが一瞬映った。これがショックでミスしてくれたらいいのに…、とマジで思ってしまった。国歌斉唱のとき、カメラクルーが知らずに日本人と思ったのか。貴賓席の鄭夢準を映していた。ヲイ! あんな奴映すな!鄭夢準といえば、アマチュアなJFAを尻目に裏工作を繰り返し、日本で決まりかけていたW杯を日韓共催にして、FIFA副会長選も制した男。ちなみに、日本は94年のFIFA副会長選での村田忠男、97年のFIFA理事選での川淵三郎、98年副会長選の小倉純二とすべて敗北…。現在のFIFAの組織はここを参照。

新たに、「近所の食いもん屋」ってカテゴリを追加

今日は晩御飯も外飯とすることに。とっとと食って、満腹になったら寝て、深夜のブラジル戦に備えるのだ。

どこへ行こうかと思い立ち、VEGETABLE DINING伽哩人(カリスト)へ。自然食をウリにしたカレー屋さんで前から気になってはいたものの、自分の家からは駅とは反対方向になるので行く機会がなかったのだ。

ちょっとリッチにキーマカレーと豆乳チャイを頼む。と、ここでまたも携帯を持ってくるのを忘れたことに気付く。なので、写真は撮れずじまい。どんなカレーかはホームページでチェックして。「特製キーマ伽哩 [黄河黒米入り]」ってやつ。

よく見ると、1日8食限定って書いてある。ここは、米や野菜にこだわっているためか、普通のカレー屋さんよりも値段が高め。そのせいか知らないけど、19時なのにお客さんは自分だけだった…。

でも、カレーの味には満足。量的にはちょっと物足りなかったし、値段もアルコール抜きの一人外飯にしては高くなってしまったけど、たまに通ってみるかな。他のカレーも気になるし。店の雰囲気も良かったので、酒だけとかお茶だけでもOKか聞けばよかった。

「特別な試合だが、特に危険は感じていない。なぜなら、ジーコのようにボールをキープできる選手は、日本にはいない。ジーコはベンチに座っているのだから」by ブラジル・パレイラ監督

ブラジルは主力温存で控え組で戦うとの報道。いくら格下相手でも、メヒコに負けた以上、そんなに余裕があるとも思えないのだけど…。

日本、足元すくってくれないかなぁ。後半慌ててブラジルが主力を投入する展開を希望。

お昼ごはんシリーズ! 

ちょっと前から、お昼は外で食べるようにしている。やっぱ、1日1回くらいは外に出ないとね。いや、別に引き篭もりではないんだけど。

いろんな飲食店に挑戦して書きとめておこうと思ったのだ。でも、それなら写真くらい撮った方がいいんじゃないの? って今さら気付く。次回からそうしよう。でも1人で飯屋に入って携帯カメラに収めるのって、ちょっと恥ずかしい。

で、今日は、近所の沖縄飲み屋でタコライスとミニソーキそばのセットを食う。何度か行ったことがある店で、定食の種類も多く、美味い! 昨今の沖縄ブームで近所にも沖縄料理屋が続々開店したけど、老舗・新進を含めて一番のお気に入りかな。

そういえば、「サービスです」って出された冷たいお茶の名前を聞き逃しちゃった。何だか健康によさそうな味だったけど何茶なんだろう。

夜中の3時過ぎから始まるワールドユースの日本-モロッコと、コンフェデのドイツ-アルゼンチンのどちらを見ようか、と悩みながら、気付いたら0時過ぎからすでに酒を呑み始めていた。何故だか、映画「狂気の桜」を観ながら…。

映画を半分くらい観たところで3時を過ぎてしまったので、とりあえずテレビに切り替える。日本-モロッコとドイツ-アルゼンチンを要所要所でチャンネルを替えながら観ていく。

もちろん、サッカーのレベルはドイツ-アルゼンチンの方が高い。日本-モロッコは、ミスばかりでバタバタしているが、展開は速い。ドイツ-アルゼンチンは、グループリーグ突破が決まった同士の戦いで様子の探りあい(その後、点の獲り合いで派手な展開になったようだけど)。

酔ってボケボケの頭で、サッカーの面白味って何だろう、と考えたりする。今さらながらなのだけどね。結局は、「思い入れ」とかになってしまう。レベル云々で決まるものでもない。今や取り立てて好きなチームもないので、どこかに「思い入れ」を持ってサッカーを観ることは少ない。うーん、これって損しているのかもなぁ。

などと考えながら、前半30分も経たないうちにソファで撃沈。気付いたら朝の情報番組をやっていた。

この街に住んで十数年。今の部屋も3年目くらいになる。しかし、近所でいつも行列のできているつけ麺屋に入ったことがない。11時の開店時には行列もないので、今日思い切って行ってみた。

行ってみると、正規の開店時間の11時よりも前から店は開けているらしく、すでに狭い店内の2/3は埋まっている。カウンターに座り、ちょっと贅沢にチャーシュー入りを頼む。メニューを見るとつけ麺以外に、中華そば系が数種類と餃子、野菜炒めなどもある。しかし、これだけ人が並ぶ店でこれらのつけ麺以外のメニューを注文する人っているんだろうか…。

肝心のつけ麺は、魚介系の和風だしのスープ。案外と油っこく、ちょっと口に合わない。ファンもリピーターも多いから行列ができるのだろうけど、俺はちょっとパス。最後の方は徐々に薄くなっていい感じの味になったけど。

そういえば、同じく魚介系で有名なラーメン屋は、最近行列の勢いが低くなったように見える。超が付く有名店だけど、並ぶのが嫌だからまだ一度も食べたことがない。店主が変わって味が落ちた、とかいろいろなところで書き込みを見たけど、どうなんだろう。

細かいパスを回すメヒコとブラジル。ややブラジル優勢か? と思われるも、メヒコがPKを得る。2度のやり直しの末、GKが阻んで前半はスコアレス。

ってところで眠くて仕方がなくなり、就寝。面白かったのでホントはもっと観たかったのだけど。

で、起きてみたらブラジル負けてますがな。前の記事で「得失点差の争いにはなりそうもないと思う」と書いたけど、ちょっと影響する展開にはなっちゃったね。ブラジルに勝てばOK、引き分けOR負けで予選敗退。

勝ってくれ! とは言わないけど、面白い身のある試合をやって欲しい。ユースのモロッコ戦もあるし、昼と夜が逆転しそう。

コンフェデは準決から、といいつつ、しっかり日本-ギリシャを観る。相手が動けていないのもあって、ワンタッチでボールを回せるいい展開。いつもこんなサッカーできればいいのだけど。得点は1点のみだけど、決定機は何度も作っていたし。

ま、得失点差のことも考えて、点を獲れなかったのが悔しい、という意見も出そうだけど、恐らく得失点差の争いにはなりそうもないと思う。何があるかわからんけど。

それにしても、東京放送さん。「欧州チャンピオンに…」って何度も言うのは止めてよね。確かに昨年の欧州チャンピオンなんだけどさ。

現状のギリシャは、グループ首位じゃないと確実にはW杯に出られない欧州予選でグループ2の3位(しかも4位のデンマークは1試合少ないし)。2位中の上位2チームはW杯に出られるけど残りは3/6のプレーオフだから、かなり危ない状況。メンバーもベストを集められなかったようだし、結構酷いチームだったよなぁ。

引き続き、ブラジル-メヒコを観ようか悩み中。B組では、一番のカードだし。

トップのNomoto.Infoをリニューアルする。といっても、フレームを廃してデザインを少し変えただけで、コンテンツはまったく変えていない。

一応、Dreamweaverを使ってシコシコやったのだけど、デザインセンスの無さがモロにでてますなぁ…。毎月「web creators」に記事を書いているなんて言えない。

あ、ちなみに「web creators」の記事は、Webデザインに関係のないホスティングの記事です。Web制作者のみなさん、安心して「web creators」を購読してくだされ。

って後ちょっとしかないけど備忘録。

・最近飲んでも酔えないので、きっちりジムに行って運動して上手い酒を飲む。
・特に体幹を中心に鍛える。
・雨の日以外は自転車で行動する。
・Blog以外のホームページをリニューアルする。
・Blogもちょっと手を加える。Ver.3にはまだしない。
・区民検診の申し込み。
・税金還付未払い分の申請。
・自炊もいいけど、意外と一人で行けて安くて美味しい店を見つける。
・コンフェデは決勝Tからしっかり観る
・もう少しエロオヤジになる。
・人のスタジオに乱入して迷惑をかけない。
・人のスタジオで上半身裸で乾布摩擦を始めない。
・ロシアンパブに行かない!

以上!

人間工学に基づいたデザインにより、長時間でも疲労が少ない理想的なスタイルでPC作業が行える、という謳い文句のデスク&チェア

c18.jpg

「Cruise&Atlas」って名前らしいけど、何だかものすごく欲しい…。家でPC作業をするのがほとんどの人生を送っている自分としては、必需品かなぁ、と。

でも、デスクの値段が22万5,750円、高い方の椅子が14万3,535円。合計で36万9,285円也! 買えない金額ではないけど、高いよ!

デスクの周りを囲むスクリーンみたいな奴も別売りで、これだけで17万9,130円…。

体のことを考えれば、いい椅子と机は必要なのだけど、ちょっとね。会社で経費で買えるなら買っちゃうんだろうけど。

通常、こういった大会が始まると仕事そっちのけで気合入れて全戦観るんだけど、何だか気合が入らないなぁ。

そんな中でも、昨日は一応ユースと日本-メヒコをテレビで観る。

ユースは仕事しながらでアナウンサーが叫ぶと画面を観るような状態だったので、内容はよくわからなかった。

日本-メヒコは、あんなもんなんでしょう。先に点を獲ったときには「お!」と思ったけど、実力差は歴然。特に後半は何もできなかったね。

一夜明けた報道は意外と冷静。完敗とか、世界との差を痛感の文字が並ぶ。

ん!? でもロイターさん、惜敗って何? 言葉の意味を知ってから原稿を書きましょう。

ギリシャ戦はどうなることやら。今のギリシャに欧州選手権の勢いはないし、予選も苦しみまくっている。負ければ3連敗が見えてくるし、勝ったり引き分けたりすれば「欧州チャンピオンに勝利!(と分ける!)」とか書き立てるのか?

結局は、規律や決まり事を押し付けて縛り付けないと勝てないのかもね。個を主体とした自由なサッカーをやるには早すぎると言うことか。「そんなの今さらわかってんじゃン」って声がどこかから聞こえそうだけど。コンフェデでボロ負けすれば、また何か改革するのかなぁ。

あ~、俊輔も怒ってんのか。そんなのピッチ上で中田に言えよ。

何度も言うけど、アジア最大5カ国多すぎ。32カ国っていうのも多いし。32出るとしても、アジア・オセアニアで3がいいんじゃないの? 24なら、アジア・オセアニアで2だな。こんな風に世界やヨーロッパから言われる前に、コンフェデにしろ、ワールドカップにしろ、こうやってでかい国際大会に出してもらえるうちに実力付けていってほしい。

もう農閑期に入っているはずだが、仕事が終らない。昨日は六本木ヒルズで取材。六本木なんて街は昔から無縁で、ヒルズに行くのも仕事がらみのみで3回目だ。当然、仕事後にヒルズ内を闊歩することもなく、直行直帰。昨日中にあげなきゃならない仕事も1本残っていたし。

そんな中、移動中などを利用して真保裕一の「黄金の島」を読む。なかなか読書する機会もなく、この本も本棚の未読コーナーに積まれていた中の1冊(上下巻だから2冊か)。

黄金の島(上) ( 著者: 真保裕一 | 出版社: 講談社 ) 黄金の島(下) ( 著者: 真保裕一 | 出版社: 講談社 )

そもそも、あまり乱読するタイプではなく、決まった作家の本ばかりを読むクセがある。音楽も同じ。同じバンドやアーチストのCDばかりを買い漁り、似たような傾向のバンドの知識は皆無ということがよくある。安定志向? というか、外したくない感が強いというか…。

ただし、仕事が溜まっているときの真保裕一は大変危険。以前も、締め切り数本を抱えたときに、ついついこの人の本を手に取ったが最後、読み終わるまで仕事に手を付けられなくなった経験がある。当然、スケジュールが大幅に遅れ、泣くはめになったけど。

「黄金の島」も一昨日から読み始め、仕事をチョコチョコしながら一気に読破する。この作品は、「いい人」とか「ヒーロー」が出てこない。登場人物のほとんどが、精神的に弱く幼く、計算高い人ばかり。こう書くと、気が滅入るような内容の本みたいだけど、アクション物なので物語にはグイグイ引き込まれていく。読後感は、ちょっとやるせない気持ちにはなったけど。

弱い人の弱さを気付けない自分の弱さとか、弱さを見せる人を下に見てしまう自分の弱さとか、弱い人の弱さを穿り返そうとする自分の弱さとか…。思い当たる節はいくつもあって、いろいろ考えてしまう。

最近、作品3本が映画化されて売れまくっている作家さんが、「本当のアクション物を書こうと考えて日本を舞台にした場合、リアリティを求めるなら自衛隊の話にならざるを得ない」と言っていた。

確かに重火器などを扱うなら、自衛隊なしには語れないだろうけど、人を中心としたアクション物は書けないわけじゃないと思うのだけど。同氏は、好きな映画として「ダイ・ハード」をあげていたので、徹底的なエンターテインメント物を書こうと考えているのだろうか。いずれにしても、一冊も読んでないので批判はできない。今度読んでみよう。

それにしても、この人が原作として注目を浴びている映画。もっと原案者の半村良をリスペクトしてほしいなぁ。元々角川映画で作られた前作がつまらないのは承知しているけど、書籍にはデカデカと「原案・半村良」って書いてるんだから。どの程度ストーリーが一致しているのか、自衛隊がタイムスリップしたこと以外はまったく別の話なのかは知らないけど。

電車男の映画化・ドラマ化、海猿のドラマ化などなど、コンテンツ不足は深刻みたいだ。真保裕一も「安易に小説から映画化を目論むのではなく、独自の作品を作っていくべきだ」と言っていたような。同氏の小説の映画化としては「ホワイトアウト」があるけど、これは同氏が脚本まで手がけることを条件に実現したようだ。自作の映像化にこだわりと抵抗を持っているようで、契約上止む無くドラマ化を許可した以外はドラマ化・映画化はほとんど断っているらしい。欲がないのかな。

あ、別に特定の作家や映画を批判しているわけではなく、思ったことをずらずら書いたまで、なので、ファンの人は気分を害されぬように。

iRiverのiFP-899を買ってしばらく経つけど、未だキレイに録音できていなかった。録音操作間違えていたり、モノラルで録音してしまったりと失敗続き。

一番の問題が、入力レベルを調整できるのはいいのだけど、ディスプレイにインジケータなどがないので、どれくらいに調整したらよいのかがわからないこと。とあるライブやバンドのリハを録音してみたもののレベルオーバーで音が割れまくり。Sound Forgeなどの波形編集ソフトで修正するも、いい音にはならない。

やっと前回日曜日の練習で、いい感じのレベルの録音ができるようになった。結構いい音で録れたので満足満足。レベルの具合もわかったので、これからは大いに活用できるぞ。

日曜は割りとサクッと1本終らせた。今日明日で1本、さらにその後2日間で1本、確実に仕事を終らせていこう!

夜は、吉祥寺でリハ。とりあえずセッションということだったが、ついていけた部分、ついていけなかった部分もあり、少々悩む。ま、今後の展開もありそうとのことなので、楽しみにするか。

リハ後は、当然のことのように飲む。で、気付けば朝の4時…。

タクシーで帰ることにするが、どうも遠回りされてしまったようだ。最近のタクシーの運ちゃんは「どの道で行きますかぁ?」って聞いてくるのだが、あれってマニュアルか何かがあるのかなぁ。何か道を知っているかどうか試されているようで嫌だ。自ら最短の道筋を提示して、客が「いや、こっちのルートで」って行ったら変更するようにならんものかなぁ。

Taxi.gifこうやって見るとあまり遠回りしてないか? でも最短距離の道は絶対あるはず。

愚痴ってもしょうがないな。

これからリハは、雨が降らない限り自転車にしようかなぁ。リハに行くまでに汗だく、スタジオ内で汗だく、リハから帰るのに汗だく、と着替えをいっぱい用意して行かないと。

どうも、金曜日に飲んだときに衝動買いしてしまった双頭の犬の指輪を失くしてしまったらしい。2軒目の神楽坂のバーで失くしたのか、タクシーの中で失くしたのか…。

タクシーは領収書があるし、神楽坂のバーのレシートは持っていなかったけど、何とか探せば問い合わせることができるかなぁ、と取り戻すことを考える。しかし、よくよく考えると、この指輪を購入してからあまりいいことがなかったような気もする。

人間関係悪くなるし、挙句の果てに酔っ払って友人に殴られるし、ストレスで肌荒れるし、耳壊れるし

ということで、捜索は打ち切り。自分の至らなさを指輪のせいにするのもちょっと違うかも知れないけど、ま、人間思い切りが肝心、と。持っているシルバーアクセの中では最も高い奴だけど。

第一、IMOさんにサイズ直ししてもらった奴とか、制作依頼している奴もあるもんね。そちらを楽しみに待つことにしよう!

昨夜は、前に務めていた会社の同僚・後輩が集まり飲む。なぜか場所は東京駅近く。もう東京に住み着いてかなりの年月が経つが、東京駅で改札を出たことは数回しかない。そのためか、出口がよくわからず、かなり遠回りをしてしまった。

男ばかり5人の飲み会だったため、あんまり盛り上がらないかなぁと思ったが、意外と他の人の近況などで話は盛り上がる。1人を除いた4人はもうすでにその会社を退社しているが、ほとんどの人間が未だマニュアル業界で頑張っているため、自然と話はそちらの方へ。

自分は、ライター仕事の方が多く、最近はあまりマニュアルの仕事をやっていない。ちょっと話についていけない部分もあったけど、とあるメーカーのローカライズに対する体制の変化などを聞けたのは興味深かった。米国副社長をやっていたFさんも辞めるみたいだし、日本市場への対応は悪くなるのかなぁ。

飲み会がお開きになった後は、その内の1名と神楽坂で飲む。焼酎をたらふく飲んだ後だったけど、久々にバーボンを飲み、ご機嫌に。一緒に飲んだ後輩は、居合い抜きの道場に通っているらしく、大河ドラマの「新選組」以来、入門者が増えたとのこと。彼が天然理心流なのか、北辰一刀流なのかは忘れてしまったけれど、ドラマ「新選組」と映画「壬生義士伝」はしっかりチェックしているらしく、結局、堺雅人っていいよね、という話で落ち着く。今の月9は見ていないけど。

ちなみに、新選組と新撰組の2つの書き方があるが、どちらの表記も正しく、どっちを使っても構わないとのことだ。

結局、夜中までバーボン飲んでタクシーで帰宅。当然のことながら、今日は激しい二日酔いだったが、ダフォのリハがあったので、頑張ってベースを抱えスタジオ入りする。多少汗をかけば酔いも醒めるかと思ったけど、結局最後までローテンション。疲れた…。

たまにしかリハに入れないのだから、ちゃんと体調をいい状態に持っていかないとねぇ、と反省。

今日はもう、適当につまみを作って、酒飲んで寝てしまおうと思う。明日は仕事を一本あげて別のバンドのリハに入るし、来週一週間は、忙しそうだ。

昨夜21時ごろにO氏に連絡すると、仕事仲間と飲んでいると言う。じゃ、こっちの地元で飲むか、ということになり、なぜかO氏の仕事仲間T君と3人で飲む。こっちはまだ一滴も酒飲んでいないのに、2人はハイテンション。でもまぁ、いい奴だったけど。

途中でT君は帰宅し、残る2人はなぜだか博多ラーメンへ。調子に乗ってしまい、替え玉を注文したら、腹がパンパンに膨れてしまう。

ラーメン屋を出て、飲むか帰るかを思案していたとき、ふと前を見るとスーツ姿でチャリに乗ったドラマーのF氏がこっちに向かってくる。で、無理やり3人で居酒屋へ。しかし、O氏、F氏とも翌日は5時起きということで一杯でお開き。ちょっとラーメン食いすぎで気持ち悪くなってきたし。

昨日のうちにまた新たな仕事が2本発生。今日はそのうちの1本の打ち合わせに向かう。とある編集者に紹介していただいた仕事だ。ありがたいことです。

フリーランスになってから、1~2度くらいしか営業したことがない。圧倒的に今の仕事は人と人とのつながりで広がっている。仕事がなくて激貧という状況には陥っていないから、あまり営業をかけていないのだけど、いきなり営業して仕事が増えるとも思えない。百戦錬磨の営業マンでも飛び込み営業で成果を出すのは難しいのに、毎日パソコンに向かってシコシコ書き殴るしか脳がないライター風情が営業してもねぇ。

仕事を紹介してくれるのも、これまでの仕事を評価してくれた結果だと思うし、評価されなければその先の仕事は発生しないということだ(その人との相性という問題も多々あるけれども)。このところ緩みがちだったので、気合を入れなおさないと。「あ、この人ダメだぁ~」って思われたら、もう仕事なんか来ないからね。

東急ハンズへ行くことになりそうだ。

昨日の投稿で、“ブルー”ムーンストーン付きのペンダントトップを買ったと書いた。写真を撮ってBlogへのアップも済ませ、いざ日本-北朝鮮テレビ観戦! うん、勝ったね、と思いながらペンダントトップを見ると…。

石が赤い…………………。

あれ!?

あ、居間の電気は白熱灯だから赤く見えるんではないのか? と慌てて蛍光灯の下に持って行く。…………………、でも赤い。

東急ハンズの親父、ブルームーンストーンとガーネットを間違いおった! ほんと小さな石しか付いていないからわかりづらいけど、ちょっとひどいなぁ。ま、撮影しながら気付かなかった俺も俺だけど。

昨夜の感想。。。。

前半は、ほんと寝そうでした。恥ずかしながら、やっぱりちょっと気合が入っていたので寝るまでには至りませんでしたが。さきほど、イラン-バーレーンが終ったばかり。テレ朝がA組の中継をやるというので、頑張って起きているのだけど、さっきから日本戦の繰り返しばかり…。2:10からはエストニア-ポルトガル。このまま起きて観るか、アルゼンチン-ブラジルのために寝るか悩み中。

はい、昨日、勝手に思っていたこと。

・一応、北朝鮮ホームの試合なのに、ユニフォームは北朝鮮白、日本青。 北朝鮮って、ホームは赤だよね?・国歌の順番おかしくね? (どっちでもいいけど)・あー、つらいねぇ。そんなに相手引いてないのに。・稲本が突っかけて、すぐに裏を取られるのが気になる。・どうして、浮き球のパスがそんなに人の顔とか体に当たるのかなぁ。・前半に比べて、ヤナギが積極的。・前の試合と同じでプレッシャーはないと思うんだけど。・ちょっと前から中沢が好き。・なんで三浦出さないか! って思ったけど、中蛸も問題なし。・大黒いいね。効いてるね。もう北朝鮮キラーだね。・余裕でボール回ししているつもりだろうけど気になる…。 ボランチ→中沢→宮本、相手が宮本に詰める、余裕のない宮本が そんなにスペースのない田中誠にパス→田中誠も余裕がないので 前線にフィード。上がりすぎていた梶が慌てて戻るが、タッチラインを越す。 2回くらい、そんなプレイがあった。もらいに行かないボランチが悪いのか いったん下がってフリーで再度もらわない宮本が悪いのか…。・まこちゃん! ナイスプレー!! (大黒のアシストではなく、ドロップキック)・試合終了。出場停止の選手もピッチに入って大喜び! と思いきや、中田はスタンドで北澤と握手??? らしいと言えばらしいけど。

やっぱ、アジア最大5ヶ国は要らないです…。

さ、フィーゴ観よっと。生だし。お、キャプテンマーク付けてる。

新宿にて、元上司とランチで蟹を食う。以前仕事を世話してもらったりしたのでそのお礼も兼ねて飯でも食うことになったのだ。久しぶりだったこともあり、共通の知り合いの近況などで盛り上がる。気付けば1時間半くらいのながーいランチとなってしまった。

店をでた後は元上司と別れ、東急ハンズへ。この前酔ったときに、シルバーのペンダントトップを落としてしまったので、同じ奴を買おうと思ったのだ。しかし、デザインは同じでも、ブルームーンストーンかガーネットが埋め込まれているタイプのものしかない(つまり、ちょっと高い)。散々悩んだが、誕生月がムーンストーンだからいいか、とブルームーンストーン付きのものを買う。

ペンダントトップ真ん中に小さなブルームーンストーンが4つ付いている。

しかし、誕生石が真珠とムーンストーンというのは知っていたけど、星座守護石って全然知らんかった。ふたご座はタイガーアイとアラゴナイトらしい。誕生石も、日本と米国と英国では微妙に違うらしい。ふーん。

ついでに、西口ヨドバシに直行。前々からほしかったUSBメモリと類語辞典、ついでにDVD-R/CD-Rメディアを買う。USBメモリは、取材先などでデータを貰うときに便利。ライターや編集者は必携のグッズだけど、今まで持っていなかったのだ。

Buffalo USB2.0対応フラッシュメモリ UltraSpeedモデル 4GB

デジタル類語辞典は、ちょっと前から必要だなぁ、と感じていたもの。年取ったせいか、原稿を書いていても同じ表現を繰り返してしまったり、「あれ? 他にどう言えばよかったっけ??」と悩むことが多くなった。これで、美しく素晴らしい表現で文章を書ける!?

【店頭在庫、または、メーカー注文】WIN XPデジタル類語辞典 第4版

今日は、「決戦の日」ということで、新宿の街でも何か配っていた。

フリペ?何かフリーペーパーと変なキーフォルダ。正直要らない。

うーん、どの道、今日は眠い試合かイライラする試合になりそうな予感。中盤の選手がいないし、スコールでも降ったらグラウンドはビチャビチャだろうし。

とか言って、日本がW杯出場を決めれば、それはそれでうれしいのだけどね。

それより、明朝の「アルゼンチン×ブラジル」が気になる! J SPORTS2で9:45からだ。サクッと日本戦観て酒飲んで寝て、明日は早起きだ!

一昨日検診の話を書いたばかりなのに、また健康ネタ。というか、病気ネタ。

数年前から、ストレスや疲れが溜まると耳の奥が痒くなってたまらなくなる。綿棒や耳掃除機でしつこく耳掃除してしまうため、結局炎症を起こしてしまうことも。一度は、綿棒が血だらけになってしまい、慌てて耳鼻科に行く羽目となった(あれ、ちゃんと記事書いて投稿してるね)。

そのときは、「一生付き合うことになると思うよ」と無責任なことを言われ、薬を貰って帰ったのだけど、今度は違う耳鼻科に行ってみよう。昨日から激しく耳が変で、現在はいわゆる「抜けない」状態になっているのだ。

まぁ、不規則な生活とストレスを恨むより、そんな生活になった原因(=自分)をどうにかせんとね。

が苦手である。いわゆる「いらち」。信号も待たなければ、人が並んでいる飲食店に行くこともない。

でも、仕事となると話は別。前にも書いたように、スイッチが入るまでなかなか書けないので、「ライターの神様」が光臨してくるまでじっと待つ…。

特に今月は、ペースを乱して繁忙期に入ってしまったため、もう何だかペース上がらないっすよ。何か、年々ルーズになってきている気もするので、次の繁忙期からは気合を入れなおさねば! とりあえず、今夜やる仕事を終らせて、今週中にもう一本。

早く「ライターの神様」降りてこないかなぁ。

フリーになってからは健康診断を受けていない。もうそろそろ体にガタが来るお年頃。酒も飲むし、タバコも吸う。フットサルはやっているけど、ジムに行かなくなって早や半年なので運動不足も気になる。多くの人が行っている「通勤」という名の運動すらやっていないもんね。

区民検診はそんなフリーランスな者でも数百円から数千円で検診を行ってくれる制度だ。前からその存在は知っていて、毎年受けようかなぁ、と思っていたのだが、気が付くと申込期間前か申込期間後で、結局受けていなかった。

今年は区の方から登録申込書が送られてきた。31以上の節目の年は区の方から申込書が送られてくるようだ。思い切って、成人検診だけでなく、胃がん/肺がん検診も受けてみよう。

次々と追加依頼をいただく。大変うれしいことなのだけど、今月はいきなりペースを崩して仕事モードに入ったので、果てしもなく終わりが遠ざかったように感じてしまう。いやいや、お仕事いただくのは大変うれしいのですよ! 稼げるときに稼がなきゃいけない身だし。

といいつつ、mixiの「締切直前にならないと書けません」というコミュニティをついつい眺めてしまう。このコミュニティのメンバーは、現時点で3540人。みんな悩んでいるんだねぇ(って言う前に早く自分が書かんかい!)。

昨日は次々と修正・加筆が来てしまった。どれも広告がらみなので仕方がない部分はあるのだけど、久々に、しかも複数件の修正依頼が来るなんて…。やっぱペースを乱しているのだろうか。

あ、昨日の深夜思ったことを書いておこう。

・あーあ、小野がケガってのが嘘だったら、日本もやるねぇと思うのに…。・それにしても、予想スタメンと実際のスタメンが毎回一緒ってどういうこと? たまにはチームと協会が一丸となって隠せや! マスコミサービスがそんなに大事ですか。・なんだ、三都主って守備やろうと思えばできるんじゃん。 (その分、攻撃イマイチだったけど)・あ、なんか面白そうな攻撃してるときがチラホラ。 (点は獲ってないけど)・基本的に審判批判はしないようにしているのですが、ちょっとねぇ…。・小笠原を初めて好きになりました。・なんで、バーレーンのがばててるの??・後半スカスカ。・う、点を獲る気配も、獲られる気配もない…。・わっ、ジーコがまくし立ててる(試合後のインタビュー)。・小笠原がMVP。貰った箱をしげしげと眺めてる…。 何貰ったか気になる。・あ、中田がインタビュアー馬鹿にしてる。

最近の中田は、後頭部の毛を伸ばして立ててるの?エイリアンの頭みたいになってるんですけど…。

さ、明日早朝は欧州地区予選「スペイン×リトアニア」と南米地区予選「エクアドル×アルゼンチン」のどっちを観よう…。

もうすぐ梅雨かな。相変わらず月末から月初にかけて一ヶ月分の仕事をしてしまう生活。昨日まで徹夜で原稿書き上げ、明後日までに2件、週末目処にもう1件。今月は割りと少な目。でも密度は濃い。明日は取材も入っているし。

来週からは、いろいろ動き出してみよう。新たに始めること、もう止めてしまうこと、止めていたものを再開すること、今までのものを変えること、などなど。

誕生月なので、本格的に大厄に突入(誕生月かどうかって関係ないか)。厄払いはしていないけど、残り1年半の大厄・後厄を乗り切らなければ。再放送でやっていたドラマ「王様のレストラン」で西村雅彦が「俺はものすごく長く厄年が続いているんだよ!」と言うセリフに笑ったけど。

【追記】この記事を投稿してすぐにBlogPetに言われてしまった…。あぁ、ものすごくしていねぇよ。

Blope.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.2

このアーカイブについて

このページには、2005年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年5月です。

次のアーカイブは2005年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。